銭湯・温泉雑学

銭湯への持ち物リスト女性編!トラベルセットを活用して荷物を減らそう

こんにちは!管理人のクラゲです

今度、銭湯にいてみようと思うんだけど、タオルとか石鹸っておいてあるのかな?それとも全部持参した方がいいのかしら?

そんな疑問解消のために
「女性が銭湯へ行くときに必要な持ち物」
についてご紹介していきます。

この記事でわかること
  • 銭湯のルールを軽く予習・おさらい
  • 女性が銭湯へ行くときの持ち物(必需品と便利アイテム)

必要な持ち物が多い女性は
トラベル品を活用して荷物を減らしましょう。

手荷物が軽くなると銭湯に通いやすくなりますよ。

銭湯のルールを軽くおさらい

銭湯にもっていくものを紹介する前に
銭湯のルールや入り方を
軽く予習・おさらいしておきましょう。

とはいっても特別難しいルールはないのでご心配なく。

入浴中に困らないように、
ほかのお客さん・施設側の迷惑にならないように
以下の3点を抑えておくと、大きな問題にはなりません。

  1. 入浴アイテムは持参した方がいい
  2. レンタル・販売もあるので手ぶらでもOK
  3. 基本的な入浴ルール・マナーは守ろう

一つ一つ解説していきますね。

銭湯は入浴アイテムの持参が基本

利用する銭湯次第ではありますが、

ほとんどの銭湯には無料のタオルや石鹸、
シャンプーは設置されていないので

入浴アイテムは持参するのが基本です。

  • 石鹸類:ボディソープ、シャンプー、コンディショナー、トリートメントなど
  • タオル類:フェイスタオルやバスタオル
  • 着替え

etc.

食事処やマッサージ処、床屋なんかもある
スーパー銭湯であれば
ボディーソープやシャンプーは洗い場に
置かれていますが、

それでも無料のタオルや着替えはないのでご注意ください。

クラゲさん
クラゲさん
銭湯内の売店でお風呂アイテムをそろえることもできるから、お金があるなら手ぶらで行っても大丈夫だよ。

入浴アイテムのレンタル・販売はされているので手ぶらでもOK

無人の公衆浴場は例外ですが、

ほとんどの銭湯では受付や番台、売店で
入浴アイテムをレンタルor購入することができます。

レンタル・販売されているアイテムは
利用する銭湯次第ですが、

基本的に一回こっきりの「使い捨てのもの」を
購入するのが多い印象

1500~2000円程度のお金があれば
入浴料金+手ぶらセット+飲み物」代になるので
手ぶらで行っても大丈夫ですよ。

【手ぶらで銭湯に行った場合にかかる費用目安】

・入浴料:500円前後
・手ぶらセット(使い切りのお風呂セット):500円前後
・入浴後の飲み物代:150円くらい

※スーパー銭湯だと入浴料が倍近くするので、余裕をもって2000円くらい財布に入れておきましょう。

クラゲさん
クラゲさん
入浴料金と手ぶらセットがどちらも500円~600円くらいだから、1500円くらいあれば手ぶらでも余裕でお風呂に入れるよ。(スーパー銭湯は除く)

基本的な施設のルール・入浴マナーは守ろう

銭湯はご自宅のお風呂ではないですし
他のお客さんも利用する場所なので
入浴マナーや施設のルールは守るようにしてください。

基本的な入浴マナー
  • 湯船に浸かる前に体を洗う
  • 長い髪はヘアゴム等でまとめる
    (湯船に髪が浸からないようにする)
  • 使ったもの(椅子や洗面器)は元に戻す
  • Myお風呂セットは所定の棚に置く
    (洗い場に放置しない)
  • タオルは湯船の外に置く
  • サウナから出た後、お風呂から出る前にかけ湯をする
  • 脱衣所に入る前に体をよく拭く、タオルはよく絞る

