エプソムソルト

エプソムソルトは何杯入れる?最適濃度は?付属スプーンの容量も調査

こんにちは!管理人のクラゲです。

美容や健康にいいと話題のエプソムソルトですが
あなたは一回の入浴で付属スプーン何杯分入れますか?

いつも適当に入れちゃってるかな?

という方もおられるでしょうが、

お湯の量に対して、エプソムソルトのを入れる量を考えず
適当に使っていると、
コストパフォーマンスが低下するほか、
十分にエプソムソルトの恩恵を得られない可能性も出てきます。

そこで、この記事では量と濃度に焦点を絞り
エプソムソルトの最適濃度や一回あたりの量をご紹介していきます。

この記事でわかること
  • エプソムソルトの最適濃度
  • エプソムソルトの入れる量
  • 各メーカーの付属スプーンの一杯量

この記事が参考となりましたら幸いです。

一回の入浴で入れるエプソムソルトの量は?付属スプーン何杯分?

まずは、一回の入浴で使用するエプソムソルトの量を見ていきましょう。

エプソムソルトの商品パッケージに記載された
各メーカーの目安量は以下の通りです。

エプソムソルトメーカー一回あたりの目安量
シークリスタルス
(Sea Crystals)
お湯150ℓに対し、150~300gを入れる
(計量スプーン付き)
アースコンシャスお湯150~200ℓに対し、80~120gを入れる
(計量スプーン付き)
グラーストウキョウ (GRASSE TOKYO)お湯200ℓに対し、150gを入れる
ジーピークリエイツお湯200ℓに対し、160gを入れる
ニチガ(NICHIGA)お湯150ℓに対し、150~300gを入れる
リバティライフお湯150ℓに対し、150gを入れる
(計量スプーン付き)
 Sin(シン) お湯150ℓに対し、150gを入れる
アコール お湯150ℓに対し、150gを入れる
(計量スプーン付き)

※硫酸マグネシウム単体のエプソムソルトを販売するメーカーのみを対象をしました。

今回調べたエプソムソルトメーカーでは
入れる量にはそこまで差はありません。

ただ、シークリスタルスとニチガでは
お湯150ℓに対し、最大300gと他のメーカーよりも使用量が多く設定されています。

各エプソムソルトメーカーの付属スプーンの一杯量は?

エプソムソルトを入れる際、
各メーカーから計量スプーンが付属されています。

その計量スプーンのサイズも見ていきましょう。

エプソムソルトメーカー付属の計量スプーンの一杯量
シークリスタルス
(Sea Crystals)
付属計量スプーン一杯:約30gもしくは50g
アースコンシャス付属計量スプーン一杯:約20g
グラーストウキョウ (GRASSE TOKYO)付属計量スプーンなし
ジーピークリエイツ付属計量スプーンなし
ニチガ(NICHIGA)付属計量スプーンなし
リバティライフ付属計量スプーン一杯:約30g
 Sin(シン) 付属計量スプーンなし
アコール 付属計量スプーン一杯:約30g

計量スプーンが付いてくるメーカーもあれば
付いてこないメーカーもあります。

基本的には、大容量で販売されているエプソムソルトには
計量スプーンが付いてくるイメージですね。

エプソムソルトの最適濃度は?

エプソムソルトの商品パッケージに記載された
各メーカーの目安量から計算した濃度は以下の通りです。

エプソムソルト
メーカー
一回あたりの目安量目安量から計算した
エプソムソルト濃度
シークリスタルス
(Sea Crystals)
お湯150ℓに対し、150~300gを入れる
(付属スプーン付き)
0.1~0.2%
アースコンシャスお湯150~200ℓに対し、80~120gを入れる
(付属スプーン付き)
0.04~0.08%
グラーストウキョウ (GRASSE TOKYO)お湯200ℓに対し、150gを入れる0.0075%
ジーピークリエイツお湯200ℓに対し、160gを入れる0.08%
ニチガ(NICHIGA)お湯150ℓに対し、150~300gを入れる0.1~0.2%
リバティライフお湯150ℓに対し、150gを入れる
(付属スプーン付き)
0.0075%
 Sin(シン) お湯150ℓに対し、150gを入れる0.0075%
アコール お湯150ℓに対し、150gを入れる
(付属スプーン付き)
0.0075%

各メーカーの商品パッケージに記載されている目安量から計算した場合
エプソムソルト濃度は最低0.04%最大0.2%となっていました。

では、エプソムソルトの最適濃度はいくつなのでしょうか?

最適濃度と言っても、使う人によって

  • コストパフォーマンス
  • 効果

のどちらを優先するのか違うため「最適」は変わってきます。

ここからは各メーカーに記載されていた情報をもとに
最適なエプソムソルト濃度を紹介していきます。

発汗効果を選ぶなら1%以上の濃度

最適濃度を考えた際、効果を重視するなら
エプソムソルトによる「発汗効果の仕組み」を理解する必要があります。

エプソムソルトによる発汗効果は

  1. ミネラルと皮膚たんぱく質が結合してできる熱放散を抑える「保護膜
  2. 体液とお風呂濃度の差によって生まれる「浸透圧

の2つの作用によって、身体が温まり汗をかくようになるのですが、

1つ目の熱放散を抑える保護膜は濃度関係なくできるのに対し、

浸透圧による発汗効果は、エプソムソルトの濃度が
体の体液濃度(0.9%)を超えたときにしか起こりません。

そのため、

エプソムソルトによる温熱・発汗効果を最大限求める場合
人の体液よりも濃い1%以上になるようにエプソムソルトを溶かすといいでしょう。

ちなみに、お風呂の濃度を1%以上にするには、
一回の入浴でキロ単位が必要となるので
コストパフォーマンスは度外視しなければなりません。

エプソムソルト濃度を1%とする場合

お湯の量エプソムソルト量
150ℓ1.5kg
160ℓ1.6kg
170ℓ1.7kg
180ℓ1.8kg
190ℓ1.9kg
200ℓ2.0kg

※エプソムソルトの分子量等は無視した簡易計算になります。

コストパフォーマンスを選ぶなら0.1~0.2%濃度

エプソムソルトの効果とコストの両方を考えた場合
最適濃度は0.1~0.2%がベストと言われています。

これは、エプソムソルトメーカーであるシークリスタルスに書かれており

ポイントはエプソムソルトの使用量
お湯の量の0.1〜0.2%が最適です。
濃度の高い方が良いのですがコストがかかります。

引用:シークリスタルス

この濃度が良いとする明確な根拠は見つかりませんが

0.1~0.2%濃度であれば、
1回あたりのコストが50円ほどに収まり、体も十分に温まるため
一般の消費者が手の出やすいからではないでしょうか?

エプソムソルトの1回量まとめ

ご覧いただきありがとうございました。

この記事のポイントは以下の通りです。

  • エプソムソルトは0.04%~0.2%となる量が目安量となっている
  • コストパフォーマンスは度外視して、濃度を高くすれば、温熱・発汗効果は上がる
  • コストパフォーマンスを考えれば0.1~0.2%濃度が最適
  • 商品によっては計量スプーン付属してくるが、メーカーによって計量スプーンの一杯量は異なる。

エプソムソルトは、入浴剤の中でもコストの安い部類に入りますが
発汗効果をあげるために濃度を1%以上にしようとした場合
一回あたり500円以上のエプソムソルトを必要とします。

消して手の届かない金額ではありませんが
コストパフォーマンスを考えれば
0.1~0.2%でも十分に体が温まります。

興味のある方は1%濃度になるようにエプソムソルトを使ってみてはいかがですか?

RELATED POST