雑記

カップヌードルPROは通常版よりまずい?カロリーやおいしさを比較

こんいちは”!管理人のクラゲです。

2021年3月22日、日清食品株式会社から新製品発売のお知らせがありました。

それが、美味しさそのままに、糖質を半減させた
国内初のたんぱく質強化カップ麺「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質」です。

「ノーマルのカップヌードル」と「シーフードヌードル」
の2製品が今回pro製品として登場するので
ダイエットなどで糖質を抑えたい方にはうれしい限りです。

ですが、

  • 料金
  • カロリー

など製品としての違いがやっぱり気になりますよね。

そこで本記事では

「通常版カップヌードル」と「pro版カップヌードル」の違い

について詳しく見ていきたいと思います。
※記事内で出てくる製品情報は日清食品株式会社公式サイトの情報をもとにしています。

通常版カップヌードルとPRO版カップヌードルの違い

早速、通常版のカップヌードルとPRO版のカップのヌードルを比較していきしょう。

比較する項目は以下の通りです。

  1. カロリーや製品情報
  2. 原材料やアレルゲン情報
  3. 商品パッケージや中身の見た目
  4. 価格
  5. 味・おいしさ

カロリーや製品情報

通常版カップヌードルとPRO版カップヌードルの製品情報は以下の通り。

製品情報PRO版カップヌードル通常版カップヌードル
内容量 (麺量)74g (60g)78g (65g)
熱量274kcal
めん・かやく: 236kcal
スープ: 38kcal
351kcal
めん・かやく: 327kcal
スープ: 24kcal
たんぱく質15.2g10.5g
脂質16.8g14.6g
炭水化物35.4g44.5g
糖質15.3g情報なし
食物繊維20.1g情報なし
食塩相当量4.8g
めん・かやく: 2.1g
スープ: 2.7g
4.9g
めん・かやく: 2.4g
スープ: 2.5g
ビタミンB10.22mg0.19mg
ビタミンB20.40mg0.32mg
カルシウム105mg105mg

通常版に比べ糖質を半減させたPRO版は、
タンパク質と脂質を上げ、食物繊維を追加することで
カロリー・炭水化物・塩分は通常版よりも少なくなっています。

ただ、表を見てもらうとわかりますが、
麺とかやくのカロリーは減っている一方

スープのカロリーは24kcal→38kcalと増えているので
その点は注意がいるかもしれませんね。

原材料やアレルゲン情報

通常版カップヌードルとPRO版カップヌードルの原材料やアレルゲン情報は以下の通り

PRO版原材料

油揚げめん:(小麦粉(国内製造)、植物油脂、植物性たん白、食塩、サイリウム種皮粉末、チキンエキス、しょうゆ、ポークエキス、香辛料、ポーク調味料、チキン調味料、たん白加水分解物、卵粉

スープ:(コラーゲンペプチド豚脂、粉末しょうゆ、食塩、糖類、香辛料、たん白加水分解物、香味調味料、ポーク調味料、メンマパウダー)

かやく:(味付豚ミンチ、味付卵、味付えび、ねぎ、味付豚肉)

そのほか:加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、増粘剤(増粘多糖類、アルギン酸エステル)、かんすい、炭酸Ca、カラメル色素、環状オリゴ糖pH調整剤乳化剤焼成Ca、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、チャ抽出物、ビタミンB2、シリコーン、くん液、ビタミンB1、酸味料、(一部にえび・小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

※青文字は通常版に含まれていない材料

通常版原材料

油揚げめん:(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、チキンエキス、ポークエキス、しょうゆ、ポーク調味料、たん白加水分解物、香辛料)

スープ:(糖類、粉末しょうゆ、食塩、香辛料、たん白加水分解物、香味調味料、ポーク調味料、メンマパウダー)

かやく:(味付豚ミンチ、味付卵、味付えび、味付豚肉、ねぎ)

そのほか:加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、カラメル色素、かんすい、増粘多糖類、カロチノイド色素、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、くん液、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、酸味料、(一部にえび・小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

こうしてみると、通常版とPRO版で結構な違いが判りますね。

特に、水と混ぜるともちもち食感になる「サイリウム種皮粉末」や
皮膚のコラーゲン量を増やす効果もある「コラーゲンペプチド」、
ビタミンEとの相乗効果も期待できる天然の酸化防止剤「チャ抽出物

などが目に留まり、

カロリーや糖質を抑えながらも
美味しさをそのままにしようとする日清食品さんの企業努力が垣間見えます。

一方アレルゲン情報はというと、

PRO版のアレルゲン情報
小麦そば乳製品落花生えびかに
豚肉鶏肉牛肉いかさけさばいくら
あわび大豆やまいもアーモンドカシューナッツくるみごま
まつたけリンゴオレンジバナナももキウイゼラチン

