ドッグフード

【犬心消化器ケア】老舗キノコ工場が作るドックフードの安全性

こんにちは!管理人のクラゲです。

今回は、犬の消化器トラブルのケアに期待できる「犬心 消化器ケア」の安全性について詳しく見ていきます。

ドックフードの安全性と言っても、飼い主さんからしたらドックフードのどの部分を見ればいいかわかりませんよね。

そこで当サイトでは、ドックフードを4つの項目から判断し総合的に安全性を評価していきます。

この記事が飼い主さんのドックフードを選ぶ時の判断基準となれば幸いです。



ドックフード「犬心消化器ケア」の安全性は☆4.75

犬心消化器ケア安全性評価☆4.75
原材料☆4.5
栄養☆5
添加物☆5
製造過程☆4.5

当サイトでは安全性の項目を5段階で評価しています。

そして、犬心消化器ケアの安全性を厳正に審査した結果、☆4.75の評価としました。

(当サイトでは、安全性を以下の4つをメインに判定しています。)

  • 原材料
  • 栄養
  • 添加物の有無
  • 製造過程

犬心消化器ケアの原材料評価

犬心消化器ケアは、犬の胃腸に合った食材を世界中から厳選し、旬のフレッシュ食材を調達しています。

その中には、アレルギーになりえる食材がいくつか入っています。

もちろん食物アレルギーに該当する原材料が含まれている場合は十分な注意が必要です。
しかし、「犬心シリーズ」では、タンパク質の変性を抑える製法をとっているためアレルゲンになりにくく、食物アレルギーをもつワンちゃんでも症状が出ないケースもあります。

それでもアレルギーが絶対出ないわけではありませんので注意は必要です。

また犬の体に悪いといわれている「穀物(玄米・大麦)」や「トウモロコシ」が使われていますが、きちんと考えられてドックフード原材料に使用されていますので評価することができます。

穀物は、犬に良くないと聞いているのに、「犬心」の原材料として使用しているのはなぜですか?

犬が多量に食べることが好ましくないものは、「穀物」そのものではなく、含まれる「グルテン」という成分になります。この点、不正確な情報が氾濫していると感じています。「グルテン」は、小麦に多く含まれている成分であり、犬にとって消化が悪くアレルギーなどの発症要因となります。「犬心」は、グルテン量が特に少ない品種の「玄米・大麦」を適量含んでいます。アレルゲンとなりにくいことはもちろん、血糖値が上がりにくく、犬の腸内環境を整える素材でもあります。

犬に良くないとされている「とうもろこし」を使用しているのは、どうしてですか?

「とうもろこし」が犬にNGという点には、風評・誤解があります。ドッグフード原料の「とうもろこし」の中には、「ヒゲ」や「芯」など、人が食べられないものを使用しているものもあります。これら「とうもろこしのヒゲ・芯」が犬の健康トラブルを引き起こすことが知られています。一方で、とうもろこしの過食部分、特にタンパク質は、犬にとって優れた栄養源となります。「犬心」で使用している「とうもろこし」は、タンパク質部位のみを精製したものであり、アミノ酸バランスを整えるために重宝しています。

引用:犬心ホームページ

よって犬心消化器ケアの原材料の評価は☆4.5としました。

犬心消化器ケアの栄養面の評価

犬心消化器ケアは、犬の胃腸トラブルをケアする特別療法食です。

特定の症状に合わせた栄養を含むほか、健康な子が食べても問題ない”総合栄養食”でもあり、水と犬心フードだけで十分な栄養を取ることができます。

公開されている栄養成分を見ると、総合栄養食の基準を満たしている他、消化率も高い水準で設定されています。

犬心消化器ケアは、胃腸トラブルで弱った消化器をいたわる製品であると考えられます。

よって栄養面での評価は☆5としました。

クラゲ獣医さん
クラゲ獣医さん
消化率が高い犬心消化器ケアは胃腸が弱っている子にも安心してあげられるドックフードだね

危険な添加物は入っているか?

犬心消化器ケアは、犬の体に不要な添加物は一切含まれていません。

このほかにも合わせて12の不要なものを排除した「12の不使用宣言」のもと製造されています。

胃腸が弱っている子に向けて作っているドックフードだからこそ、少しでも胃腸にダメージを与えると考えられるものは排除されています。

よって、わんちゃんの体に悪影響がありそうな添加物は一切含まれておらず、さらに総合栄養食を満たしているので当サイトでの評価は☆5としました。

クラゲ獣医さん
クラゲ獣医さん
添加物の中には栄養を補給する栄養添加物というものもあるんだけど、食品添加物を使用していないにも関わらず栄養バランスは総合栄養食をきちんと満たしている良いフードだと判断したよ

製造段階のこだわり

犬心消化器ケアは、自然の力を生かすために原料ごとに個別の製法を使用しています。

  • 肉や魚は旬のものを生のままミンチにし、低温でじっくりと乾燥させる。
  • 穀物は一部のみを炊飯する独自の技術を使用

またフードの嗜好性を上げるオイルコートを使用せず、生パスタのような押し出し製法で「出来立て」をお届けしています。

犬心シリーズを手掛けるマッシュルームスタジオのこだわりで、注文を受けてから初めて製造を開始するので、”新鮮な食材”を”出来立てでお届け”しています。

製造方法について詳しく公開されていないので、もろ手を挙げて評価することはできませんが、

  1. 受注生産をしていること
  2. 受注段階で「食いつきチェック用サンプル」を送っている

この2点は非常に評価することができます。

よって当サイトでの製造過程での評価は☆4.5としました。

犬心消化器ケアはアレルギーの原因になる?