上記以外の入浴マナーや施設でのルールもありますが、

一つ一つ上げていくのもキリがないですし
人によっては
全部覚えられない、覚えるのが面倒臭い」と思う人もいるでしょう

そんな時は以下の2点にだけ気を付けてください。

  • 自分がされたら嫌なことはしない
  • 自分の行動が「相手(ほかの利用客と施設側)の迷惑にならないか」を考えて利用する

この2つにさえ注意していれば
大きなトラブルや問題は起こりにくいですよ。

ただ、上記の2点すら守れず
悪質な自分本位な行動をしてしまうと

即退出や出禁になる可能性が出てくるのでご注意ください。

>>>「出禁・即退出になる銭湯でのマナー違反・禁止行為」はこちら

クラゲさん
クラゲさん
自宅のお風呂では普通にやっていることでも、銭湯内だとマナー違反となることは意外とあるから、自分の行動を客観視して、ほかのお客さんに不快と思われないように銭湯を利用してね。

スポンサーリンク



Myお風呂セットで楽しい銭湯ライフを満喫しよう

軽く銭湯でのルールやマナーを予習できたのなら
Myお風呂セットを作って銭湯に行ってみましょう。

銭湯にもっていくものには
大きく以下の2種類に分けられますが

  1. お風呂セットの必需品
  2. あると便利なモノ

入浴に必要なものは人それぞれ違うと思うます

ご自身のお風呂場にあるアイテムを見ながら
これはいる」というものを詰め込んで
銭湯にもっていくMyお風呂セットを作ってみてください。

クラゲさん
クラゲさん
お風呂セットは詰め込みすぎると重くてかさばるし、「あれが欲しい、これが足りない」は一度経験してみないとわからないから、初めて銭湯に行くときは必要最低限の荷物(着替え・お金)だけもって、ほかは銭湯で購入・レンタルするのでもいいかも!

【銭湯への持ち物リスト女性編】の必需品は12個

ここからこの記事の本題。

銭湯へもっていく持ち物の中で
必須のアイテムを12個紹介しますね。

銭湯への持ち物リスト「必需品」
  1. かご・スパバッグ
  2. 小銭・小銭入れ
  3. 着替え(最悪下着だけでも)
  4. 体を洗うボディタオル・ボディスポンジ
  5. 体を隠す・頭に巻けるフェイスタオル
  6. 体を拭くバスタオル・セームタオル
  7. ボディソープ・石鹸、シャンプー・コンディショナー
  8. メイク落とし・洗顔せっけん・クレンジングオイル
  9. スキンケアセット
  10. メイク道具・日焼け止め
  11. ビニール袋(複数)
  12. (ロングヘアーの場合)髪留め・ヘアゴム

