何の日雑学

4月12日は世界宇宙飛行の日│由来やイベント・この日生まれの有名人は?

2019年にスターウォーズのエピソード9にあたるスカイウォーカーの夜明けが公開され、アカデミー賞にもノミネートされ話題となりました。スターウォーズだけでなく、あらゆる作品の舞台となる「宇宙」ですが、その宇宙に関する記念日が4月12日にあるのをご存知でしょうか。

この記事では、4月12日「世界宇宙飛行の日」の由来や、宇宙についての雑学をご紹介します。

世界宇宙飛行の日とは? 

「世界宇宙飛行の日」は、人類の宇宙時代の始まりを毎年国際レベルで祝うために、2011年(平成23年)4月7日の国連総会で制定された国際デーの一つです。

「世界宇宙飛行の日」は、英語表記で、「International Day of Human Space Flight」とされており、日本語では「国際有人宇宙飛行デー」とされています

世界宇宙飛行の日の由来は?

なぜ世界宇宙飛行の日が4月12日なのかと言いますと。1961年(昭和36年)4月12日に、世界初の有人宇宙衛星船であるソビエト連邦のヴォストーク1号に乗ったユーリイ・ガガーリンにより、最初の人間の宇宙飛行が行われたからです。

この、ユーリイ・ガガーリンが人類初の有人飛行を成功させた1961年(昭和36年)4月12日の20周年にあたる、1981年(昭和56年)4月12日は、アメリカのスペースシャトルが初飛行した日でもあります。

また、偶然にも、1955年(昭和30年)4月12日は、「ロケット開発の父」と呼ばれる糸若英夫がペンシルロケットの水平発射実験を行った日でもあります。

世界宇宙飛行の日雑学

今回はそんな「世界宇宙飛行の日」や、ユーリイ・ガガーリンや宇宙に関する雑学についてご紹介したいと思います。

①世界宇宙飛行の日のイベントはある?

毎年4月12日「世界宇宙飛行の日」には、世界中で、「Yuri’s Night(ユーリズナイト)」という、宇宙に想いを馳せてユーリイ・ガガーリンの偉業を祝うイベントが開かれています。

イベントの内容は、宇宙ディスコや未来系クラブイベントなどのダンスパーティや、宇宙映画鑑賞、宇宙クイズ大会、「宇宙食」食事会、プラネタリウムや星空観賞会、航空宇宙修学旅行など、各イベントで様々な内容のイベントが催されています。

現在、大小様々に規模で、4月12日を中心に、アメリカ・ヨーロッパ各地を主として、世界中で開催されています。日本では、当初、国際宇宙大学卒業生たちが中心に実施をしていましたが、現在では、オフィシャルサイトに登録すれば、誰でも気軽に参加することができます。

世界各地のイベントについては、Yuri’s Nightのホームページ、日本のイベントについては、Yuri’s Night JAPANのホームページで、情報を確認できます。

2020年4月12日「世界宇宙飛行の日」に関しても、3月9日現在でイベントが決定していますが、新型コロナウィルスの感染拡大を考慮し、今後の状況次第では、中止・延期となる可能性もありますのでご注意ください。

Yuri’s Night JAPAN 2020 in OSAKA

【開催場所】大阪中央区南船場2-12-22IPシティホテル大阪ローザロッチェ
【開催日】2020年4月12日 19:00~21:00
【アクセス】大阪メトロ御堂筋線 心斎橋駅 徒歩3分
大阪メトロ長堀鶴見緑地線 長堀橋駅 徒歩3分
【参加費】男性:5,000円 / 女性:4,000円 / 学生:3,000円
※当日会場にてお支払い
【申し込み】大阪会場申込

