満点青空レストラン

【青空レストラン】青空宅配便・富山湾の宝石「白えび」お取り寄せ・レシピ情報

こんにちは!管理人のクラゲです。

2020年6月20日(土)の青空レストランは、
青空宅配便第2弾!

過去に紹介した厳選食材の中から旬の食材を宮川さんにお届けします。
この記事では、
そんな旬の食材の中から富山湾の宝石といわれる「白えび」のお取り寄せ情報やレシピについてまとめました。

青空宅配便第2弾で登場した他の食材はこちらをご覧ください。

【青空レストラン】青空宅配便第2弾!お取り寄せ食材「濃厚生ハム・ルバーブジャム・白エビ・空港はちみつ」こんにちは!管理人のクラゲです。 2020年6月20放送の青空レストランは、 青空宅配便第2回! ゲストにIKKOさんが登...

青空宅配便第2弾!富山湾の宝石「白えび」

富山県富山市の富山湾は、冬の味覚ブリや春の訪れを告げるホタルイカ、
そして富山湾の宝石とも称される「白えび」など、多種多様な海の幸の宝庫。

淡い桜色の見た目と濃厚で上品な甘みを持つ白えびは、安定的に取ることが無ずかしく、
漁業が成り立つほどとれるのは世界の中でも富山湾だけと言われています。

そんな富山湾産の白エビは生でも、
お煎餅やアイスクリームなどの加工品としても味わうことができます。

富山湾の宝石「白えび」の通販・お取り寄せ情報

富山湾産の白えびは、amazonや楽天市場・yahooショッピングをはじめ、
いろいろな通販サイトから購入することができます。

その中でも、

特におすすめの通販サイトが、
白えび直送店「棚辺水産

独自開発した密封包装でうま味を逃がさず、
新鮮なままお届けしてくれます。

  • 殻付きの白えび
  • 白えび刺身
  • 白えび昆布じめ

のほかに、甘えびやホタルイカも注文することができ、

殻付きの白えびはかき揚げ や からあげにすれば、
頭や殻ごと食べられ、口に入れた瞬間白えびの風味が広がります。

富山湾の宝石「白えび」の食べ方・レシピ

青空レストランで紹介された白えびを使ったレシピをご紹介します。

白えびコロッケ

※写真はイメージです

【材料(4個分)】

  • 白エビ(むき身) 100g
  • じゃがいも 200g
  • 玉ねぎ 50g
  • 塩 少々
  • こしょう 少々
  • 白エビ(殻ごとのすり身) 100g
  • マヨネーズ 大さじ1.5
  • 小麦粉
  • パン粉
  • 揚げ油
  • サラダ油(たまねぎ炒め用) 少々

【作り方】

  1. じゃがいもは皮をむいて適当な大きさに切り、ゆでる。
    やわらかくなったら湯を捨て、火にかけて水気を飛ばし、マッシャーでつぶしておく
  2. 玉ねぎはみじん切りにし、フライパンにサラダ油を熱してしんなりするまで炒める
  3. 殻付きの白エビをフードプロセッサーにかけ、マヨネーズを混ぜる
  4. じゃがいも、玉ねぎ、むき身の白エビ、塩、こしょうを混ぜ合せ、
    1/4量を手にとり、中心部に③の1/4量を包み込む(4個作る)
  5. 小麦粉、卵、パン粉の順に衣を付け、180℃の油で揚げる

白えびのパスタ

※写真はイメージです

【材料 (4人分)】

  • 白エビ(殻付き) 150g
  • スパゲティ 300g
  • にんにく 2片
  • 赤唐辛子(輪切り) 1本分
  • オリーブオイル 大さじ3
  • 塩 少々
  • こしょう 少々
  • ブラックペッパー 少々
  • ドライバジル 少々

【作り方】

  1. フライパンに多めのオリーブオイル、粗みじん切りしたにんにく、白エビ、
    赤唐辛子を入れて火にかける。
    塩、こしょうで下味を付ける(弱火でえびにうすく色が付くくらいまで)
  2. ゆでたてのパスタを入れて絡め、塩、こしょうで味を調え、ドライバジルを加える
  3. 皿に盛り、ブラックペッパーをちらす

白えびの吸い物

※写真はイメージです

【材料 (4人前)】

  • 白エビ(むき身) 160g
  • みつば 4本

《A》だし用

  • 白エビ(殻付き) 80g
  • 水 800㏄
  • 昆布 1片
  • 玉ねぎ(スライス) 80g
  • 淡口しょうゆ 少々
  • 塩 少々

【作り方】

  1. 鍋に《A》の水と昆布を入れてわかし、白エビ、玉ねぎを入れてだしをとる。濾して、だしを鍋に戻して、わかす
  2. 白エビのむき身を一口大にまるめてだしに入れる。煮えたら団子は椀に取り出す
  3. だしを淡口しょうゆ、塩で味を調え、椀に注ぐ。結びみつばを添える

白えびのかき揚げ

※写真はイメージです

【材料】

  • 白エビ(殻付き) 200g
  • 玉ねぎ 1/4個
  • みつば 1/2束
  • 天ぷら衣 適量
  • 小麦粉 適量
  • 揚げ油

【作り方】

  1. 白エビの髭と頭の先端を切る。玉ねぎは薄切り、みつばはざく切りにする
  2. 1をボウルに入れて小麦粉を薄くまぶし、衣を絡めて適当な大きさにして180℃の揚げ油で揚げる。

塩をつけて食べる

白えびが漁獲される富山湾情報

富山湾は沿岸から急に水深が深くなり海底に多くの谷が入り組んだ地形「藍がめ」となっています。

その特異な地形は、おおくの魚介類の住処となっていているほかに、
3,000m級の立山連峰から流れる豊富な栄養分を含んだ水が生き物たちがふくよかに育てあげます。

そのことから富山湾は「天然のいけす」とも言われており、
水産資源の宝庫です。

その中でも、白えびとホタルイカは富山湾ならでは。

透明で美しいシロエビは『富山湾の宝石』といわれ、
刺身で味わう上品な甘味は絶品。

  • 郷土料理の昆布〆
  • 素干し
  • かき揚げ

はもちろん、出汁を取っても上品な味が引き出せるとあって大人気です

富山湾の美味しい海産物を買いたいなら、

氷見漁港場外市場「ひみ番屋街」がおすすめ!
漁師小屋をイメージした施設にお店がずらりと並び、
温泉もあって海風で冷えた体を温め楽しむことができます。

まとめ:【青空レストラン】青空宅配便「白えび」お取り寄せ・レシピ情報

富山湾の宝石とも称される「白えび」。

安定的に取ることが無ずかしく、
漁業が成り立つほどとれるのは世界の中でも富山湾だけと言われています。

淡い桜色の見た目と濃厚で上品な甘みを持つ白えびは、
素干しや昆布締め、かき揚げやから揚げといった料理にするもよし、
刺身としてぷりっぷりのまま食べるもよし、

上品な白えびをぜひ味わってみてください。