上記12個はあったほうがいいアイテムなのですが、

人によって「いる・いらない」が
分かれると思いますので
ご自身で必要だと思うものを準備して下さい。

かご・スパバック

銭湯にもっていくもので欠かせないのが
お風呂セットを入れる”かご”や”スパバッグ”です。

  • かご:ボディソープなど、洗い場で使うアイテムをすべて入れられるもの
  • スパバッグ:お風呂セットすべてを入れられる濡れてもいいカバン。

シャンプーやボディソープを手持ちで
洗い場にもっていってもいいのですが、

後述する「盗難・置き引き」のリスクもあるので
ひとまとめにできる「かご」を使う方が個人的にオススメ。

また、

スパバッグは大きめのビニール袋で
代用することもできますが、

せっかくなら、銭湯に行きたくなるような
見た目も機能性もいいものを準備してみて下さい。

洗い場で邪魔にならない適度なサイズのかご
収納力抜群!メッシュタイプのスパバッグ

クラゲさん
クラゲさん
着替えた服や下着を見られたくないなら、2重構造のスパバッグが便利だよ。
外から中身が見えない2重タイプのスパバッグ

②小銭・小銭入れ

銭湯では靴入れやロッカーなどで
何かと小銭(10円・100円玉)を使います。

出し入れしやすい小銭入れや
10円・50円・100円玉を
それぞれある程度の枚数用意しておきましょう。

※靴と脱衣所のロッカーで100円を使うことが多い

出し入れしやすい小銭入れ

基本、両替機がおいてあったり
受付(番台)で両替してくれるとは思いますが、

ちょっと面倒くさいですし

受付・売店で販売されているアイテムで
1000円以上のものはほぼないので
長財布に大金を入れて持っていく必要はありません。

必要のない大金は置き引き・盗難のリスクを高めてしまうので注意しましょう。

クラゲさん
クラゲさん
スーパー銭湯に行ってご飯を食べたりマッサージしてもらうなら数千円は必要だけど、お風呂セットをもって普通の銭湯で入浴するだけなら1000円あれば十分おつりがくるよ(交通費除く)。だから、お札やカードがいっぱい入る長財布よりも、コンパクトで出し入れがしやすい「小銭入れ」の方がオススメだよ。

③着替え

入浴後、キレイなままでいたいなら
着替えも準備しておきましょう

ただ、服は見た目以上にかさばるので

自宅と銭湯が近かったり、車で行けるのなら
帰宅してから着替えるのもアリです。

荷物になるのが嫌でも、
替えの下着・靴下・肌着くらいは持っていきましょう。

④体を洗うボディタオル・ボディスポンジ

銭湯では体をきれいに洗ってから湯船に浸かるのがマナーです。

  • ボディタオル
  • ボディスポンジ
  • フェイスタオル
  • ご自身の手

などを使って体と頭を洗いましょう。

ボディタオルやフェイスタオル(手ぬぐい)は
銭湯内で売られているので、なくても問題ありませんが

肌の弱い方はご自身の肌に合ったものを持参しましょう。

泡立ちのいいボディタオル
背中も洗えるボディスポンジ

⑤体を拭く・隠す・頭に巻けるフェイスタオル

フェイスタオルは使い道がいろいろあるので
2~3枚用意しておくと便利です

  • お風呂場を移動するときに体を隠す
  • 湯船に入るとき長い髪をまとめる
  • 脱衣所に入る前に体を拭く
  • 冷やしたタオルでのぼせを防ぐ
  • 濡れたお風呂セットを拭く
ほつれず、色落ちしにくいフェイスタオル

クラゲさん
クラゲさん
銭湯オリジナルのフェイスタオルを販売しているところもあるから、受付や売店をのぞいてみるのも面白いよ。

⑥体を拭くバスタオル・セームタオル

お風呂から出て脱衣所に入る際は体をよく拭くのがマナーです。

洗い場に持ち込んだフェイスタオルで
ある程度の水分を拭ったら

  • 肌触りがよく体に巻けるサイズの「バスタオル
  • 薄いが吸水性に富んだ「セームタオル

などのタオルを使って体と髪をよく乾かしましょう。

持参しなくても銭湯でレンタルできる場合が多いですが、

硬く肌に合わない可能性もあるので
普段使っているバスタオルを持っていくか
銭湯用のタオルを用意しておきましょう。

吸収速乾のバスタオル
肌触りがよく吸収性・速乾性に優れたセームタオル

クラゲさん
クラゲさん
ただ、バスタオルは結構かさばるから荷物になりやすいんだよね。だから荷物をなるべき減らしたいってときは、薄くて吸収力のあるセームタオルが便利なんだ。

ボディソープ・石鹸・シャンプー・コンディショナー

体や髪を洗うための石鹸類は
銭湯の洗い場に置いていないことが多く
肌や髪に合わない可能性もあるので

シャンプーやボディーソープなどの石鹸類は持参しましょう。

  • ボディソープや石鹸
  • シャンプー
  • コンディショナー(リンス)やトリートメント
  • ヘアマスク

ただ、ボトルをそのままお風呂セットに入れて
持ち運ぶのもかさばって邪魔
なので
以下のアイテムを使うのがオススメです

  • 小分けできる詰め替え用ボトルに移す
  • 旅行用のトラベル品を使う
  • お試し用のトライアル品を使う
  • 頭も体も使える全身シャンプーを使う

クラゲさん
クラゲさん
自宅で使っているお高いシャンプー・トリートメントだと盗まれる可能性もあるから、見た目で高そうなものはもっていか、詰め替えボトルに移して持って行ってね。
小分け用の詰め替えボトル
ヘアケア・スカルプケアもできるトラベルセット
一回一袋の使い切りトライアルセット
体も髪もしっとり!全身シャンプー