Yuri’s Night JAPAN 2020 for kids in KOBE

【開催場所】神戸市北区有野町二郎  北神戸田園スポーツ公園
【開催日】2020年4月12日 10:00~11:30
【アクセス】車:中国道西宮北インターから県道82号線、市道北神中央線を経て車で約10分03-3342-2111または、六甲北有料道路「吉尾ランプ」 から県道38号・三木三田線を経て車で約10分
公共交通機関:神戸電鉄道場南口駅から徒歩約20分 または、市バス(神姫バス共通)68系統「菖蒲が丘2丁目」下車徒歩約10分 (神戸電鉄岡場駅または神鉄道場駅から乗車)
【参加費】800円
【対象】子供・親子
【イベント情報】 https://www.denspo.com/

Yuri’s Night JAPAN 2020 in TOKYO

【開催場所】東京都中央区日本橋室町1-5-3福島ビル7階 X-NIHONBASHI
【アクセス】東京メトロ銀座線「三越前」駅 A4出口すぐ
JR総武線快速「新日本橋」駅から徒歩5分

Yuri’s Night JAPAN 2020 for kids in TOKYO

【開催場所】東京都港区六本木7-18-13 ロッポンギフラット
【開催日】2020年4月12日 午前の部 10:00~12:00(定員20名)
午後の部 13:00~15:00(定員20名)
【アクセス】東京メトロ日比谷線「六本木」駅から2番出口から徒歩1分 または、大江戸線「六本木」駅から4b出口から徒歩3分 もしくは、千代田線「乃木坂」駅から5番出口から徒歩7分
【参加費】各種チケットあり、詳細は申込フォーム
【対象】子供・親子
【申し込み】東京for kids会場申込

Yuri’s Night JAPAN 2020 in SENDAI

【開催場所】宮城県仙台市青葉区国分町1-4-9 enspace
【開催日】2020年4月12日 17:00~21:00 ※入退出自由
【アクセス】地下鉄東西線 青葉通一番町駅 徒歩6分
地下鉄南北線 広瀬通駅 徒歩10分
JR仙台駅 徒歩15分
【参加費】社会人:3,000 / 学生:1,500円
※飲み放題・食事代含む
【申し込み】仙台会場申込

②世界宇宙飛行の日生まれの有名人は?

世界宇宙飛行の日(4月12日)生まれの有名人には、誰がいるのでしょうか。

園 まり(75歳)日本の歌手、女優。
広瀬 香美(53歳)日本の女性シンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、ボイストレーナー。
ガイ=ベリーマン(41歳)ロックバンド、コールドプレイのベースギターを担当するミュージシャン。
藤原 基央(40歳)日本のミュージシャン、シンガーソングライター。ロックバンド、BUMP OF CHICKENのボーカリスト兼ギタリスト。

※年齢は2020年2月現在

など、様々な分野で活躍されている方が多数いらっしゃいます。

③ユーリイ・ガガーリンの雑学

どうしてガガーリンだったのか?

1960年代に宇宙開発が本格的に始まり、宇宙飛行士の候補生が20人選ばれました。ガガーリンもそのうちの一人でした。最終的に、パイロットの候補はガガーリンとゲルマン・チトフという人物に絞られ、結果的にガガーリンが選ばれました。

その決め手となったのは

  • 小さな宇宙船に乗り込むにはガガーリンの158cmという小柄な身長が有利であったこと
  • 「労働者階級出身の英雄」という点を強調しやすい生い立ちにあったこと
  • 「ユーリイ」というロシア的な名前
  • 温和で社交的な性格

でした。

「地球は青かった」だけじゃない!名言

ユーリイ・ガガーリンという名前は知らずとも、彼の名言である「地球は青かった」を知っている人も多いのではないでしょうか。

この、「地球は青かった」ですが、彼の母国語であるロシア語で言った言葉を日本語に直訳すると、実際には、「空は非常に暗かった。一方、地球は青みがかっていた。」となります。

