猫の飼育知識

猫が甘噛みするのはなぜ?理由と強く噛む場合の対策について解説

猫 甘噛み

お家の猫ちゃんが突然甘噛みしてきたことはありませんか?

「もしかして怒らせた?」と不安になる飼い主さんや、逆に「なんだか甘えられているようで嬉しい!」という飼い主さんもいらっしゃるかもしれませんね。

猫ちゃんによっては結構強く甘噛みする子もいますので、困っている場合もあるのではないでしょうか。

猫の甘噛みが癖になると、場合によってはケガなどの事故が起こる可能性もあります。

猫が甘噛みする理由と対策について解説していきます!

猫が甘噛みする理由

猫 甘噛み

猫が甘噛みするのには、実は色々な理由があるのをご存知でしょうか?

ねこさん
ねこさん
ただ「噛んだ=怒っている!」というわけじゃないんだね

猫が甘噛みする理由について5パターンご紹介していきます。

①甘えている

猫 甘噛み

猫がゴロゴロ喉を鳴らしながら甘噛みをしてきたら、甘えたいサインです。

女性
女性
なんで甘えるときに噛んでくるの?

と疑問に思う方もいるでしょうが、
猫の場合、この「噛む」という行為自体が
相手への愛情表現の場合があるのです。

例えば、
子猫が母猫からお乳をもらうときの名残で、
甘噛みをしているとも考えられます。

飼い主さんを親のように慕って甘えている証拠ですね。

また、

猫を撫でているときに気持ちよさそうに甘噛みしてきたら、
「もっと撫でて!」という意志表示です。

猫が満足するまで撫でてあげましょう。

②構ってほしいor構うのをやめてほしい

猫 甘噛み

飼い主さんがなにか別のことをしているときに
猫が甘噛みをしてきたら「構ってほしいサイン」の場合があります。
人間が構ってほしくてちょっかいを出すのとよく似ていますね。

「しばらく猫と遊んでなかったな」という飼い主さんは、
時間があるときに猫ちゃんとゆっくり向き合ってみてください。

 

逆に構うのをやめてほしいときも、
猫は甘噛みをすることがあります。

猫と遊んだり撫でたりするとき、
かわいくてついつい長く構い過ぎていませんか?