メイク落とし・洗顔せっけん・クレンジングオイル

がっつりお化粧をする人は
メイク落としや洗顔せっけん
クレンジングオイルも忘れず持参しましょう。

高温多湿の銭湯では
化粧品の油が溶けて湯船を汚す可能性があるので
基本的に化粧をしたままの入浴はNG

洗い場で体や頭を洗うときに
一緒にメイクも落としてしましましょう。

持ち運びしやすいお試し用のクレンジングオイル
メイク落としもできる洗顔せっけん

スキンケアセット(化粧水・乳液など)

銭湯は熱い湯船やサウナがあるので
思っている以上に肌が乾燥しやすいです。

入浴後は肌が乾燥しないように
化粧品・乳液などのスキンケアセットを持参しましょう。

持ち運びしやすいスキンケアセット

⑩メイク道具・日焼け止め

銭湯に行った後に人に会ったり、外出するなら
メイク道具や日焼け止めも持っていきましょう。

ただ、

銭湯の脱衣所にある洗面台は数が限られるので
がっつり時間をかけて
メイクをすることはできないと思います。

他の利用者の数にもよりますが
洗面台を1回に使う時間は5分~10分程度に抑え

長時間の占領は他のお客さんの迷惑になるのでやめましょう。

また、日の出ている間に
銭湯を出るのでしたら日焼け止めを塗ることもお忘れなく

クラゲさん
クラゲさん
入浴後は汗が出るから、アームカバーやUVカットパーカーでもいいかも
着るだけOK!ひんやりUVカットパーカー

⑪ビニール袋(複数)

色付き・半透明のビニール袋があるとすごく便利。

濡れたお風呂セットや着替えた衣類を入れても
外から中身がわからず

汚れものと汚したくないものを分けられるので
いくつか準備しておきましょう

半透明ビニール袋
色付きビニール袋

(髪が長い場合)髪留め・ヘアゴム

髪を湯船につけるのはマナー違反です。

肩にかかるくらい髪が長いなら
髪留めやヘアバンド・ヘアゴム・ヘアターバン
などの髪をまとめられるアイテムを準備しておきましょう。

金属製の髪留めは
熱がこもって低温やけどをしたり
湿気でさびてしまうので注意。
吸水性抜群のヘアバンド
金属不使用のヘアクリップ

【銭湯への持ち物リスト女性編】あれば便利なモノは7つ

ここからは銭湯へもっていく持ち物の中で
あると便利なアイテムを7つ紹介していきます。

銭湯への持ち物リスト「あれば便利なモノ」
  • ヘアブラシ
  • 歯ブラシ・歯磨き粉
  • シャンプーブラシ
  • 綿棒・ティッシュ
  • サウナハット・サウナマット
  • 水筒・ウォーターボトル
  • ドライヤー・ヘアアイロン

