何の日雑学

4月18日は発明の日│由来やイベント・この日生まれの有名人は?

「発明」といえばあなたは何を連想しますか。エジソンなどの実在する人物や、漫画などで登場するキャラクター。あるいは、機械だったり、薬だったりするかもしれませんね。

最近では、100円均一や雑貨店などで売られているアイデア商品がテレビで取り上げられて話題を呼ぶこともありますよね。それも立派な発明です。

この記事では、4月18日「発明の日」の由来や、発明についての雑学をご紹介します。

発明の日とは? 

「発明の日」は、1954年(昭和29年)に、産業財産権制度の普及及び啓発を図ることを目的に、特許庁と科学技術庁(現在の文部科学省)が制定しました。

発明の日の由来は?

なぜ発明の日が4月18日なのかと言いますと。1885年(明治18年)4月18日に、現在の「特許法」の前身となる「専売特許条例」が公布され、日本の特許制度が始まったことからです。

発明の日の雑学

今回はそんな「発明の日」や、発明に関する雑学についてご紹介したいと思います。

①発明の日のイベントはある?

4月18日「発明の日」には、特許庁や経済産業省によって、様々なイベントが開催されています。また、発明の日を含む1週間は、「科学技術週間」となっています。

残念ながら、今年、2020年のイベント情報が確認できなかったため、過去に開催されたイベントをご紹介したいと思います。

特許庁「発明の日ポスター」

特許庁では、毎年「発明の日」のポスターを作成しています。

2019年度のポスターでは、研究、開発、生産にかかわる過去から現在までのすべての技術者の方々への感謝の気持ちを表現しています。

ポスターを様々な場所に掲載、掲示し、それを見た人に技術者の努力に思いを馳せてもらうことが目的です。

画像引用元:特許庁 発明の日『2019年4月18日 発明の日ポスター』

一般社団法人 発明推進協会 「発明の日記念セミナー」

毎年の開催ではありませんが、一般社団法人 発明推進協会では、過去、2015年には「発明の日シンポジウム」を、2016年、2018年に、発明の日を記念して、「発明の日記念セミナー」を行いました。

発明の日 記念セミナー 2018

【タイトル】判例にみる知財活用の現状と展望
【講師】知的財産高等裁判所 所長 清水 節 氏
【日時】平成30年4月16日(月)14時00分~17時00分(科学技術週間)
【会場】発明会館7階研修ルーム 東京都港区虎ノ門2-9-14
【定員】50名
【受講料】会員 0円 ・ 一般 5,000円(消費税8%込み)
【申込】FAXもしくは、当協会HPから

発明の日 記念セミナー 2016

【タイトル】iPS細胞の基本発明と特許
【講師】廣田特許事務所 弁理士 松田 一弘 氏(元京都大学法科大学院教授)
【日時】平成28年4月22日(金)14時00分~17時00分(科学技術週間)
【会場】発明会館7階研修ルーム 東京都港区虎ノ門2-9-14(発明会館)
【定員】50名
【受講料】会員 0円 ・ 一般 5,000円(消費税8%込み)
【申込】FAXもしくは、当協会HPから

知財エキスパート養成プログラム2015開講記念 知財istになろう!

【日時】平成27年4月13日(月)14時00分~17時00分(科学技術週間)
【会場】発明会館ホール 東京都港区虎ノ門2-9-14(発明会館ビル 地下2階)
【定員】200名
【参加費】無料
【申込】FAXもしくは、当協会HPから

平成27年4月13日(月)「発明の日 シンポジウム」 PROGRAM
開催挨拶14:00~14:10及川 耕造 発明推進協会 副会長
第一部14:15~14:35
基調講演①
「科学技術イノベーション時代の知財経営」
野間口 有 氏 三菱電機株式会社 相談役
14:40~15:00
基調講演②
「グローバル競争時代の知財戦略」
渡部 俊也 氏 東京大学政策ビジョン研究センター教授
休憩(15分間)
第二部15:15~16:45
パネルディスカッション
「必要とされる知財人材とは」
パネリスト
高林 龍 氏 早稲田大学 法学部 教授
竹本 一志 氏 (一社)日本知的財産協会理事長
サントリーホールディングス株式会社 知的財産部長
古城 春実 氏 桜坂法律事務所 弁護士
伊丹  勝 氏 日本弁理士会 次期会長
モデレータ
扇谷 高男 発明推進協会 研究所所長
16:45~17:00質疑応答~閉会

②発明の日生まれの有名人は?

