生活

カフェインレス(カフェインゼロ)飲料のメリット・デメリットって何?

こんにちは!管理人のクラゲです。

最近カフェインレスの飲料って増えてきましたよね。

いろんな飲料メーカーがこぞってカフェイン除去の動きに入っていますが、

女性
女性
カフェインゼロとかカフェインレスってどんなメリットがあるの?

と思ったことありませんか?

そこで、この記事では「カフェインレス(カフェインゼロ)飲料のメリット・デメリット」についてまとめましたので、良ければ参考にして下さい。

カフェインレス(カフェインゼロ)飲料とは?

コーヒーやお茶などに含まれるカフェイン。

最近では健康の観点から、

  • ノンカフェイン
  • カフェインゼロ
  • カフェインレス
  • デカフェ

など、カフェインが含まれていない(少ない)飲料が多く登場しています。

それぞれどんな違いがあるかというと、カフェインの含有量で表示が異なり、

カフェインが完全に入っていないか、ほぼ入っていないに等しい場合の表示が

  • ノンカフェイン
  • カフェインゼロ

カフェインを取り除いているが少しは入っている場合の表示が

  • カフェインレス
  • デカフェ

大まかにこのように分けることができます。
(厳密にはもう少し異なります。)

カフェインが身体に合わないという場合や、
妊娠中などカフェインの摂取が気になる場合は
「ノンカフェイン」表示のものを選ぶとよく、

カフェインの摂取は抑えたいけれど、
その風味を楽しみたいなどの場合は
デカフェやカフェインレスの飲料をと、

飲み分けるといいでしょう。

カフェインとは?

カフェインは主に、コーヒー飲料、緑茶、ウーロン茶、紅茶、ココア、コーラや栄養ドリンクなどの飲料、チョコレートなどに含まれている成分で、

元々、ドイツ人化学者のフリードリヒ・フェルナンド・ルンゲ
という人によってコーヒーから単離されたことで
コーヒーに入っている”ものCoffeinと名付けられました。

カフェインには、

  • 眠気覚まし
  • 血行促進
  • 脂肪燃焼
  • 利尿作用

などさまざまな効果があることが分かっており、
総合感冒薬や鎮痛薬などの医薬品にも使われています。

良い効果がある一方、

カフェインを繰り返し摂取すると軽い精神的依存が発生します。
さらに過剰摂取をしてしまうとカフェイン中毒を引き起こし、

頭痛、短気、集中欠如、疲労感、過眠、胃・上半身・関節の痛みなどの禁断症状が出る他、
まれに死亡例も報告されています。

カフェインレス(カフェインゼロ)飲料のメリット・デメリットは?

眠気覚ましや脂肪燃焼効果がある一方、
特にコーヒーやエナジードリンクの常用者の間で問題となっているカフェイン中毒。

昨今、

  • 体に刺激があるものをできるだけ摂りたくない
  • 翌日のことを考えて質の良い睡眠をとりたい

と考える方たちのニーズに答えるために、カフェインが少ない or 含まれていない
飲料が多く出るようになってきています。

そういったカフェインレス(カフェインゼロ)飲料は
カフェインが含まれている飲料と比べ
どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

メリット

カフェインの含まれているものから
カフェインを減らした飲料にすることのメリットは
以下のものが考えられます。

  1. 睡眠の質の向上
  2. 胃もたれの改善
  3. 頭痛・イライラ・貧血の改善
  4. 冷え性の改善
  5. 母乳を通じて赤ちゃんへのカフェインの影響がすくない

これだけ見ると、メリットしかないように思えますが、
カフェインが入っていないことで起こるデメリットも見ていきましょう。

デメリット

カフェインレス(カフェインゼロ)飲料にした結果、
考えられるデメリットについてまとめます

  1. 集中力が高まる
  2. 疲労感の減少
  3. 脂肪を燃焼しやすくする

などのカフェインの効果が得られないことがデメリットと言えるのでしょう。

また、

  • 日中に眠くなる
  • カフェインの風味がなくなる

こともデメリットの1つでしょうか

カフェイン自体に、

  • 眠気覚まし
  • 血行促進
  • 脂肪燃焼
  • 利尿作用

などさまざまな効果があるのですが、
人の精神を刺激する薬物でもあるため
カフェインは摂取する量が重要になると考えられます。

間違っても「カフェイン=体に悪いもの」というわけではありません。

カフェインレス(カフェインゼロ)の世間の反応

では実際にカフェインレス飲料に変えた人やカフェインゼロ生活をしたことのある方の声を見てみましょう。

いろいろとカフェインレス(カフェインゼロ)を試した方の声を見ていきましたが、
賛否両論の様です。

一概に言えませんが、

元々カフェインの含まれている飲料(コーヒー)をよく飲んでいた方であれば、
生活の質が向上したという声がありますが、

日常的にカフェイン飲料を飲んでいない方だと、
効果が見られない(メリットがない)ような印象です。

その日の健康状態や効果を期待し飲み分けるのがベストではないでしょうか。

カフェインレス(カフェインゼロ)にはどんな商品がある?

最近増えてきたカフェインの含まれていない or 少ない商品にはどんなものがあるのでしょうか?

お茶

アサヒ、伊藤園、サントリーなど

ペットボトルのお茶を製造するメーカーであれば、
基本的にカフェインレスの飲料も作っています。

コーラ

カフェインを含む飲料の代表格でもあるコーラも
最近の健康志向でカフェインゼロのものをいくつか出していますね。

コーヒー

コーヒーはもともとカフェインを含んでいるため、
カフェイン”ゼロ”のものは見当たりませんでしたが、

カフェインレスのものは様々な形で販売されています

お菓子

最近では、健康志向の方向けに作られたカフェインレスのお菓子も出ております。
中には糖尿病のかたでも食べられるものもあるので気になるかたはチェックしてみてはいかがですか?

カフェインレス(カフェインゼロ)飲料のメリット・デメリットって何?まとめ

ご覧いただきありがとうございました。

カフェインレス・カフェインゼロ飲料が増える中、
メリット・デメリットは賛否両論の様です。

普段からカフェインを摂取する方ならカフェインレスによる
生活の質の向上は見込めますが、

カフェインをあまりとらない方は、メリットらしいメリットは感じられない可能性はあります。

どちらがいいというよりは、
飲み分けるのがベストなんじゃないかと管理人は考えています

この記事が参考になりましたら幸いです。