何の日雑学

【今日は何の日?】3月 7日はサウナの日│由来やイベント・この日生まれの有名人は?

3月7日は何の日か聞かれたらどう答えるでしょうか?

中々答えが出ない方も多いと思います。

ですのでこの記事を見ていただいて3月7日は「サウナの日」と覚えてからブラウザバックしてください。

この記事では「サウナの日」の由来。そして、サウナの日の生みの親である公益社団法人日本サウナ・スパ協会や、他の3月7日についてのことを解説します。

サウナの日とは? 

「サウナの日」は、疲れている人に健康な生活を送ってもらうためにサウナを活用してもらうことを目的として、公益社団法人日本サウナ・スパ協会が制定しました。

サウナの日の由来は?

どうしてサウナの日が3月7日なのかと言いますと。「3(サ)7(ウナ)」という語呂合わせがその由来です。少し強引な気もしますね。

サウナの日雑学

今回はそんな「サウナの日」の発祥となった公益社団法人日本サウナ・スパ協会や、サウナや温泉、サウナの日に関する面白い雑学についてご紹介したいと思います。

公益社団法人日本サウナ・スパ協会とは?

公益社団法人日本サウナ・スパ協会とは、1990年(平成2年)に「社団法人日本サウナ協会」として、日本におけるサウナを営業する人の資質の向上、サウナに関する正しい知識の普及、サウナ事業の健全な発展と育成、環境衛生の向上目的に設立されました。

平成18年に「社団法人日本サウナ・スパ協会」となり、現在の「公益社団法人日本サウナ・スパ協会」になったのは、平成24年4月のことです。

主な活動
  • サウナ・スパに関する調査研究および技術の開発
  • サウナ・スパ営業施設の施設基準の設定および基準を満たした施設の認定
  • サウナ・スパに関する正しい知識の普及
  • サウナ・スパ施設管理士および施設管理技術者の育成のための講習会の開催および登録
  • 諸外国のサウナ・スパ機構との交流
  • その他、政府機関、国内関連団体との連絡、サウナ・スパ産業の健全な発展に貢献ある個人や法人の顕彰など、目的達成のために必要な事業

という活動をしています。

参考:公益社団法人日本サウナ・スパ協会ホームページ

②サウナ日のイベントはある?

公益社団法人日本サウナ・スパ教会では、毎年3月7日にサウナの日にちなんだイベントを各施設で催しています。

2019年には、毎年開催されてきた恒例企画の「満37歳のお客様とお連れの方1名様無料招待」で、合計611名が参加し、過去最高人数を記録しました。また、加盟店ではこの日、タオルやドリンクのサービスや、3月7日生まれの方無料など、店舗それぞれで各々の個性ある企画も行いました。

また、3月7日ではありませんが。毎年フィンランドサウナクラブが主催(公益社団法人日本サウナ・スパ協会も後援)で、SAUNA FES JAPANが長野県のフィンランドヴィレッジで開催されています。2019年は、9月21日、22日、23日の三日間開催され、各日200人で合計600人を動員しました。

イベントではフィンランドから直輸入したサウナ付ログハウス、サウナコタ、サウナカー、テントサウナなどの様々なサウナを楽しむことが出来、「本物のサウナ」を楽しむことができ、サウナ好きにはたまらないイベントとなっています。

2020年の予定はまだ未定ですが、詳細を知りたい方は、こちらで確認することが出来ます。

③サウナの日生まれの有名人は?

サウナの日(3月7日)生まれの有名人には、誰がいるのでしょうか。

オール阪神(62歳)吉本興業に所属している漫才師。
矢沢あい(52歳)日本の女性漫画家。代表作には『NANA-ナナ-』や『Paradise Kiss』がある。
レイチェル・ワイズ(49歳)イギリスの女優。ハムナプトラシリーズなどに出演している。
川越達也(46歳)日本の料理人、タレント。

※年齢は2019年12月現在

など、様々な分野で活躍されている方が多数いらっしゃいます。

④サウナの雑学

サウナとは、元々フィンランド式の蒸し風呂のことをいいます。

サウナには入り方があり、

サウナ浴(8~12分)→水風呂(1~2分)→休憩(8~12分)を2~3回繰り返すと頭や身体が爽快になります。時間や回数は無理に増やさないことに注意してください。

また、サウナにはリラックス効果、美肌効果、血行促進による疲労回復やデトックス効果も期待できます。

また、サウナに入る時のNG行為を紹介します。

  • 身体が濡れたままサウナに入る
    発汗しやすいよう身体は乾いた状態で入った方が効果的です。ですが、足湯などで足を温めてからサウナに入ると血行がよくなるので、発汗が促進されます。
  • 疲れている時や満腹時にサウナに入る
    サウナでは汗をかくので、体力を消耗しやすい状態の時はサウナに入るのは控えた方が良いです。例えば、疲れている状態なら30分、食後であれば1時間経過してからサウナに入るようにしましょう。
  • サウナに入りいきなり上段に座る
    人間にとって一番良いのは頭が冷たく足が温かい状態です。サウナは上段になるにつれて高温になっています。本来ならベンチに横たわるのがサウナの正しい入り方です。

3月7日の他の記念日は

3月7日のサウナの日以外の記念日をご紹介します。

消防記念日1948(昭和23)年3月7日「消防組織法」が施行された。
メンチカツの日「3(み)7(しち)」を語呂合わせでミンチと呼ぶことから、株式会社味のちぬやが制定。
十歳の祝いの日3と7を足すと10になることから、十歳の祝い普及促進協議会が制定。
花粉症記念日制定した組織や団体、その目的は不明だが、インターネット上で3月7日が花粉症記念日であることが多数確認できる。
さかなの日「3(さ)7(かな)」の語呂合わせから、一般社団法人・日本記念日協定が制定。

など、他にもたくさんの記念日があります。

まとめ:3月7日はサウナの日

3月7日サウナの日は、公益社団法人日本サウナ・スパ協会によって制定されました。

温泉などに併設されているサウナですが、正しい入り方が出来ていない方も多いと思います。この機会に正しい入り方を覚えて、効果を正しく得てみてください。

また、3月7日には、公益社団法人日本サウナ・スパ協会の加盟店などで、様々なイベントが催されています。特に、37歳の方や、3月7日が誕生日な方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか。