犬の栄養学

ドックフードの添加物には危険がいっぱい!?酸化防止剤は犬に毒なのか?

こんにちは!管理人のクラゲです。

ペットフードにも健康志向の波が絶賛到来中で、無添加フードをはじめ、シニア用や子犬用、成犬用、さらに専用の療法食など様々なフードが各メーカーから販売されています。

そんなドックフードとかかわりのあるものが「添加物」です。

添加物は人が口にする食品にも多く含まれていますが、一部で添加物は癌になるリスクがあると警告をする団体もあります。

そういった話がネット上に流れ、無添加フードは安全・健康的という情報が出回っています。

では実際のところ、添加物は安全なのでしょうか?それとも危険なものなのでしょうか?

この記事では、わんちゃんの健康にかかわる添加物についてお話していきます。

この記事でわかること
  • 添加物の役割
  • 添加物が入っていることのメリット・デメリット
  • 注意するべき添加物
  • 無添加ドックフードの危険性

ドックフードの添加物とは

ドックフードを含むペットフードや人の食品には基本的に添加物が含まれています。

添加物には栄養を補う栄養添加物、保存期間を延ばす保存料などいろいろな種類があります。

以下にドックフードに使われる主な添加物を表にまとめます。

添加物目的
栄養添加物その食品だけ食べていると不足する栄養を補う
保存料日持ちを長くする
香料嗜好性を上げて食欲を出す
着色料見た目の色を調整する
酸化防止剤油脂などの酸化を防ぎ保存性をよくする
発色剤ハム・ソーセージなどの色調・風味を改善する
湿潤調整剤しっとりさを出す

なぜドックフードに添加物が入っているのか?その役割とは

ドックフードに使用される原材料には栄養素のバラツキがあります。

原材料をそのままフードに加工しても、栄養価や品質は一定にではありません。そこで栄養添加物や保存料などを使い、ドックフードという商品の品質を一定にコントロールしているのです。

実際にドックフードに使用される添加物は食品や飼料に使用が許可されたものだけです。

添加物は人や動物の健康を損なわないことを確認する安全性試験が実施され、過去の使用実績等から安全であると判断されたものだけが使われます。

また添加物には、以下の2種類があります。

  • 合成添加物
  • 天然添加物

しかし、食品衛生法では、天然添加物、合成添加物という区別はせず

  • 既存添加物
  • 指定添加物

という分類をしています。

①合成添加物と天然添加物

合成添加物はその名の通り人工的に化学合成された添加物です。一方、天然添加物とは自然の食べ物にもともと入っていた物質を抽出・精製したものです。

一般消費者の方の目線で言えば、天然は体によさそう。合成は体に悪そうというイメージがつきものですが、

天然か合成かで、添加物の危険性は比べることはできません。

しかし、人工的に作られた添加物のほうが、実験的に安全性を確かめられているので、科学的な安全性のデータのない天然のものよりも安全性を確保しやすいともいえます。

②既存添加物と指定添加物

既存添加物とは1995年の食品衛生法及び栄養改善法の一部を改正する法律で決められた添加物で、以前から天然添加物とも呼ばれており、

化学的手段により元素又は化合物に分解反応以外の化学反応を起こさせて得られた物質は含まないとされています。

一方で、化学合成された添加物のみ指定した品目について使用を許可していたため、これを対比して合成添加物と呼ばれています。

食品衛生法第10条の規定により、食品添加物は原則として使用禁止とされています。

しかし、「人の健康を損なうおそれがないものとして厚生労働大臣が定めたもの」に限って使用が認められており、その指定された添加物を「指定添加物」と言います。

特に注意するべき添加物

添加物は安全性試験を行って有害の出る量、無害な量がわかっていています。実際に使用する場合は、有害な作用が起きる量よりもずっと薄く、害のない量しか使用されません。

有害な作用が出ないのであれば、基本的に添加物はわんちゃんにとっても有用なものです。

必要な栄養を補ったり、嗜好性をあげてしっかりとご飯を食べてもらいるようにできるので、愛犬の健康を考える飼い主さんにも好まれます。

ですが実際に使われる添加物には、わんちゃんの健康に直接関係のないものも少なくありません。

その代表的なものが以下の4つです。

  1. 酸化防止剤
  2. 保存料
  3. 着色料
  4. 発色剤

なぜわんちゃんの健康に関係ないのかをそれぞれ見ていきましょう。

①酸化防止剤

酸化防止剤とは製品中の成分の酸化を抑制するために添加される抗酸化物質です。

通常、ドックフードにはわんちゃんの要求カロリーを満たすために油脂成分が多く含まれています。油脂成分は特に酸化を受けやすく、フードの品質を左右します。

ドックフードは製造されたときから少しずつ品質は劣化していきますので、フードの安全性を確保するために、酸化防止剤が使用されます。

言い換えると、フードの油を酸化させない保管法がご自宅でできるのであれば、酸化防止剤が入っていないフードでも全く問題ないのです。

代表的な酸化防止剤は以下

  1. ブチルヒドロキシアニソール(BHA)
  2. L-アスコルビン酸(ビタミンC、V.C)
  3. ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)
  4. トコフェロール(ビタミンE、V.E)

ドックフードの酸化を遅らせる方法には、「冷凍する」があります。

しかしこの方法はフードの中でも水分量の少ないドライフードに使用できる方法です。

パウチや缶詰タイプのフードでしたら開封後は冷蔵し、1~2日以内に使い切るのがベストです。

 ②保存料

保存料とは、ドックフードの中にいる細菌が増殖するのを抑え、腐敗・変質するのを防ぐ目的で使用されます。微生物を殺すことを目的とした殺菌剤とは別のものです。

基本的に人の食品と同様に多くの製品に使用されています。

缶詰やパウチタイプのものは製品ができた後、密閉容器に入れられ加熱殺菌されますので保存料は一切使用されません。

ドライフードも加熱殺菌されますが、密閉容器に梱包されているわけではないため、外気と接触する可能性があります。そのため、基本的に保存料が加えられ細菌の繁殖を防いでいます。

