エプソムソルト

エプソムソルトは心臓や腎臓に持病があっても使える?危険性や注意点・副作用を解説!

こんにちは!管理人のクラゲです。

エプソムソルトって知っていますか?

身体を温める効果が高く
赤ちゃんにも使えるほど安全性の高い入浴剤なんですが、

検索した時の候補キーワードに
エプソムソルト 腎臓」や
エプソムソルト 心臓」って出てくるんですよね。

これはおそらくですが、

何かのきっかけで
エプソムソルトの成分であるマグネシウムが
経皮吸収されることが分かったので、

心臓や腎臓に持病をお持ちの方が
エプソムソルトの影響について調べたのだと思います。

腎臓に病気があると
代謝でできものも上手に排泄できないし
心臓に病気があると
お風呂に入るのすら注意がいりますからね。

そんな持病をお持ちの方の心配を解決するために

この記事では
エプソムソルトの腎臓・心臓への影響を
管理人が調べられたことすべての情報を使って解説していきます。

この記事でわかること
  • エプソムソルトの心臓・腎臓への影響
  • エプソムソルトの効果とリスク
  • エプソムソルトの使い方と注意点

この記事が少しでもお役に立てたのなら幸いです。

エプソムソルトは心臓・腎臓に持病があっても使える?

まずはこの記事の結論
「エプソムソルトは心臓や腎臓に持病があっても使えるのか?」
について見ていきましょう。

エプソムソルトについては後述しますが、

化粧品や医薬品などの広い分野で使用されおり
健康な人であれば副作用などのリスクはありません。

しかし、心臓や腎臓に持病がある方だと話が変わってきます。

というのも、

エプソムソルトの成分であるマグネシウムが
入浴によって皮膚から吸収されることが分かっているため

  • マグネシウムの排泄機能が低下してしまっている人
  • 治療としてマグネシウム剤を服用している人

の場合、高マグネシウム血症という症状を
起こしてしまう可能性が高くなるからです。

ということで、

ここからは、心臓や腎臓に持病がある人が
エプソムソルトを使用することで起きる問題を順番に解説していきます。

マグネシウムの過剰による「高マグネシウム血症」とは?

マグネシウムは人体に必須のミネラルで
健康な人であればタンパク質と結合しているか、骨に蓄えられています。

体に蓄えられない余剰分も
70%以上は腎臓を通って尿に、残りも便中に排泄されます。

そのため、問題が起こりにくい成分ではあるのですが

  • マグネシウムを含む薬剤(一部の制酸薬や緩下薬など)を使用している
  • 腎不全患者でマグネシウム塩の投与を受けている

のような方の場合、

マグネシウムの排泄が追い付かないため
過剰症(高マグネシウム血症)となり体に悪影響が起こりえます。

高マグネシウム血症となると、

  • 悪心
  • 嘔吐
  • 口渇
  • 血圧低下
  • 徐脈
  • 皮膚潮紅
  • 筋力低下
  • 傾眠

と言った症状が起こり、さらに重度になると

  • 呼吸抑制
  • 意識障害
  • 不整脈
  • 心停止

を起こし、最悪の場合死亡してしまうこともあります。

まれな病気ではありますが注意が必要です。

エプソムソルト浴によってどの程度マグネシウムが吸収されるの?

エプソムソルトによる入浴によって
皮膚を介してマグネシウムが吸収されていることは
イギリス・バーミンガム大学の研究で明らかになりました。

【皮膚全体での硫酸マグネシウム(エプソム塩)の吸収に関する報告】

24〜64歳19人の健康な人がEpsom塩を混ぜた12分間入浴を毎日行ったところ、血中マグネシウム濃度が上昇した。

引用:マグネシウムデータベース

この研究では19名の被験者のうち3名を除く
すべての被験者が血漿中のマグネシウム濃度の上昇を示したことが分かっています。

3名の血中マグネシウム値が上昇しなかった人の場合は
尿中マグネシウムが大幅に増加していたことが判明しているので、

血中濃度がすでに最適であったために、
皮膚から吸収されたマグネシウムが
腎臓から排泄されたのではないかと考えられています。

では、どの程度エプソムソルト浴によってマグネシウムが吸収されるかというと、

最初の入浴後、平均94.81±44.26 ppm / mlから198.93±97.52ppm / mlになりました

引用:https://www.mgwater.com/transdermal.shtml

と、バーミンガム大学の研究報告にあるので
どの程度吸収されるかは
その人(体調・体格・年齢・性別など)によって変わるものと思われます。

また、厚生労働省の発行する「日本人の食事摂取基準(2020年版)」によると
血清中のマグネシウム濃度は、1.8〜2.3 mg/dL に維持されると記載されているので
健康な人であればマグネシウムが過剰になることはほぼないと考えていいでしょう。

マグネシウムの1日摂取量や過剰摂取による影響は?