ただ、上記のアイテムをもっていくと
お風呂セットがかさばってくるので
ご自身で必要だと思うものを用意してください。

ヘアブラシ

髪の長い人は特に
ブラッシング用のヘアブラシも持っていくと便利です。

  • 髪についたホコリや抜け毛を落とす
  • 髪の絡まりをほどく
  • ドライヤー後、髪をとかす

シャンプーの泡立ちや指通りに関わるので
美髪を目指したいなら入浴前によくブラッシングをしておきましょう。

豚毛の折り畳み式ヘアブラシ
濡れても大丈夫な折り畳み式ヘアブラシ

歯ブラシ・歯磨き粉

体や髪だけでなく
歯もきれいにしたい場合は

歯ブラシと歯磨き粉を持っていきましょう。

銭湯での歯磨き自体は基本マナー違反ではないですが、

歯を磨いたり口をすすいで
吐き出す行為が不快に感じる人もいるため
音を立てすぎない、人目につかないように配慮をしてください。

>>>「温泉・銭湯での歯磨きマナー

一部「歯磨き禁止」の銭湯もあるので
利用する温浴施設のルールを確認しておきましょう。

便利なコップ付き歯磨きセット

シャンプーブラシ

ネイルや付け爪をしていてシャンプーがやりづらい

そんな時はシャンプーブラシをもっていきましょう。

シャンプーブラシなら
ネイルや付け爪をしていても
頭皮を傷つけることなくしっかり洗えますよ。

力をかけずしっかり洗えるシャンプーブラシ

綿棒・ティッシュ

利用する銭湯によっては
綿棒やティッシュがない場合もあります。

湿度の高い浴室で体が温まると
鼻水や耳垢が出やすくなるので

持ち運びしやすいサイズの
綿棒やティッシュをお風呂セットに忍ばせておきましょう。

クラゲさん
クラゲさん
脱衣所にゴミ箱はあるとは思うけど、なかった時は使った綿棒・ティッシュを持ちかえるようにしてね。
1本ごとの個包装の綿棒
非常時にも便利!水に流せるポケットティッシュ

サウナハット・サウナマット

サウナを利用するなら
サウナハット”や”サウナマット”も便利です

  • サウナハット:サウナの中でかぶる帽子。「頭部と髪を守る」「のぼせを防ぐ」2つの効果がある
  • サウナマット:サウナのベンチに敷くもの。クッション性・耐熱性・衛生的で長時間のサウナ利用に便利。

サウナハットは手ぬぐいやフェイスタオルを
頭に巻くとこで代用できますが、

サウナはいろんな人が利用するので
衛生面が気になるなら
自前でサウナマットを準備しておきましょう。

  • サウナマットが設置されていない場合もある
  • サウナマットがあっても、ほかの利用客が使って汗が染みこんでいると汚い

昨今のサウナブームで
Myサウナアイテムを持っていく人も増えているので

「湯船に浸かるよりもサウナが好き」といなら
そろえておきたいアイテムです。

髪や頭皮の熱ダメージが気になるならサウナハット
丸洗いできて持ち運び楽々!折り畳みサウナマット

水筒・ウォーターボトル

長くお風呂やサウナを利用するなら
水分補給のための水筒やウォーターボトルを

もっていくのもいいでしょう。

銭湯内には飲み物が売られていますし
給水機もありますが

なるべくお金を使いたくない場合には
水筒やウォーターボトルで飲み物を持参しましょう。

ただし、

温浴施設によっては
飲食物の持ち込み自体がNGの場合もあるので

利用する施設のルールをよく確認してから
持ち込むようにして下さい

銭湯への飲食物持ち込み禁止理由
  • 割れる恐れのある瓶や陶器類の入れ物はケガをする・させる可能性がある
  • 持ち込んだ飲料で体調不良者食中毒が起きた場合、温浴施設側の衛生管理不届きとなって営業停止になる可能性がある
  • 飲み物の売り上げが減る
安心安全!中身も見える浄水機能付きボトル

クラゲさん
クラゲさん
こんなこと言いたくないけど、銭湯を利用するお客さん全員がいい人とは限らないんだよね・・・。悪意ある人がいると、目を離したすきに水筒にシャンプーとか変なモノを入れられる可能性もあるから注意してね。

ドライヤー・ヘアアイロン

銭湯にはもちろん有料or無料のドライヤーがありますが

使い慣れた愛用のドライヤーやヘアアイロンを
もっていくのもアリです。

ただし、

入浴料にコンセントの使用料金は入っていないので
必ず施設側に「コンセントを使っていいか」許可を取りましょう。

断られる可能性もありますが、

無断でのコンセントの使用は
明らかな犯罪行為なので絶対にやらないでください。

※無断でのスマホの充電も同様に犯罪です。

他人のコンセントなどを勝手に使用した場合,窃盗罪(刑法235条)が成立します。 他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。 形を持たない電気が財物かどうかについては窃盗罪および強盗罪に関しては刑法245条が電気を財物とみなすと規定していますので財物となります。

