満点青空レストラン

京たんくろ和牛の特徴や由来は?普通の和牛とは味や栄養でどう違う?

こんにちは!管理人のクラゲです。

2020年9月5日の青空レストランで
京都のブランド和牛「京たんくろ和牛」が紹介されたので

その特徴や由来、ほかの和牛との違いについて調べてみました。

9月5日の青空レストランで「京たんくろ和牛」が紹介

2020年9月5日放送の青空レストランで
京都のブランド牛「京たんくろ和牛」が紹介されました。

京たんくろ和牛とは?

京たんくろ和牛は年間わずか30頭ほどしか生産されなない
一般の流通に乗せることが困難なブランド牛です。

京都の治山治療を支えるブランド和牛として、

京都市の北山通りに築200年の古民家を移築して店を構える
焼肉レストラン「南山」が、

京都の日本海牧場で20年来生産してきたタンクロを
「京たんくろ和牛」と名付け、
京都の地産地消を支えるブランド和牛とするべくプロジェクトを発足。

2009年2月に国の農商工連携の認定を受けブランド和牛「京たんくろ和牛」が誕生しました。

特徴

京たんくろ和牛と呼ばれるタンクロという和牛の特徴は、
父である”黒毛和牛”と母である”短角牛”の両方の良さを受け継いだところにあります。

  • 父からは細やかなサシの入った霜降り
  • 母からは旨味を湛えた赤身肉

この旨味の強い赤身と口溶けのよいサシの双方を兼ね備えた牛
京たんくろ和牛なのです。

そして、
「京たんくろ和牛」とブランド化するために
可能な限り京都の地域特性を活かし大切に育てられています。

名前の由来

京たんくろ和牛の名前の由来はわかりやすく、

京都生まれ京都育ちの
”短角和牛”を母に、”黒毛和牛”を父に持つ
和牛間交雑種であるタンクロ

という和牛です

他の和牛と区別するために
京都の地域特性を活かした育て方によってブランド化しています。

「京たんくろ和牛」と普通の和牛との違い

短角牛と黒毛和牛を親に持つ「タンクロ」に

あえて、「京」の名をつけ
ブランド化に成功した「京たんくろ和牛」は
他の和牛とどんな違いがあるのでしょうか?

飼育方法・飼育環境

京たんくろ和牛の母親である短角和牛は妊娠すると、
日本海に面した雄大な放牧場
しっかり運動しながら妊娠期間を過ごし、

日本海からの潮風が運んできたさまざまなミネラルで育つ
「日本シバ」というシバの一種を食べて
短角和牛たちの健康がはぐくまれます。

その後、

京たんくろ和牛の子牛が生まれると
母牛と生産差さんたちの愛情を受け

できるだけ安全安心な餌を食べさせたい」という思いから、

牛を育てる飼料には

  • 海のミネラルが肥沃な京都の日本海側にある丹後地域で育つ牧草
  • 京豆腐のおから地元で生産されたビール粕

など京都の風土で産み出されたもので育てられています。

肉質と味

牛肉の味は品種の力と餌と飼い方で大部分が決まります。

”短角和牛”と”黒毛和牛”の良さを受け継ぎ
さらに、京都の食べ物をふんだんに食べて育った
京たんくろ和牛は

旨味の強い赤身と口溶けのよいサシ」が特徴で、
旨味成分であるイノシン酸の含有量が
一般的な牛肉の12.2倍も含んでいるそう。

そのため、

  • 短角牛特有の赤身の旨味
  • 黒毛和牛特有の脂の甘み

両方を味わうことができます。

食べた人によると「調味料をつけなくても肉の旨味を感じられる」というほど
味が濃くおいしいのだとか。

また、

口溶けの良いサシ(脂肪)であるため
霜降りの肉の脂が苦手という人にもオススメできる牛肉という意見もあります。

京くろ和牛を味わえるお店(取り扱い店)

京たんくろ和牛は年間30頭ほどしか生産されない和牛であるため
そのお肉を味わえるお店は限られています。

ここでは、京たんくろ和牛の公式サイトに載っている
取り扱い店をご紹介します。

京都以外の地域でも取り扱いのあるお店を探したのですが
これと言った情報は見つかりませんでした

これは、

京たんくろ和牛の生産頭数が少ないことに加え
京都の地産地消を目的として育てられているからと考えられるため

その味をお店で堪能したいのであれば、京都に行くのが手っ取り早いでしょう。

家で京たんくろ和牛を味わう!お取り寄せ情報

京たんくろ和牛は生産数が少なく一般の流通に乗りづらいため
京都以外で京たんくろ和牛を扱うお店は見つかりません。

しかし、

お家で京たんくろ和牛を味わう方法はあります。

その一番簡単なのが

  • Amazon
  • 楽手市場
  • yahooショッピング

でお取り寄せする方法で

上記の通販サイトには、

  • 焼き肉用
  • すき焼き用
  • カレー
  • ハンバーグ
  • メンチカツ
  • ソーセージ

の取り扱いが確認できました。

クラゲさん
クラゲさん
楽天市場が一番取り扱いが多かったよ

焼き肉用

すき焼き用

カレー

ハンバーグ

メンチカツ

ソーセージ

京たんくろ和牛まとめ

ご覧いただきありがとうございました。

京たんくろ和牛は年間30頭ほどしか生産されないため
一般流通しづらい希少なものです。

今回青空レストランで紹介されることで
通販サイトからも売り切れになる可能性がありますので
ご興味のある方はお早めに購入することをお勧めします。