彼の残した名言は他にもあり、前人未到の宇宙に飛び立つ際に発した「さあ行こう」は、人類史の宇宙時代の幕開けを告げる言葉として、東側諸国で歴史的な言葉となりました。

また、日本ではあまり知られていませんが、外国では、「神はいなかった」という言葉も、「地球は青かった」と同じくらい有名です。

④宇宙の雑学

夢の宇宙旅行

宇宙旅行は、既に、2001年4月28日にアメリカの大富豪デニス・チトーが世界初の宇宙旅行に旅立ち、同年5月6日まで滞在しており、他にも多くの人が宇宙旅行を実現していますので、一般に広まるのもそう遠くない未来かもしれませんね。

また、アメリカのオライオン・スパン社は、2021年までに史上初の宇宙ホテルである「オーロラ・ステーション」を宇宙に打ち上げる計画をしており、打ち上げの翌年、2022年から営業を開始する予定となっています。

画像引用元:Orion Span『Aurora Station』

宇宙用ボールペンを開発したアメリカ

ボールペンは無重力空間では使えません。その事実に直面したNASAは、多額の費用を費やして宇宙でも使用可能なボールペンを開発しました。そのペンは無重力はもちろん、-35℃~120℃、水中でも使用することが可能です。

しかし、NASAがそのボールペンを開発していた間、ソ連では鉛筆を使っていました

ちなみにこのボールペンは、現在では、民間企業が3,000円~で販売しており、だれでも購入することができます。

画像引用元:FISHER SPACE PEN『ASTRONAUT AG-7 クローム』

4月12日の他の記念日は

4月12日の世界宇宙飛行の日以外の記念日をご紹介します。

パンの記念日1983年(昭和58年)3月に、パン食普及協議会が制定。1842(天保13年)4月12日に、日本で初めてパンが焼かれたことが理由。また、このことから、毎月12日は「パンの日」とされている。
東京大学創立記念日1877年(明治10年)4月12日に、「東京開成学校」と「東京医学校」が併合し、「東京大学」が開設された。
子どもを紫外線から守る日「4(よ)12(いひふ)」の語呂合わせから、株式会社ルバンシュと合資会社ピーカブーが制定。子どもを有害な紫外線から守ることを目的。
国分寺ペンシルロケット記念日

1955年(昭和30年)4月12日に、東京大学生産技術研究所の糸川英夫博士が率いる研究チームが、国分寺町で日本で初めて「ペンシルロケット」の水平発射実験を行ったことから、東京都国分寺市が制定。

など、他にもたくさんの記念日があります。

まとめ:4月12日は世界宇宙飛行の日

「世界宇宙飛行の日」は、1961年4月12日にユーリイ・ガガーリンによって人類初の宇宙飛行が行われ、人類の宇宙時代を祝うため、2011年に国連によって制定されました。

また、1961年のこの日には、アメリカのスペースシャトルが初飛行し、1955年のこの日には、糸川英夫博士率いる研究チームが日本で初めて「ペンシルロケット」の水平発射実験を行った日(国分寺ペンシルロケット記念日)でもあり、宇宙と深い関わりのある日といえます。

また、宇宙に関する記念日には、他にも、7月20日「月面着陸の日」、9月12日「宇宙の日」、9月1日~9月30日「宇宙月間」、10月4日「宇宙開発記念日」、10月4日~10月10日「世界宇宙週間」、12月2日「日本人宇宙飛行記念日」があります。

毎年4月12日には、世界中で「Yuri’s Night」というイベントが開催されており、イベントの内容は各イベントによってそれぞれ異なります。日本でも開催されているので、イベントの内容を確認して、もしも興味があれば参加してみてはいかがでしょうか。

雑学では、ユーリイ・ガガーリンと宇宙の雑学について紹介しましたが、他にもたくさんの秘密があります。特に、宇宙については、宇宙自体が未知数なので、今後新しくわかっていくことも多くあるはずです。この記事をきっかけに、宇宙に興味を持っていただけると幸いです。