引用:弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

クラゲさん
クラゲさん
銭湯は自宅のお風呂じゃないからね。自分家と同じように使っていると、ルールやマナーを違反することが多いから気を付けてね。

>>>「銭湯・温泉でのNG行為まとめ」はこちら

置き引き・盗難に注意!貴重品・お風呂セットはきちんと自己管理をしよう

銭湯に通う上で
よくよく注意すべきなのは「置き引きや盗難」です

悲しいことですが、
銭湯を利用する方全員が善意ある人ではありません。

銭湯や温泉は裸になる場所であるが故
脱衣所や洗い場、お風呂場に
監視カメラを設置することができない
ので

ルールやマナーを守らない人はだけでなく
人のものを盗んで犯罪を犯す人もいます。

管理人のクラゲは今のところ
物を盗まれた経験はないですが

貴重品やお風呂セットの自己管理はもちろんのこと。
見た目で高価とわかる腕時計やアクセサリーなどは
基本的に持ち込まないようにしてください。

貴重品やお風呂セット
ロッカーのカギはしっかりと自己管理をしましょう。

盗む人は中身の価値云々ではなく
人目がなくなって「盗れるものを盗る」そうなので

最悪、盗られても悔しくない・惜しくないもので
お風呂セットを作るようにして下さい。

クラゲさん
クラゲさん
高価な腕時計やアクセサリーだと盗難リスクだけじゃなく故障や劣化のリスクもあるからね。できる限りアクセサリー類は外して銭湯に行った方がいいよ

>>>「銭湯でのアクセサリーマナー

>>>「銭湯での腕時計マナー

銭湯への持ち物リスト女性編まとめ

ご覧いただきありがとうございました。

この記事のポイントは以下の通りです。

  • 銭湯にはタオルや石鹸類を設置していないことが多いので、お風呂セットを持参した方がいい
  • お金があるなら、手ぶらでもOK
  • お風呂セットには大きく「必需品」と「あると便利なモノ」に分かれる
  • 女性の場合、必需品は12個、便利アイテムは7つ。必要だと思うものでMyお風呂セットを作る
  • ルールやマナーは必ず守る
  • 置き引き・窃盗のリスクもあるので自己管理を徹底する

銭湯は女性一人だと行きづらいかもしれませんが

一度はまってしまうと
日本全国の銭湯に行きたくなりますよ。

そんな時、持ち運びしやすいように
お風呂セットをできる限りコンパクトにまとめておくと便利です。

関連記事

温泉・銭湯での25のマナー違反・禁止事項!出禁・即退出・犯罪になる問題行為を解説こんにちは!管理人のクラゲです そんな疑問・お願いのために 「温泉・銭湯でのマナー違反・禁止行為」についてご紹介します。...
銭湯への持ち物リスト男性編!7つの必需品は最低限持っていこうこんにちは!管理人のクラゲです そんな疑問解消のために 「男性が銭湯へ行くときに必要な持ち物」 についてご紹介します。...
【銭湯・温泉】混雑時間・空いている時間帯はいつ?ゆっくり利用したいなら天気やテレビ欄にも注目こんにちは!管理人のクラゲです そんな疑問解消のために 「銭湯や(日帰り)温泉の混雑していない時間帯」 についてご紹介...
日本の温泉・銭湯で水着がダメな理由は?外国とは違う入浴ルールを解説温泉に入浴する時、日本と外国とで水着着用ルールが違う理由を解説。また日本で水着着用可の温泉・銭湯が増えない要因についても紹介しています。...
ABOUT ME
クラゲさん
お風呂・温泉・入浴剤が大好きなクラゲ│ 過去100種を超える入浴剤を体験。│2022年1月「温泉ソムリエ」取得│ ブログ収益を使って温泉巡りの旅を発信するのが目標│Twitter・YouTubeでもお風呂・入浴剤情報を発信しています。興味のある方は下のアイコンからフォローよろしくお願いします!!