この保存料も、製品の品質の維持に使用されるので、直接わんちゃんの健康には関係しません。しかし、容量の大きいドライフードを1か月かけて消費するというような場合は、この保存料が入っていなければすぐに細菌が繁殖し腐敗が起こってしまうでしょう。

代表的な保存料は以下

  1. 安息香酸、安息香酸ナトリウム(安息香酸Na)
  2. ソルビン酸、ソルビン酸カリウム(ソルビン酸K)、
  3. プロピオン酸、プロピオン酸カルシウム、プロピオン酸ナトリウム
  4. ポリリジン

③着色料

人の製品であれば、見た目も重要視されます。

人は視覚からの情報が80%ほどあり、見た目で商品の良し悪しを決めています。

そのため、食品の見た目をよくする工夫が各メーカーで行われており、光沢や色合いをよくするために着色料が使用されています。

犬は色を認識する力がほとんどなく、青~黄にしか反応しないので、青色と黄色、そしてその2色の中間色しか認識することができません。

そのためカラフルな色合いのフードは、飼い主である人に購入してもらいやすくする工夫としては有効でも、着色料はわんちゃんの健康には全くかかわりのない添加物なのです。

着色料には大きく2つの種類があります。

  1. タール色素
  2. それ以外の色素

タール色素は赤○号などと表記されるもので安全性を問題視しされていたため、日本では海外にないタール色素以外の色素が普及しています。

タール色素以外のものだと

  • カラメル色素
  • クチナシ色素
  • アントシアニン色素
  • アナトー色素
  • パプリカ色素
  • 紅花色素
  • 紅麹色素
  • フラボノイド色素
  • コチニール色素

などがあります。

④発色剤

発色剤は、肉類の色を鮮やかに見せるために添加される食品添加物です。

あくまで「鮮やかに見せる」ために使われますのでわんちゃんの健康には全く関係ありません。

しかし、発色剤につかわれる物質の亜硝酸イオンには、致死性のボツリヌス菌やサルモネラ菌、黄色ブドウ球菌の繁殖を抑制、脂質の抗酸化作用を持つほか、

食肉製品に快い風味をもたらす作用があるため、わんちゃんの食欲を刺激することは可能かもしれない。

代表的な発色剤としては以下

  1. 亜硝酸ナトリウム
  2. 硝酸ナトリウム
  3. 硝酸カリウム

ドックフードに入っていても安全な添加物は?

一部の団体が、ペットフードに含まれる酸化防止剤や着色料には発がん性があるとして警告を鳴らしていることもあり、添加物全体が危険視されています。

ですが、ドックフードに入っていても基本的に添加物は問題ものです。

というのも添加物は安全性試験(反復投与毒性試験、発がん性試験、変異原性試験)を行い体に入っても無害な量が決められているからです。

しかし既存添加物は試験が行われていないものもあります。

例えば、アカネ色素は2004年に遺伝毒性、腎臓の発がん性が認められたため、食品への使用は禁止されました。

こういった既存添加物は順、審査され安全性があるか調べられています。

ですので、基本的に添加物が問題となりわんちゃんが亡くなったり病気になる心配はないと考えていいでしょう。

しかし、リコール(メーカーが行う欠陥品の無償での回収)が絶対ないとは言い切れません。

基準値よりも高い濃度で農薬や添加物などが入らないとは言い切れないので、フードを開封後、長期間保存しないというのであれば、着色料や保存料・酸化防止剤が入っていないフードをあたえても問題ないでしょう。

無添加ドッグフードの危険性

無添加ドックフードは、保存料や着色料、酸化防止剤が使われていないことで、一見わんちゃんの健康に良さそうに感じますよね。

ですが、保存料を使っていないということに注意する必要があります。

というのも、メーカーで製品の加熱滅菌が行われたとしても、輸送中にフードのパッケージが破損しないとは限りません。

ドックフードは常温で輸送されるので、近年の夏の猛暑を受けてしまうと、すぐに細菌が増えてしまうことも考えられます。

また、メーカーでの製造途中でコンタミネーション(汚染)されないとも言い切れません。

実際、あるメーカーでサルモネラ菌に汚染されたフードが出回り、わんちゃんや猫ちゃんが食べて亡くなってしまった子もいます。

人の手が入る以上、絶対に安全ということはありえません。

万が一に備えて、添加物のリスク汚染のリスクを天秤にとり、どちらがいいかを飼い主さん自身で考える必要があります。

まとめ:ドッグフードの添加物には危険がいっぱい

一口に添加物と言っても、その用途は様々です。

ですが、基本的にすべての添加物は安全性試験を行っていますので、わんちゃんの健康を害することはないと考えられます。

害がないどころか、栄養面を補ったり、口に入る製品の品質を保つために有益な働きをします。

しかし、基準値を超える濃度で添加物が含まれれば当然わんちゃんにとって毒となってしまいます。

また、無添加フードというのにも気をつけなければなりません。保存料が入っていないだけで、製品の腐敗や細菌の増殖は圧倒的に早いのです。

実際、フードに細菌の汚染があり、わんちゃんが亡くなってしまった事例もありますので、冷暗所や冷蔵庫の中に保存できる環境がないのであれば、きちんと添加物が含まれている製品を買ったほうが安全な場合もあります。

無添加は安全、添加物は危険と安易に考えず、各家庭の環境を考えて、フードを選ぶことも大事ですよ。