土曜プレミアム

【さんまのFNSアナウンサー全国一斉点検2020】昨年2019年のヤバウンサーに輝いたアナウンサーは誰?理由は?4月18日放送分

こんにちは!管理人のクラゲです。

2020年4月18日(土) 21時00分~23時40分に「土曜プレミアム・さんまのFNSアナウンサー全国一斉点検2020」が放送されます。

昨年の2月にも放送され、アナウンサーの素顔が暴かれた結果、1番ヤバいアナウンサーこと「ヤバウンサー」が決定されました。

今年の結果も楽しみですが、その前に昨年2019年のヤバウンサーが誰だったのかおさらいしていきましょう。

さんまのFNSアナウンサー全国一斉点検2020の番組内容

2019年のヤバウンサーは誰?

画像引用:テレビ西日本

昨年2019年にヤバウンサーの称号を獲得したのは、テレビ西日本の「大谷 真宏」アナウンサーでした。

大谷 真宏のプロフィール

名前:大谷 真宏(おおたに まさひろ)

年齢:45歳

誕生日:1974年8月25日

血液型:B型

出身:埼玉県

勤務局:テレビ西日本

活動期間:1998年~

担当番組:スポーツ実況、バリすご8ナレーション、特報ライブナレーションなど。

【経歴】

入社以来アナウンス部とスポーツ部に兼属し、スポーツ中継からニュース、バラエティー番組と多方面で活動。第21回FNSアナウンス大賞でスポーツ部門を受賞した。しかし同社男性アナウンサーの中で唯一報道部所属の経験が無かったこともあり、2012年、長く所属していたスポーツ部から離され報道部へ。これに伴い担当番組も大幅に変わり、スポーツ関係は実況専門となった

2012年に中途採用でTNCに移籍した山口喜久一郎とは入社年度が同じで就職活動時にとある東京キー局で知り合ったという間柄。

6歳上の兄に、プロレスライターの”Show”大谷がいる。

引用:wikipedia

大谷 真宏が2019年のヤバウンサーになった理由は?

大谷 真宏さんが2019年のヤバウンサーになった理由が、「職場の方からのお土産である萩の月を家族分持って帰った」からのです。

さらには、その萩の月を取るときの様子も怪しかったようですね。

お土産を持ってきた職場の方も、人数分しか用意してないかもしれないし、事前に確認したらよかったんですけどね・・・

まとめ:【さんまのFNSアナウンサー全国一斉点検2020】昨年2019年のヤバウンサーに輝いたアナウンサーは誰?

昨年2019年のヤバウンサーに輝いたのはテレビ西日本の「大谷 真宏」アナウンサーでした。

その理由は、家族のためにお土産を多く持って帰ったことだったのですが、その時の挙動が怪しかったのがまずかったみたいです。

今年2020年のヤバウンサーは誰になるんでしょうか?4月18日を楽しみに待ちましょう!