犬心消化器ケアは、胃腸トラブルの続くわんちゃんへの給与を目的として開発された特別療法食です。

世界中から犬の胃腸に適した食材を厳選していますが、中には食物アレルギーの原因になるものをいくつか含まれています。

大麦や玄米といった穀物を使用しているため、小麦にアレルギーのあるわんちゃんだと症状が出る可能性はあります。

しかし大麦や玄米は、小麦アレルギーの原因となる「グルテン」の量が特に少ない品種を選んで使用してるためアレルギーが発症しにくいといわれています。(絶対ではありませんので注意してあげる必要があります。)

また牛肉や鶏肉を使用しているので、お肉にアレルギーを持つ子にも注意は必要でしょう。

一方、犬心消化器ケアには「βグルカン」という栄養素が含まれる食材を多く使用しています。

このβグルカンは、さまざまな働きで身体を守っている”インターフェロン”というタンパク質の生成を促進したり、免疫機能をサポートするといった働きがあるので、日常的に摂取していると、総合的に免疫機能を高めてくれるといわれています。

またアレルギー予防や改善効果も期待されているため、アレルギー症状に悩んでいるワンちゃんにもオススメの栄養素です。

そのため犬心消化器ケアは、アレルギーになりえる食材を使用しているが、免疫機能を高める「βグルカン」やアレルギーの原因となる「グルテン」の少ない食材を厳選して使用しているので、食物アレルギーをもつ子にもぜひ試してほしいフードと言えます。

クラゲ獣医さん
クラゲ獣医さん
犬心消化器ケアは注文した時「食いつきチェックサンプル」をもらうことができるんだ。サンプルを上げた後でもキャンセルできるから安心してためしてほしいな。

犬心消化器ケアを使った後に体調に変化が出た口コミ

実際に犬心消化器ケアを食べて体調に変化がでた口コミをSNSで調べてみました。

https://www.instagram.com/p/BkosuhLhmP8/?utm_source=ig_web_copy_link

https://www.instagram.com/p/BYt04OYg1UY/?utm_source=ig_web_copy_link

 

以下は、公式サイトに届いた利用者の声です。

昨年10月に腸重積で手術。細胞診の結果、小腸腺がんでした。
おかげさまで手術で全部取り切れたので抗がん剤などの治療はありませんでしたが、手術の2年前から術後の今年の秋、犬心に出会うまでの間は嘔吐下痢が多く、下痢止めが手放せない状況でした。
とうとう病院の療養食を食べなくなり困っていたところ犬心消化器ケアに出会いました。サプリで飲ませていたものまでフードに入っていて、あげたいものが揃っているフードだと思い始めてみたところ、今までのあれはなんだったのかと思うほど順調。ここ何年も見ることができなかったすばらしいうんちをするようになりました。
あまり食いつきがよくないので少し手をかけてあげていますが、ずっと続けられたらと思っています。

 

2年ほど前に下痢と嘔吐が続き、色々と検査をしてIBDと診断されました。病院からの療養食、某通販の粉、色々試しましたが、療養食は食べたかったし、粉は最初は良かったのですが、結局また下痢が続くようになってしまい、痩せて行く姿が辛くて何か良いものはないか必死に探していたところ、犬心さんと出会いました。

今までの事もあり、正直、半信半疑でした。でも、最初にあげた時にいつもは一口、二口で食べなくなってしまうのに、迷うことなく完食してくれたのです。食いつき事態は、思ったより良くはなかったのですが、残さず食べてくれた事が何よりも嬉しくて続けさせてもらってます。

お薬と上手に付き合いながら犬心さんを食べ続けて、体重も増えてひと安心です。便の状態も改善されて、ちゃんときれいに掴む事ができるものになりました。
2ヶ月位に1回、血液検査をするのですが、数値は特別良くなった訳ではありませんが、アルブミン数値は基準値内を保っています。犬心さんを試してみて良かったです。

 

利用者の声を見ると、他社の製品をすでに試したが愛犬に合っていなかったり、食べてくれなかったという声がありましたが、犬心消化器ケアだと残さず食べてくれて下痢や嘔吐が止まったという喜びの声が多かった印象です。

また相談メールをしたところ、「犬心シリーズ」の別製品のサンプルも送ってくれるなどサービスが行き届いているようにも思えました。

犬心消化器ケア安全性まとめ

犬心消化器ケアは、原材料・製造過程・添加物の有無・栄養面からみても高評価にまとまっているいいドックフードです。

犬の消化器トラブルのケアのために、犬の胃腸に適した原材料をふんだんに使い、食品添加物を使わなくても総合栄養食になるように栄養バランスも考えられています。

またアレルギーを起こす可能性のある食材を使用していますが、

アレルギーの原因となる「グルテン」の量の少ない原材料を使用したり、免疫力の向上に期待できる「βグルカン」の豊富な食材をしようしているため、食物アレルギーは市販のフードよりも起こりにくいと考えられます。

利用者の声を見ても、他社製品が合わなかったり食べてくれなかったとしても、犬心消化器ケアであれば残さず食べてくれて、下痢や嘔吐が止まったという声が多かったです。

以上を踏まえて、犬心消化器ケアの安全性の評価は非常に高いものと判断しました。

薬や整腸剤、ほかの胃腸にいいフードを使用していても、下痢や嘔吐が長く続いているワンちゃんにはぜひ試してほしいドックフードです。

【ドックフード】犬心消化器ケアの最安値を徹底調査│お試しサンプルはもらえる?こんにちは!管理人のクラゲです。 今回は犬の消化器トラブルをケアするドックフード「犬心 消化器ケア」の最安値について調査しました。...

https://suguruafi.com/inu-kokoro-raw-material-effects/