発明の日(4月18日)生まれの有名人には、誰がいるのでしょうか。

エリック=ロバーツ(63歳)アメリカ合衆国ミシシッピ州出身の俳優。妹はジュリア・ロバーツ。娘のエマも女優。代表作は『キング・オブ・ジプシー』『暴走機関車』『エクスペンダブルズ』
上地 雄輔(40歳)日本の俳優、歌手、タレント。アーティスト名は遊助(ゆうすけ)。
IKE(35歳)日本の4人組のロックバンドSPYAIR(スパイエアー)のボーカル。
ジェシカ(30歳)アメリカ・サンフランシスコ出身の韓国系アメリカ人の歌手、ファッションデザーナー、編集者。女性アイドルグループ・少女時代の元メンバーでメインボーカルを務めていた。

※年齢は2020年3月現在

など、様々な分野で活躍されている方が多数いらっしゃいます。

③「発明」とは?

特許法によると、発明とは、「自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のものをいう」と定義されています。つまり、自然界にもともとあるものを発見しても、それは発明とはならないということになります。

第一章 総則
(定義)
第二条 この法律で「発明」とは、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のものをいう。

制度として確立された特許は、15世紀のイタリアで誕生しました。

それまで特許は、中世ヨーロッパの絶対君主制の下で、王様が報償や恩恵として特許状を与え、商工業を独占する特権や、発明を排他的に実施する特権を与えることがありましたが、それは恣意的なもので、制度として確立したものではありませんでした。

その後、17世紀のイギリスにおいて、発明の権利を守る制度として法制化し、特許制度の基本的な考え方が確立しました。そのことが、蒸気機関や水車紡績機などの様々な画期的な発明を促し、イギリスに産業革命をもたらしました。

④歴史を動かした発明品

世界は、たくさんの発明品で溢れています。今回は、そんな発明品の中でも、歴史を動かした発明品の面白い雑学を紹介したいと思います。

インターネット

2015年時点で、日本において、インターネットの人口普及率は83.0%となっており、増加傾向にあります。

情報元:総務省 インターネットの普及状況

現代、当たり前のように利用されているインターネットですが、インターネットが誕生したのは、東西冷戦時代のアメリカです。

当時のコンピューターシステムは、中央のコンピューターに複数の端末を接続して、集中制御するというシステムを用いていましたが、それでは中央のコンピューターにトラブルが起きてしまうと、全システムが停止するという弱点がありました。

そのことから、複数の独立したコンピューターが接続してデータをやり取りする分散型のシステムを開発することとなりました。

1969年に完成した分散型システム、ARPANET(アーパネット)は、冷戦が終わり、1989年には商業利用も解禁され、誰もが利用できるインターネットとして普及しました。

缶詰

フランス革命の英雄として知られる、皇帝ナポレオン・ボナパルト。実は、彼は、缶詰の生みの親でもあります。

ナポレオンが若い下士官だった頃、軍用食は、乾燥させるか塩や酢に漬けて腐りにくくしたものしかなく、味が悪かったり、腐敗していることも多くありました。ナポレオンがこのことを政府に働きかけ、高額の懸賞金を付けて公募することとなりました。

そして、食品業者で菓子職人のニコラ・アペールという人物が、調理した食品を瓶に詰め、軽くコルク栓をして沸騰させ、空気を抜いてからしっかりと栓を占めて密封すると、長く保存できるというアイデアを応募し、みごと懸賞金を獲得することとなりました。そして、それが現在の缶詰の原型となっています。

