アクアリウム

ビオトープを作ってメダカを飼ってみよう!準備と作り方を紹介

最近流行の改良メダカを飼育するなら、ビオトープと呼ばれる環境で飼育してみませんか?

ちょっとしたスペースで、誰にでも簡単に始めら、ビオトープは見ているだけでも癒し効果満点です。おまけに一度環境が整ってしまえば、室内の水槽で飼育するよりも手間が掛からず、自然任せで、生き物が育っていきます。

この記事で分かる事
  • ビオトープの準備に必要な道具
  • ビオトープの設置方法
  • ビオトープに適した植物
  • 生体の導入方法

ビオトープとは?

ビオトープ「Biotop」とは、ギリシャ語で生命という意味のビオ「bio」+場所:トープ「topos」を組み合わせた造語です。

多種多様な生き物が共生している環境や空間のことで、最近では小さな鉢や池の中に人工的に生態系をつくることを指す事が多いです。

飼育者が頻繁に管理しなくても、池または鉢の中で生態系が完成しており、自然の風景を身近に楽しむことが出来ます。

庭や玄関先、ベランダの片隅でも、メダカ等を飼育・繁殖させることができ、敷地の広い一軒家等に住んでいるなら、池や小川等の自然の風景を切り取った様なビオトープもスケールが大きくて見ていて飽きが来ません。

ビオトープの準備をしてみよう

ビオトープ(生態系)を作ると考えるとちょっとハードルが高く感じてしまうと思います。ですが、初めは以下の5つを準備するだけで十分です。

準備するもの
  1. トロ船、睡蓮鉢等の容器
  2. 底床材
  3. 水草
  4. 水棲生物(メダカやエビや巻貝等)

①トロ船、睡蓮鉢などの容器

極端なことを言えば水が貯められる容器であれば何でも構いません。バケツどんぶり等、よく使われるのはトロ船と呼ばれる

コンクリートなどを混ぜる時に使われる容器や、睡蓮鉢等の陶器の容器です。トロ船は水量を多く貯められるので多くの生き物を入れたい場合に重宝します。

陶器の鉢は見た目に高級感があり玄関先などに置いても見栄えが良く、外気温の変化に対して水温の変化が緩やかであるメリットもあります。

低床材

低床を入れることにより、ビオトープにとって一番重要なバクテリアが住みつき、水をキレイに浄化する働きが生まれます。

ビオトープをいじった際、水が濁ってしまいますが、水連等の水生植物を植える予定ならソイルや土系がおすすめです。

生体と浮草だけなら砂利でも十分です。

③水生植物

ビオトープの見た目はどんな植物を植えるかによって随分と印象が変わってきます。

睡蓮(すいれん)や菖蒲(しょうぶ)等の日本原産の植物を中心に植えれば和風の落ち着いた印象に、海外産の浮草等を多く浮かべれば洋風な印象になります。

どの植物も明るい環境を好むため、日向に設置しましょう。

姫睡蓮(ひめすいれん)

ビオトープの花形といえば睡蓮(すいれん)です。睡蓮の中でも姫睡蓮(ひめすいれん)は、小さめの水鉢に向いた小型の温帯性睡蓮の一種です。

春から晩夏にかけ、直径2~3cmほどの小さな花を1株に4~5輪ずつ咲かせます。

半日以上日光が当たる場所であれば室内でも維持出来き、耐寒性が強く丈夫な種類の為、睡蓮初心者にもおすすめです。冬期に水を切らさないように注意しましょう。

カキツバタ

カキツバタは、花も見ごたえのある水生植物です。アヤメ科の中でも特にビオトープに適した種類で、水辺の日当たりのよい場所を好みます。

草丈は50~80cmほどで二季咲き種と四季咲き種があり、5月中旬頃から濃青色や白い花を咲かせます。

黄菖蒲(きしょうぶ)

黄菖蒲(きしょうぶ)は、イエローアイリスの名で呼ばれるアヤメ科の湿地性植物の一種です。5~6月頃に鮮黄色の鮮やかな花を咲かせ、草丈は60~100cmとやや大型となる為、大型の容器が必要となります。

斑入りや八重咲きの園芸種も流通しています。

シラサギカヤツリ

シラサギカヤツリは、園芸用の鉢植えでも水鉢でも生育できる水生植物です。

5~10月頃に咲く白い星型の花は、鷺(サギ)が空を飛んでいる姿に似ることから、”シューティングスター”や”シラサギノマイ”という名前で流通している場合もあります。

草丈は30~60cmほどなので小型の容器でも生育できます。関東以西の温暖な地域では一年中戸外でも育成ができますが、寒冷地では水から上げて鉢植えにして室内保管すれば越冬できます。

④水生生物

規模に合わせて多種多様な種類の生物を育てられるビオトープですが、一番のオススメは小型であらゆる環境にも適応するメダカです初心者の方でもチャレンジしやすいビオトープの主役になり得る魚です。

メダカについてはこちらの記事を参考にして下さい。

メダカを飼おう!誰もがトリコになる改良メダカとは!?こんにちは!管理人のクラゲです。 昔から日本全国に生息し、多くの人に親しまれた魚が「メダカ」です。 実はこのメダカ、今すごく...

メダカを健康に育成するには1匹に対して1Lの水量を用意するしましょう。メダカが環境に慣れるまでは1日1~2回程度のエサやりで十分です、様子を見ながら量と回数を減らしていってください。

残った餌は水質の悪化を招くだけなので、設置から数か月して水生植物が茂ってきた頃からは自然のサイクルに任せて餌を与えることはやめても構いません。微生物が自然に繁殖してそれが餌となります。メダカの繁殖が目的なら餌はあげたほうが良いです。