犬の飼育知識

狂犬病の予防接種はなぜ毎年必要なのか?

こんにちわ!管理人のクラゲです。

犬を飼っている方なら毎年受けている狂犬病の予防接種。毎年、少なくない費用がかかりますよね

できるならお金をかけたくないという人もおられるでしょう。

今回はそんな狂犬病の予防接種がどれだけ重要なものかお話していこうと思います。

まず初めに、日本においての狂犬病は、1957年(昭和32年)を最後に現在まで発生していません。

もちろん、海外へ渡航歴のある人からの発症例はありますが、日本に輸入された動物や国内の野生動物からは狂犬病ウイルスは見つかっていません。

ではなぜ、今も狂犬病の予防接種が義務付けられているかあなたは知っていますか?

この疑問に答える前に病気について簡単にでも知っておいた方がいいでしょう。

狂犬病とは?

毎年の予防接種が義務付けられている狂犬病。

狂犬病を発症させるウイルスは、Rhabdoviridae科Lyssavirus属のウイルスで俗にRVウイルスと呼ばれますが、このウイルスは人を含む全ての哺乳類に感染可能であり、発症した個体の死亡率はほぼ100%と、ほかの病気と一線を画する危険性があります。

しかし、感染経路が感染動物の唾液との接触(咬傷など)が主であるため、空気感染する他の病気と比べるとリスクは低いです。

また、暴露後免疫という手段で狂犬病の発症を抑えることも可能です。

日本国内においては、1957年まで多くの犬や人に感染し猛威を振るっていました。

この状況を何とかしようと、狂犬病予防法が施行され、①犬の登録、➁予防注射、③野犬等の抑留が徹底されるようになり、この7年後に国内での狂犬病は撲滅に至りました。

撲滅する事が出来た要因に、日本が「島国」であったことが大きいようです。周りが海に囲まれているために、新しく狂犬病に感染した動物を水際で止めることができたためです。

しかし、現在でも世界中で毎年5万人以上の人が亡くなっています。

スポンサーリンク

撲滅できた狂犬病の予防接種がなぜ今も必要なのか?

今回の記事の本題、「狂犬病の予防接種はなぜ毎年必要なのか?」の結論を言ってしまうと、日本の法律(狂犬病予防法)で決まっているからです。

第五条 犬の所有者(所有者以外の者が管理する場合には、その者。以下同じ。)は、その犬について、厚生労働省令の定めるところにより、狂犬病の予防注射を毎年一回受けさせなければならない。

<厚生労働省ホームページより引用>

義務化されているために毎年摂取している狂犬病ワクチンですが、獣医さんの中でも毎年は必要じゃないという声も出てきています。実際にあるデータでは、「個体差もあるが3年間は免疫が持続する」という結果も上がっているそうです。



まとめ

1957年から約60年、日本は狂犬病清浄国として国際社会から評価されています。

しかし、狂犬病が広まっていた当時と比べ、現在は野犬もいるわけでもないため当時の法律をそのまま現代に当てはめるのも個人的にはどうかとは思いますね。

ですが、日本の周りの国ではいまだに狂犬病ウイルスが自然間で循環しています。それがいつ日本に入ってきてもおかしくはない状況であることは変わりありません。

今後、法律が変わり接種間隔が延びるかもしれませんが、海外へワンちゃんを一緒に連れて聞くなどの際は、個人で病気への対策を練っていったほうがよいでしょうね。

ということで、今回の「狂犬病の予防接種はなぜ毎年必要なのか?」についてのお話は以上となります。

少しでも、この記事をご覧になった方のためになったのなら幸いです。

では次回の「好奇心は猫の塊」でお会いしましょう。