赤文字が製品に含まれるアレルゲン
青文字がPRO版で新たに追加されたアレルゲン

通常版のアレルゲン情報
小麦そば乳製品落花生えびかに
豚肉鶏肉牛肉いかさけさばいくら
あわび大豆やまいもアーモンドカシューナッツくるみごま
まつたけリンゴオレンジバナナももキウイゼラチン

赤文字が製品に含まれるアレルゲン

新たに「ゼラチン」を使用したことで
PRO版のカップヌードルにはゼラチンがアレルゲンとして追加されています。

ゼラチンでアレルギーを起こすものとしては
グミ、ベーコン、マシュマロ、ゼリーなどが知られていますが、

食物に混入しているゼラチンは胃で低アレルギー化するため、
ゼラチンアレルギー患者でも重度な症状を起こすことは稀だそうなので
そこまで気を遣う必要はないのかもしれません。

※甲殻類や小麦・乳製品にアレルギーのある方は変わらず注意が必要です。

見た目

製品パッケージの見た目は以下の通り。

PRO版カップヌードル
通常版カップヌードル

見た目はほとんど変わりませんが
PRO版にはPROという文字に加え
ハイプロテイン謎肉入り。タンパク質15g/糖質50%オフ」と記載されています。

なんとなくで買い物かごに入れたら間違えそうですが、
しっかりと商品パッケージを見て購入する分には
間違えて買ってしまう心配はないでしょう。

ちなみに中身はこんな感じ。

お湯を入れる前

PRO版カップヌードル
通常版カップヌードル

見た目はほとんど変わりませんが、
PRO版の方がスープの素(粉末)が麺の上にふりかかっている印象です。

ではお湯を入れて3分後の状態を見るとこんな感じ。

PRO版カップヌードル
通常版カップヌードル

こちらも特に違いは見受けられません。

次は麺の見た目を比較してみましょう。

PRO版カップヌードル
通常版カップヌードル

麺も見た目の違いはわからず、
麺を混ぜるときに、PRO版の方が気持ち混ぜやすい(麺が柔らかい)かな?という印象でした。

最後にスープの見た目です。

PRO版カップヌードル
通常版カップヌードル

スープだけ違いを見ると、
PRO版の方が色が薄く、通常版の方が色が濃い感じでした。

これはPRO版のスープに「豚脂」を追加されているため
油分の差によって見え方が変わっているのかもしれません。

価格

通常版カップヌードルとPRO版カップヌードルの価格の違いは以下の通り

PRO版通常版
メーカー希望小売価格206円 (税別)193円 (税別)
管理人が購入した時の価格148円(税別)148円(税別)

原材料が増えている分PRO版のカップヌードルの方が価格を高く設定されています。
しかし、管理人がドラッグストアで購入した時は
PRO版も通常版も同じ価格でしたので

購入する店舗によって価格は変動するものと思われます。

味・おいしさ

結論から言うと

PRO版は通常版と変わらず美味しいカップラーメン

でした。

PRO版・通常版のカップラーメンを食べ比べてみましたが味に差は感じません。

両製品ともにおいしいカップラーメンで
パッケージを見ない限り、商品の気づかないのではないかと思うほど。

ただ、PRO版の方の麺に「サイリウム種皮粉末」が含まれているせいか
少し麺がモチモチとしているというか柔らかい印象です。

硬い麺がお好みなら
お湯を入れた後の待ち時間を短くした方が美味しく感じるかもしれません。

あと、たんぱく質を1.8倍に強化した 「ハイプロテイン謎肉」については

  • サイズが少し大きくなっていて食べ応えが増している

なんて意見もあるようですが、
違いは管理人にはわかりませんでした・・・

謎肉が大量に入った「謎肉際」くらい入れてくれていたら

タンパク質を強化したハイプロテイン謎肉の変化にも気づけたかもしれません。

カップヌードルPROはいつからいつまでの販売?

カップヌードルのPRO版は2021年4月5日(月)より販売が開始されました。

この製品は特に限定生産等の情報は出ておらず、
また昨今の健康意識の高まりに合わせた商品ですので

人気の低下や製造価格が高騰しない限り
「あっさりおいしいカップヌードル」などのシリーズと同じく
常設販売の製品になるのではないでしょうか

カップヌードルPRO版は通常版の比較まとめ

ご覧いただきありがとうございました。

この記事を参考に、
時代の変化に応じて「挑戦」と「進化」を続ける
「カップヌードル」の新コンセプト商品をご自身の舌でお試してみてください。