猫は気まぐれ屋さん。

機嫌を悪くして「やめてよ!」と噛みついたり、
「あまりしつこくしないで!」というけん制の意味で
噛んで来ることがあります。

耳が横に倒れていたり、
結構強めの甘噛みをしてきたりしたら、
「そろそろやめてほしい」というサインです。

もし猫が不機嫌そうな様子になったら早めに切り上げてくださいね。

③遊んでいるうちに興奮してきた

猫 甘噛み

一緒に遊んだり、撫でたりしていたら
興奮気味に甘噛みしてきたというパターンです。

これは猫が興奮して我を忘れて噛んでしまったという可能性が高いでしょう。

この時、甘噛みの場合も多いですが、
猫によってはかなり強く噛むこともあるので要注意です。

猫は狩猟本能があるので、獲物を捕らえるのと似た遊びや動きだと興奮して強く噛み過ぎてしまう場合もあるのです。

ケガを防ぐため、日頃から手ではなくおもちゃを使って遊ばせるようにしましょう。

④歯がかゆい

猫 甘噛み

甘噛みをしてくるのが子猫の場合、
歯がむずがゆいのが原因である可能性があります。

生後3~6ヶ月ごろに猫の乳歯が永久歯に生え変わりますが、
この時歯茎がかゆくなって色々なものを噛んでしまうのです。

もし子猫がやたらと甘噛みしてきたり、
他のものを噛んだりしているのは順調に成長している証です。

できるだけ怒らず見守ってあげてくださいね。

⑤発情期

猫 甘噛み

オス猫は生後9か月~1年あたりから発情期が始まります。
この時期のオス猫は、やたらと甘えるようになって甘噛みをすることがあります。

この行動は「ネックグリップ」と呼ばれ、
メス猫の首にオス猫が噛みついて動きを留めようとしています。

ネックグリップによる甘噛みは本能からくる行動のため、
しつけなどでやめさせるのは難しいでしょう。

基本的には去勢手術をするとおさまりますので、
困っている場合は早めに病院に行くのをおすすめします。

猫が強めに噛の原んでくる原因と対処方法

猫 甘噛み

「家の猫は甘噛みが強くて痛いんです・・」という方や
「なにもしてないのに突然噛んできて困っている」という飼い主さんもおられるでしょう。

ねこさん
ねこさん
ケガをするほど強く噛まれたらいやだよね・・・

ここで猫ちゃんが強く噛む原因とその対策についてご紹介します。

力加減を学ぶ機会がなかった

猫 甘噛み

猫によっては、遊んでいるうちに噛む力が強くなったり、
そもそも加減が分からず強く噛んでしまうこともあります。

これはその猫の生い立ちが関係している可能性が高いでしょう。

普通なら甘噛みの加減は、小さい頃に親や兄弟猫と接するうちに身につくものです。

しかし、小さいころに親兄弟と別れ、
他の猫と接する機会がなかった猫は、
そもそも甘噛みのやり方や加減が分からないということもあります。

甘噛みの強さを学ぶには
別の猫と交流させるのが一番手っ取り早いのですが、
もろもろの事情で難しいとは思います。

そのような場合は以下の方法をお試し下さい。

対策

遊んでいて段々噛む力が強くなってきたら、
コインを入れた缶を振ったりして
大きな”音”を出して猫をびっくりさせる」といいでしょう。

猫は大きな声や動きが苦手です。
繰り返せば音を嫌がって噛みつくのをやめる可能性があります。

猫は基本的に言葉を理解できません。

飼い主さんが「痛い!」「やめて!」と叫んでも効果は薄く、

しつけと言って手を出したり霧吹きを使うと
飼い主が嫌なことをしてくるから噛む」という
悪循環にもなりかねません。

一歩間違えると「しつけ⇒虐待」になってしまうかも・・・

併せて「しつけと虐待の境界線」について知っておくといいでしょう。

もし上記の「大きな音を出す」でも効果がないのでしたら
猫をおいて別の部屋に行く」という方法もあります。

遊びに夢中になって強く噛む
→飼い主がいなくなる
→楽しいこと(遊び)がなくなる
→強く噛むから飼い主がいなくなる

と学ばせることができれば強く噛むことがなくなりますが、
この方法は根気よく続ける必要があります。

人の体を使って遊ばせるのが習慣になっている

猫 甘噛み

特に猫を怒らせているわけではないのに、
「突然噛みついてくる」ということはありませんか?

猫が噛みついてくるのが癖になってしまう原因で、
特に多いのが「手や足を使って遊ばせる」というものです。

人間の体で遊ばせるのを癖にしてしまうと、
猫は飼い主の手や足を見て「おもちゃだ!」と思うようになり、

猫と遊んでいないときでも、
人の動きに反応して飛び掛かってくるようになるのです。

また、

猫は肉食動物としての狩猟本能を持っているため
獲物を捕らえる感覚で足や手に噛みついてくる猫もいます。

対策

人間の体を使ってじゃれつかせるのではなく、
必ずおもちゃを使うようにしましょう。

特に子猫の頃から体にじゃれつかせるのを癖にすると、
なかなか直りませんので気をつけてくださいね。

時々猫が甘えてきたときに甘噛みさせるのは問題ありませんが、
習慣にならないようにしましょう。

猫の甘噛みの理由と対処法まとめ

猫 甘噛み

猫ちゃんの甘噛みには色々な理由があります。

ねこさん
ねこさん
飼い猫ちゃんが甘噛みする理由で思い当たるものはあったかな?
猫が甘噛みする理由まとめ

【猫ちゃんからの意思表示】

  • 甘えたい
  • 構ってほしい、またはやめてほしい

【猫ちゃんの成長や本能】

  • 歯の生え変わり時期で歯茎がかゆい
  • 発情期のネックグリップ
  • 狩猟本能で興奮して噛みついている

【猫ちゃんの性質や習慣】

  • 甘噛みがうまくできない、加減が分からない
  • 人間の体の一部で遊ばせるのが習慣になっている

猫ちゃんが強く噛むのが癖になって困っている飼い主さんは、原因がなにかよく見直してみましょう!

猫ちゃん自身は、「噛む」という行動が悪いことだとは思っていません。噛むことを叱ってしまうと、猫ちゃんは理由が分からずストレスの原因にもなることもあります。

ケガには気をつけて、辛抱強く猫ちゃんと向き合ってみてくださいね。