何の日雑学

3月 13日は新撰組の日│由来やイベント・この日生まれの有名人は?

3月13日は何の日か聞かれたらどう答えるでしょうか?

おそらく多くの方がなにも浮かばないと思います。

ですのでこの記事を見ていただいて3月13日は「新撰組の日」と覚えてからブラウザバックしてください。

この記事では「新撰組の日」の由来。そして、新撰組の日の生みの親である日野市観光協会についての雑学、新撰組の雑学や、その他の3月13日についてのことを解説します。

新撰組の日とは? 

「新撰組の日」は、東京都日野市の意識おこし・街おこしにつなげ、自然体の活性化を目指し、NPO法人である日野市観光協会が制定しました。

新撰組の日の由来は?

どうして新撰組の日が3月13日なのかと言いますと。1863年(文久3年)3月13日に、新選組の前身である「壬生浪士組」から、正式に新撰組が発足したからです。

実は「新撰組の日」は1年に2回あり、もう一つは2月27日です。なぜ2月27日が「新撰組の日」なのかと言いますと、1862(文久2)年2月27日に、先ほど紹介した新撰組の前身である「壬生浪士組」が結成されたからです。

ただ、こちらの「新撰組の日」につきましては、しっかりとした制定はされておらず、誰が言い出したかも明らかにはなっていません。

新撰組の日雑学

今回はそんな「新撰組の日」の発祥となった日野市観光協会や、新撰組の日に関する面白い雑学についてご紹介したいと思います。

日野市観光協会とは?

新撰組が発足したのは、京都の壬生のはずなのに、どうして東京都日野市のNPO法人である日野市観光協会が「新撰組の日」を制定したのでしょうか。東京都日野市と新撰組との深い繋がりについて説明します。

新撰組局長である近藤勇の右腕として組織を支えたことで有名な、新撰組副長である土方歳三。また、六番隊組長である井上源三郎の出身地が東京都日野市でした。また、近藤勇、土方歳三、井上源三郎、沖田総司らが剣術の腕を磨き、後に新選組に大きく関係することのきっかけとなった天然理心流佐藤道場も、東京都日野市に在ったのです。

日野市の魅力は新撰組以外にも、大規模企業や大規模団地が進出していながらも自然豊かな地域として有名で、国土交通省から「水の郷百選」にも認定されています。

また、新撰組ゆかりの地は日野市以外にも、福岡県会津若松市や東京都調布市など、全国各地に点在しています。

②新撰組の日のイベントはある?

日本人の間のみならず、外国人にも人気な新撰組。また、新撰組にゆかりのある地域が全国にも沢山あることから、日本各地のあらゆる日で、新撰組に関するイベントが催されているようです。ただ、残念ながら3月13日に開催されている新撰組の日のイベントは見つけることができませんでした。

しかし、「新撰組の日」の生みの親である日野市観光協会が主催するイベントもあり、「ひの新撰組まつり」というお祭りが、5月11日の土方歳三の命日に合わせて、毎年5月の第2土曜日と日曜日に行われています。

「ひの新撰組まつり」では、全国各地から400人もの「隊士」が参加し、当時の新撰組の衣装を着て市内各所を練り歩く「新選組隊士パレード」が行われています。

2020年のイベントにつきましても、5月9、10日に開催が決定しており、2月1日より隊士パレードの参加者の募集が始まります。

「ひの新撰組まつり」の詳しい情報は、こちらで参照できます。

③新撰組の日生まれの有名人は?