マグネシウムは、人が健康に生活するうえで必須のミネラルです。

その一日の摂取推奨量は以下の表のようになっています。

通常の食事では、マグネシウムの過剰障害は報告されていないため、
一般的な耐容上限量は設定されていません。

しかし、サプリメントなどの通常の食品以外からの摂取量
成人で1日に350㎎(小児の場合は1日に体重1㎏あたり5㎎)と設定されています。

もしこの量を超えてマグネシウムを摂取しても
健康な人であれば尿中や便中にマグネシウムを排泄し
血中濃度を一定に保つため過剰症や中毒症状になることはほぼありません。

もし異常が起こったとしても一過性の下痢で収まるはず。

しかし、腎機能が低下している場合には
高マグネシウム血症が生じやすくなり、

  • 血圧低下
  • 吐き気
  • 心電図異常

などの症状が現れるため注意が必要です。(重度になると「心停止」も

心臓に持病がある場合

マグネシウムは血管や神経などの細胞の機能維持に必要不可欠な栄養素であり
血圧を下げる効果心筋梗塞防止に効果があることから
あらゆる心疾患に対して有効であるといわれていています。

そのため、マグネシウムを補えるエプソムソルト浴は
心臓に対しても良い影響があるように思えます。

大量のマグネシウムは心臓によくありません。また、腎臓が悪いとマグネシウムが体にたまりやすいです。そのため、心臓病や腎臓病のある人は、用量に注意するなど慎重に用いるようにします。高齢の人も高マグネシウム血症の発現に注意が必要です。

引用:硫酸マグネシウム

この注意書きについて詳しく調べてみたのですが、
どういうメカニズムで心臓によくないのかはっきりとしたことはわかりません。

ただマグネシウムには心機能を抑制する作用もあるそうなので
心臓に持病をお持ちの方だとプラスよりも
マイナスの作用が強くおきる可能性が高いのかもしれません。

また、

入浴時に血圧が上がったり下がったりする「乱高下」は
お湯の温度が高いほど大きく、心臓に負担となります。

※実際に入浴死の際のお湯の温度を調査した報告では41℃以上での事故が多いとの傾向が明らかになっています。

エプソムソルトは温熱作用が高く、
入浴による血圧の乱高低が起きやすいと考えられるので

心臓に持病をお持ちの方はエプソムソルトの使用に注意するに越したことはないでしょう。

腎臓に持病がある場合

腎臓は一度ダメージを負ってしまうと
自然には回復することはなくどんどん機能が低下していきます。

ダメージが蓄積して腎臓の機能が低下していると、
身体に入ってきた水分や毒素、余剰分の栄養などを
上手く排泄することができなくなります。

そのため腎臓に持病があると、

健康な人では問題とならない成分であっても
蓄積し体に問題となる場合が出てくるため、

エプソムソルトによるマグネシウムであっても
過剰症や中毒(高マグネシウム血症)となる可能性が高くなります。

とは言え、

腎臓の持病があるといっても
その人によってどの程度の腎機能が残っているかは様々。

一般的に慢性に経過するすべての腎臓病を「慢性腎臓病(CKD)」と言い、
そのステージは5段階あります。

画像引用:森下記念病院

管理人は腎臓病の専門医ではないので
どのステージの時にエプソムソルト浴によって
高マグネシウム血症のリスクが高くなるのか判断できませんが、

上記画像にあるステージ3までであれば
エプソムソルトを通常使用しても問題はでないのではないかと考えています。

※心配な方は医師に相談の上、エプソムソルトを使用するようにして下さい。

エプソムソルトを使用するときに注意が必要な人

エプソムソルトによって
高マグネシウム血症が起こったという事例は管理人は知りません。

しかし、十分に注意しておく必要があります。

ここでは、エプソムソルトによって、
少しでも高マグネシウム血症を起こす危険性のある人をまとめておきます。

高マグネシウム血症を起こすリスクのある人
  • 腎臓に持病を持っている人(病気のステージによって変わる)
  • 腎臓に持病を持っていてマグネシウム塩の投与を受けている人
  • 胃痛や胃もたれでマグネシウム製剤(制酸薬)を使用している人
  • 心臓に持病を持っている人(マグネシウムは心機能を抑制する作用があるため)
  • 便秘症でマグネシウム製剤(緩下薬)を服用した人
  • 一度に過剰のエプソムソルトを使用した人

制酸薬や緩下薬を飲んだとしても
時間を空ければ問題は起きないと思いますが、
注意はしておいた方がいいでしょう。

エプソムソルトとは?

