生活

7月の満月「バックムーン」2020年ピーク時間は何時?方角・意味は?

こんにちは!管理人のクラゲです。

あなたは満月に名前があるのはご存知ですか?

元々、ネイティブアメリカンの人々が満月につけていた名前なのですが、それが日本にも入ってきて定着するようになったんです。

直近だと6月の満月。ストロベリームーンという言葉を聞いたことがあるのではないですか?

この記事ではストロベリームーンの次。7月に来る満月「バッククムーン」の意味や見るときの方角、時間についてご紹介していきます。

7月の満月「バックムーン」の意味や別名は

バックムーンとは英語で、「Buck Moon」と書きます。

この時のBuckとは、「牡鹿/雄鹿(おじか)」という意味で、鹿の角が7月のこの時期に生えてくることからバックムーンと呼ばれるようになったんだとか。

また、7月の満月には

  • サマームーン「Summer Moon」
  • ヘイムーン「Hay Moon」
  • サンダームーン「Thunder Moon」
  • エルクムーン「Elk Moon」

という別名があります。

サマームーンはそのまま夏の月という意味ですね。

ヘイムーンは7月に干し草の収穫があるから干し草の「hay」が、サンダームーンは嵐の多い季節が7月であることから「Thunder」がつられ、エルクムーンはアメリカアカシカの「elk」がついています。

つまり、バックムーンのbuckの意味「牡鹿」は、アメリカアカシカのことを指しているのですね。

2020年7月の満月バックムーンが見れるのはいつ?ピーク時間は?

国立天文台の公開している令和 2年(2020) 暦要項(満月の情報)によると、バックムーンは7月5日の13時44分となっていました。

13時44分に一番大きな満月になるとのことですが、昼間なので見れるかは不明です。

ですので、実際に見るのであれば、月の出入りの時間「7月5日の19:16~7月6日の4:07まで」がきれいに月を見ることができるでしょう。参考:国立天文台「暦計算室」

2020年7月の満月バックムーンが見れる方角は?

国立天文台の公開している令和 2年(2020) 暦要項(満月の情報)によると、バックムーンとなるのは7月5日の13時44分です。

ですので月の位置計算で算出(場所は東京都)したところ、バックムーンの方角は以下の表のようになりました。

時間帯(7月5日~7月6日)方角
13:44(ピーク時間)東北東
19:00(月の出19:16)東南東 
20:00南東
21:00 南東
22:00南南東 
23:00南南東
0:00
1:00南南西
2:00南南西
3:00南西
4:00(月の入り4:07)西南西

まとめ:2020年7月の満月「バックムーン」2020に見れるのは何時?ピークや方角・意味は?

今年2020年のバックムーンは、国立天文台の暦要項(れきようこう)によると、7月5日の13時44分に満月のピークが起こるものと予想されます。

バックムーンのピークがお昼間とのことで月がきれいに見えるかはわかりませんが、一度、東北東の空を見上げてみて下さい。

そのあと、太陽が落ち月が出てくると、東南東から西南西に向けてみることができますので7月の満月をおたのしみください。