新撰組の日(3月13日)生まれの有名人には、誰がいるのでしょうか。

中島健人(25歳)ジャニーズのアイドルグループ、Sexy Zoneのメンバー。
吉永小百合(74歳)日本で活動する女優、歌手。
今田耕司(53歳)よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑い芸人、司会。
小渕 健太郎(42歳)宮城県出身のミュージシャン・シンガーソングライター・作詞家・作曲家。コブクロの小さい方。

※年齢は2020年1月現在

など、様々な分野で活躍されている方が多数いらっしゃいます。

④新撰組の雑学

新撰組とは、江戸時代末(幕末)に、京都の治安維持にあたった幕府の警察です。主に、幕府を倒そうとする尊攘派の弾圧に着手していました。

そんな新撰組の面白い雑学を紹介したいと思います。

土方歳三はとてもモテた

鬼の副長と記されたりすることもある、厳しいことで有名な土方歳三ですが、「新撰組遺聞」という資料に、土方歳三は『色白で目鼻立ちがくっきりしている美男』と記されており、特に遊女にモテていたそうです。

また、その関連の雑学で、土方は故郷である日野にいる親戚の鹿之助という人物に、どれほど女性にモテているかを詳しく書いた手紙を送ったり、遊女たちが土方に送ったラブレターを送ったりしていたそうです。

池田屋事件の裏側

新撰組の活躍の中でも特に有名な池田屋事件とは、京都の宿屋・池田屋に集まった討幕運動の中心となっていた長州の浪士達を新撰組たちが襲撃し、12名を斬り殺して23名を逮捕した事件の事です。

実は、この事件当時、新撰組内では急病人が20名以上も出たそうです。実際に病気だったわけではなく、斬り合いを恐れて出撃を免れる口実に仮病を使ったそうです。

また、新撰組の中での剣豪と言えば沖田総司や土方歳三をイメージするところですが。この事件の中で長州の浪士を一人で4人も切った人物がおり、その人物こそ、最強の名を有する永倉新八という人物です。

実は女好きな沖田総司

沖田総司といえば、若くして病気で命を落とした純情素朴な天才剣士というイメージが強いのではないでしょうか。近所の子供たちともよく遊んでいたという話も残っていますし、明るく聡明な人物だったのではないでしょうか。

ですが、意外と沖田は結構な女好きという話も残っており、京都や大阪に馴染みの芸者が居り、通い詰めていたようです。また、研究者の中には、持病である肺結核が悪化したのも女遊びが影響しているとする学者もいるようです。

新撰組の旗の秘密

新撰組の旗と言えば、赤・青の山型の模様に白色の「誠」の文字がある旗が有名ですよね。しかし、その旗以外にも「誠忠」という2文字が入っているものや、山型の模様が無いもの。文字が金色で刺繍されているものなど、沢山の種類があります

また、この旗の山型のデザインは、新撰組の羽織が由来していますが、この羽織のデザインについても秘密があります。元々、この羽織の山型の模様は歌舞伎の舞台で役者が着ていた羽織のデザインを真似ていたのです。

3月13日の他の記念日は

3月13日の新撰組の日以外の記念日をご紹介します。

サンドイッチデー「131」と、1が3で挟まれていることから制定されている。また、サンドイッチの生みの親であるサンドイッチ伯爵の誕生日が11月3日であることから、11月3日もまた、「サンドイッチの日」とされている。
青函トンネル開業記念日1988年(昭和63年)3月13日に、青森と函館を結ぶ海底トンネル「青函トンネル」が開通した。
漁業法記念日1949年(昭和24年)3月13日、「漁業法」が施行された。

など、他にもたくさんの記念日があります。

まとめ:3月13日は新撰組の日

3月13日新撰組の日は、東京都日野市の意識おこし・街おこしにつなげ、自然体の活性化を目的とし、日野市観光協会によって制定されました。

東京都日野市は、新撰組副長の土方歳三、六番隊組長の井上源三郎の出身地であり、新撰組の発祥の場とも言える天然理心流佐藤道場が在った場所でもあります。

新撰組のイベントについては、新撰組の日に行われるイベントは無いものの、日本各地のあらゆる日で新撰組に関するイベントが催されています。あなたのお住まいの地域の近くでも、新撰組に関するイベントがあるかもしれません。興味がある方は調べてみてはいかがでしょうか。

また、新撰組の雑学についても今回少し触れましたが、他にも新撰組の面白い雑学はたくさんあります。興味がある方は是非調べてみてください。