エプソムソルトとはバスソルトの1種。
化学式MgSO4であらわされる「硫酸マグネシウム」という
硫酸とマグネシウムの塩(えん)です。

イギリスのロンドン南西にあるサリー州。
その小さな町「エプソム・アンド・ユーエル」で
塩(しお)」のように白い結晶として発見されたため、

その見た目と町の名前から
エプソムのソルト → エプソムソルト」として知られるようになっていきました。

見た目は塩の様ですが、
塩(塩化ナトリウム、NaCl)は全く含まれておらず
金属の錆の原因となることはありません。

また、硫酸マグネシウムは水と反応して発熱するほか
体を温める温浴効果があることがわかっており
冬用の入浴剤の有効成分の一つとしてよく利用されています。

硫酸マグネシウム(エプソムソルト)は人体に対する有害性もないことから、化粧品のみならず医薬品として便秘症、胆石症、低マグネシウム血症、子癇、頻脈性不整脈に対しても用いられています。

エプソムソルトの効果

バスソルトの1種であるエプソムソルトには、

  1. 身体を温める「温熱効果」
  2. 筋肉や神経の緊張を和らげる「リラックス効果」
  3. 肌の古い角質を取り除く「ピーリング効果」
  4. 毛穴の汚れを落とす「スクラブ効果」

などの効果がある他、
エプソムソルトを入れて入浴するだけで
マグネシウムを皮膚から補給できるといわれています。

マグネシウムは体に必要なミネラルの一種であり必須栄養素の1つです。

マグネシウムは300種もの酵素反応に関わっているといわれており、

  • タンパク質の合成
  • 神経伝達の制御
  • 心機能の維持
  • 神経伝達
  • 筋収縮
  • 血圧調節

などで重要な働きをしているのですが、
現代の人はマグネシウムの摂取が不足しがち。

エプソムソルトを使って入浴することで
不足気味のマグネシウムを補えるので
肌の健康維持や髪トラブルの改善し一役買うこともできるそうですよ。

エプソムソルトは白髪や薄毛に効果はある?抜け毛や枝毛にも効果があるか調査エプソムソルトには、髪をサラサラにする効果がありますが、白髪や抜け毛、薄毛などの他の髪トラブルにも効果があるのかについてご紹介します。...

エプソムソルトの危険性や副作用

エプソムソルトは入浴によってさまざまな効果を期待できるのですが
副作用はあるのでしょうか?

結論から言うと、

エプソムソルトを通常量で使用している場合
副作用らしい副作用は発生しません

入浴によって肌から吸収される成分(マグネシウム)も
健康な人であれば尿や便として排泄されるため
中毒になるような危険性もありません。
※腎臓や心臓に持病を持つ方は注意が必要。理由は後述します。

ただ、エプソムソルト(硫酸マグネシウム)は
速効性の「塩類下剤」として用いられる成分でもありますので
経口摂取した場合はお腹を下す可能性があります。

便秘症の場合、硫酸マグネシウム水和物として1回5〜15gを多量の水とともに経口投与する

情報元:日経メディカル

と言っても、通常お風呂で使用する際は、
エプソムソルトの濃度が0.1〜0.2%ほどになるように入れるため
医薬品として使用する場合と比べると濃度は低いです。

そのため、結晶粉末のまま口にしたり
よほど大量にお風呂のお湯を飲まなければ特に問題となることがないでしょう。

とは言え、

生き物である以上、体質などによる個人差があるので
肌に異常を感じたり、動悸や息切れ等を感じたら
使用を注意してお医者さんに相談することをオススメします。

エプソムソルトの使い方と注意点

エプソムソルトは通常、お風呂のお湯に対して
0.1〜0.2%ほどの濃度になるように使用します。

0.2%濃度にする場合

お湯の量エプソムソルトの量
200ℓ400g
180ℓ360g
160ℓ320g

0.1%濃度にする場合

お湯の量エプソムソルトの量
200ℓ200g
180ℓ180g
160ℓ160g

これより濃度を高くした場合も
健康な人であれば特に問題となるような副作用もなく
温熱効果が高まり汗もよく出るのでお好みで調節してもらってダイジョブです。

しかし、コストパフォーマンス的には0.1~0.2%濃度が一番適しているでしょう。

健康な人には問題になりませんが、心臓や腎臓に持病をお持ちの方には問題が起こる可能性が高くなるので注意が必要です。

以下の記事でエプソムソルトの使い方の注意点をまとめていますので
興味のある方はご覧になってみて下さい。

エプソムソルト入浴の注意点!副作用や危険性・肌に刺激が出る理由を調査こんにちは!管理人のクラゲです。 エプソムソルトって、身体を温める温熱効果が高いのに 赤ちゃんにも使えるほど安全性が高い入浴剤と...

エプソムソルトと持病への影響まとめ

ご覧いただきありがとうございました!

エプソムソルトは安全性が高く、温熱作用が高い入浴剤として人気ですが
一部の方には注意が必要なものだとわかりました。

特に、マグネシウム製剤を使用している方や
腎臓に持病をお持ちの方でマグネシウム塩の投与を受けている方は

エプソムソルトを使用する前に
一度、医師に相談をすることをオススメします。

それでは、この記事をご覧いただいたすべての方に
至福のバスタイムを満喫できることを願って、この記事を終わりにいたします。

 

最後までありがとうございました

ブログランキングに参加していますので
良ければ応援よろしくお願いします。

くらげのぷかぷかお風呂漂流記 - にほんブログ村