⑤日本の発明

カラオケやカップ麺が日本生まれだということは、知る人ぞ知る事実ですが、その他にも、以外な日本生まれの発明品がたくさんあるのでご紹介します。

アロハシャツ

ハワイのお土産で知られるアロハシャツ。”Aloha(アロハ)”には、ハワイ語で「好意」「愛情」「慈悲」「優しい気持ち」「思いやり」「挨拶」などの意味があります。

そんなアロハシャツの生みの親は、実は、日本人なのです。

明治時代、サトウキビ栽培の労働力を必要としていたハワイが、日本に働き手を求めました。それを受け、1885年に第1回ハワイ官約移民が横浜から出向しました。

サトウキビ農園では、もともと、ポルトガル人が持ち込んだ青いチェック柄の開襟シャツ「パラカ」が作業着として用いられており、移民した日本人もそれを着ていました。しかし、母国から持ち込んだ着物が擦れて着られなくなったときに、その着物をパラカ型の子供用のシャツに仕立て直し、子供たちに着せていたそうです。

それが段々と話題になり、ハワイの人たちにも人気になり、現在のアロハシャツとなったそうです。

アイスコーヒー

コーヒーといえば、欧米の飲み物というイメージが強いのではないでしょうか。コーヒーの起源は、エチオピアやアラビアと言われたりもしています。

しかし、もともとコーヒーは冷やして飲む習慣はあまりなかったそうです。

そんなアイスコーヒーが日本で誕生したのは、明治時代のことです。日本では、もともと夏になると、物を冷やして飲んだり食べたりするという習慣がありました。そのため、日本人の間では瓶に詰めたコーヒーを井戸水や氷につけて冷やして飲まれており、その飲み方はすぐに定着しました。

欧米でアイスコーヒーが定着したのは、1990年代に入り、大手コーヒーチェーンのスターバックスなどが、アイスコーヒーやコーヒーフラペチーノなどを商品展開してからのことです。

4月18日の他の記念日は?

4月18日の発明の日以外の記念日をご紹介します。

世界アマチュア無線の日1925年(大正14年)4月18日に、パリ・ソルボンヌ大学(現在のパリ大学)で、世界アマチュア無線連合会が創設されたことから、1973年(昭和48年)に、世界アマチュア無線連合会(IARU)が制定した。
よい歯の日「4(よ)1(い)8(歯)」の語呂合わせから、1993年(平成5年)に、公益社団法人日本歯科医師会が制定した。
三重県民の日1876年(明治9年)4月18日に、安濃津(あのうつ)県と渡会(わたらい)県が三重県に合併され、三重県が誕生したことから、三重県が置県100年を記念し、1976年(昭和51年)に「県民の日」を制定した。
よいお肌の日

「4(よ)1(い)8(おはだ)」の語呂合わせから、コラーゲンが多く含まれるグミを食べて、良いお肌になってもらいたいという思いを込めて、「果汁グミ」の製造・販売を手掛ける株式会社明治が制定した。

など、他にもたくさんの記念日があります。

まとめ:4月18日は発明の日│由来やイベント・この日生まれの有名人は?

「発明の日」は、1885年(明治18年)4月18日に、現在の「特許法」の前身となる「専売特許法」が公布され、日本の特許制度が始まったことから、産業財産権制度の普及及び啓発を図ることを目的に、1954年(昭和29年)に、特許庁と技術庁(現在の文部科学省)が制定しました。

毎年、4月18日「発明の日」には、特許庁や経済産業省などによって、様々なイベントが開催されており、発明の日を含む1週間は、「科学技術週間」となっています。科学博物館などでも、発明の日のイベントを行っているところもあるようなので、興味がある方は、よければお近くの科学博物館のイベントを調べてみてください。

今回、歴史を動かした発明品で「インターネット」と「缶詰」をご紹介させていただきました。その他にも、「ペニシリンは青カビから偶然発見された」など、興味深い発明もたくさんあります。

また、日本が誇れる発明品には、他にも「炊飯器」や「乾電池」など、たくさんのものがあります。

発明について調べると、驚くような凄い物や、笑ってしまうような面白いものなど、たくさんのものがあります。興味がそそられるものもたくさんあると思いますので、機会があれば、是非調べてみてくださいね。