エプソムソルト

エプソムソルトで肌にピリピリ・チクチクと刺激が出るのはなぜ?かゆくなった時の対処法は?

こんにちは!管理人のクラゲです。

エプソムソルトって使ったことありますか?

赤ちゃんにも使えるほど安全で
美容にもいいと話題の入浴剤なのですが、

エプソムソルトで入浴すると、肌にピリピリとかチクチクした刺激があるのよね~
なんでかしら?

と、人によってエプソムソルトを使うと刺激を感じる方もおられます。

この刺激を感じる人・感じない人の違いはどこにあるのでしょうか。

今回はその点に焦点を絞って、
エプソムソルトてなんで刺激が出るのかについて調査したので
その結果をご紹介していきます。

この記事でわかること
  • エプソムソルトで刺激を感じる理由
  • 刺激を感じたら使用を中止した方がいいのか
  • 刺激を受けて肌がかゆくなった時の対処法

この記事が参考となりましたら幸いです。

エプソムソルトを使ってピリピリ・チクチクするのはなぜ?

管理人のクラゲもエプソムソルトを使うと
結構な確率で肌にピリピリとした刺激を感じるのですが、
この刺激はなぜ起こるのか調査してみました。

エプソムソルトで肌に刺激が出る理由

エプソムソルトは、その成分のほぼ100%を「硫酸マグネシウム」という
無機塩で構成されたバスソルトです。(無機塩類系の入浴剤ともいう。)

硫酸マグネシウムとは医薬品にも使われている成分で
主に、便秘症・胆石症・低マグネシウム血症・子癇・頻脈性不整脈として
経口または注射薬に使用されています。

とは言え、

医薬品として使用する濃度・使用方法と
と入浴剤として使用する濃度・使用方法には大きな差があるので、
副作用として刺激が出たとは考えにくい。

硫酸マグネシウムは、マグネシウム中毒のリスクがあるが、健康な人では問題なく、また、医薬品は10~50%濃度に対し、エプソムソルト浴では0.1~0.2%濃度で使用している。

ということで、さらに調べていると興味深い一文を発見しました。

その一文がこちら

マグネシウムが不足していると塗布した直後にピリピリと刺激を感じることがあります。引用:https://www.365ballet.com/i/massa-oil1

この一文が書かれていたのは、エプソムソルトでなく
塩化マグネシウムを使ったマグネシウムオイルの商品ページなのですが、

エプソムソルトにも塩化マグネシウムと同じく
マグネシウム補給効果があるため
同じことが起こっていると考えられます。

クラゲさん
クラゲさん
管理人はマグネシウム補給効果のある”にがり”や”死海の塩”でも程度の差こそあれ刺激を感じたから、エプソムソルト入浴でピリピリするのはマグネシウム不足が原因である可能性が高いと思っているよ。

マグネシウムは体の中で
300種もの酵素反応に関わっているといわれており、
健康や美容に欠かせないミネラルの一つです。

エプソムソルトのマグネシウム補給効果について
興味のある方は以下の記事をご覧ください。

【アースコンシャス】エプソムソルト効果まとめ!アトピー肌・乾燥肌改善までの期間は?こんにちは!管理人のクラゲです。 こんな疑問解消のために アースコンシャスさんのエプソムソルトを例にお答えします。 ...

刺激が出ると使用を注意した方がいいの?

マグネシウム不足だとエプソムソルトを使うことで
肌にピリピリとした刺激が出ることがわかりました。

では、ピリピリとした刺激が出たときは
すぐに使用を中止した方がいいのかというと、

マグネシウム自体は美容や健康に欠かせないミネラルですので
刺激を感じたからと言ってすぐに使用を中止する必要はありません。

この刺激自体はエプソムソルトを使っているうちに
慣れてしまい気にならなくなります。

ただし、肌に赤みが出たり、耐えられないほどの刺激を感じた場合は
シャワーで洗い流し使用を中止する方がいいでしょう。

エプソムソルトで肌がかゆくなった時の対処法は?

ここからは、エプソムソルト入浴で
かゆみが出たときの対象法をここでご紹介していきます。

ですが、

管理人のクラゲもエプソムソルトで入浴すると
ピリピリ・チクチクとした刺激を感じますが、
かゆみの起こる刺激とは少し違うように思います。

この刺激を受けて痒みが出る人もいますが、
その人はマグネシウム不足と一緒に、肌が弱い可能性があります。

アトピーや乾燥肌・敏感肌の場合、
刺激に弱く、すぐにかゆみの症状として表れやすい傾向にあるので、

その場合は、別途皮膚バリアー機能を改善し、
肌を健康に持っていく必要がることも知っておいてください。

シャワーで身体をすすぐ

エプソムソルトのマグネシウムを吸収する際に起こる刺激で
かゆみが出てしまった場合、

かゆみに耐えられないのでしたら、
シャワーで肌についたエプソムソルトを洗い流してみてください。

エプソムソルト(硫酸マグネシウム)は水に溶けやすい成分ですので
シャワーをかけるだけで、体についた成分は流れ落ちていくでしょう。

そのあと肌を見て、赤みや湿疹などの異常が起きていないのであれば
マグネシウム不足で刺激が起きたのだと考えられるので

特別使用を中止する必要はありません。

一回量を減らし濃度を下げる

エプソムソルトは濃度を高くすればするほど
刺激を感じやすくなるので、

刺激を減らす意味を込めて
一回に使うエプソムソルトの濃度を減らしてみて下さい。

エプソムソルトは、コストパフォーマンスを考えると
0.1~0.2%濃度がベストと言われており、
メーカーもその濃度に則した使用量を記載していますが、

刺激を感じるうちはもっと濃度をさげて使用してもいいでしょう。

エプソムソルトに慣れると刺激やかゆみを感じなくなることも

エプソムソルトの刺激自体は、
マグネシウムが皮膚を通って吸収されるときにおこるため
肌が弱い人やマグネシウムが不足している人ほど刺激を感じやすいです。

そのため、肌が丈夫になったり
食事やサプリメントなどで
十分にマグネシウムを補給できるようになれば刺激を感じにくくなります。

また、入浴中に感じた刺激も、
数分そのまま湯船に浸かっていれば刺激を感じなくなる他、
エプソムソルトを何度も使っているうちに刺激に慣れてくることもあります。

この慣れは

  • マグネシウム補給効果によって身体のマグネシウム量が増えたのか
  • 皮膚が丈夫になったのか
  • ただ単に刺激になれただけなのか

詳細は分かりませんが、
刺激を感じにくくなるのは事実です。

 

特別肌に異常が起きなければ、
刺激を気にせずエプソムソルトを使い続けて大丈夫だと思います。

クラゲさん
クラゲさん
エプソムソルトを使いだした数日はすぐに湯船から上がりたくなるほど刺激を感じていたけど、そのうち刺激が段々と弱くなってきて、今ではほとんど刺激を感じなくなったよ。

エプソムソルトで刺激を感じる理由まとめ

ご覧いただきありがとうございました。

この記事のポイントは以下の通りです。

  • エプソムソルトのマグネシウム補給効果によって肌に刺激を感じることがある
  • 刺激を感じるのはマグネシウム不足の人が多い
  • アトピーや乾燥肌、敏感肌などで肌の弱い人だと刺激で痒みが出ることも
  • 刺激が起きても、肌に赤みなどの異常が起きなければ、エプソムソルトの使用を中止する必要はない
  • かゆみが起きたときは、シャワーを浴びて体についたエプソムソルトを洗い流す。次回以降のエプソムソルト濃度を低くする

エプソムソルトを使って肌に刺激を感じる方は意外と多くおられます。

しかし、エプソムソルト自体は、赤ちゃんでも安心して使用できるほど
安全な成分ですので、すぐに使用を中止せず、濃度を低くしたりして様子を見ることをオススメします。

RELATED POST