生活

【セブンカフェ】一部の店舗で販売方法が変更した理由は?全国展開はされるの?

こんにちは!管理人のクラゲです。

セブンカフェの販売方式が変わるとネット上で今話題となっています。

今のところテスト商品とのことですが、
実際にセブンカフェの販売方法の変更は起こりえるのでしょうか?

その理由について考察してみました。

なぜセブンカフェの氷の販売方法が変更した?その理由を考察

コンビニ大手のセブンイレブンで
アイスコーヒー・アイスカフェラテが気軽に購入できるセブンカフェ。

そのセブンカフェの販売方法が変更になっているとネット上で話題となっています。

なんでも、

今まで「氷入りのカップ」で販売されていたものが
氷入りの袋を購入しレジでカップが渡される」という方法だという。

今のところテスト段階とのことで一部の店舗のみだが
2019年時点で目撃情報もあるとのこと。

それが今話題となっているのは、
テスト店舗が増えたことに他ならないのだが

なぜセブンイレブンはセブンカフェの販売方法を変更しにかかっているのでしょうか?

コスト削減?

セブンカフェの販売方法の変更の理由その①は「コスト削減」。

従来通りの氷入りのコップは、
”袋入りの氷”と”コップ”に分けることで
輸送費を抑えることができるのでないかという意見が出ています。

確かに以前のカップ形式だと一度に輸送できる量が少ない一方
輸送する人員が少なくても氷とコップに分ければ一度に多くの量を輸送でき

結果コストの削減にはつながると考えられますね

ですが、
セブンカフェの料金は変わらないと言っているので
どこまでコスト削減できるかは不明です。

店舗(納品)スペースの問題?

セブンカフェの販売方法の変更の理由その②は「店舗(納品)スペースの問題」。

従来のセブンカフェの販売方法は以下のように
アイス製品や冷凍のペットボトル製品と同じ冷凍庫に入れられていました。

しかし、
セブンカフェはアイスや凍ったペットボトル飲料よりも回転率の高いと予想され
さらにスぺースの問題で一度における量も限られると考えることもできます。

テスト段階の「氷+カップ」の方式に変えれば、
氷のみを冷凍庫に置けばいいため販売スペースを確保でき
ほかの製品を並べることも可能となります。

紙コップへの移行テスト?

セブンカフェの販売方法の変更の理由その③は「紙コップへの移行テスト」。

昨今海洋プラスチック問題の観点から
ビニール袋を含むプラスチック容器をやめる動きが出てきています。

その一環として、

プラスチックカップから紙コップもしくは環境にやさしい容器への
変更テストになっているのではないでしょうか?

氷だけ使いたい人のことも考えた結果?

セブンカフェの販売方法の変更の理由その④は「氷だけを購入したい人もターゲットにした結果」。

以前にも話題となったことですが、
コーヒーを入れず氷のみを持って帰るお客さんは意外と多いそうです。

もちろん、
セブンイレブンにはロックアイスが販売されていますが
セブンカフェの氷のほうがちょうどいい大きさとのことで
夏場に大量に購入する方が多いのだそう。

そういったロックアイスじゃなく、
ゴリゴリと食べられるほど良いサイズの氷を求めている人もターゲットに
セブンカフェの販売方法を変更しようと考えているのではないでしょうか?

この形であれば、
袋入りの氷と新品のカップがもらえるので用途は増えそうではありますね。

セブンカフェの販売方法の変更は全国に広まる?

セブンカフェの販売方法の変更はテスト段階とのこと。

セブン-イレブン本部に問い合わせたところ、この「袋入り氷」タイプは現在テスト販売中の商品で、現時点ではまだ全国展開の予定はないそうです。なお、価格についてはカップの場合と同一。同社では普段からさまざまなテスト商品を販売しており、これもその一環とのことでした。

引用:yahooニュース

全国のセブンカフェの販売方法が変更するかは
今回のテストの結果次第ではあるとは思います。

現時点で、セブンカフェの販売方法の変更が確定したという情報はありません。

2019年の段階で目撃情報があり、
その後テスト店舗が増えているのであれば

今年の結果をもとに来年・再来年に実施するのか判断するのではないでしょうか?

ですが、
ネット上を見ても批判の嵐ですので、
セブンイレブン側がお客さんの意見をしっかりときいているなら
全国展開は起こらないとは思います。

セブンカフェの販売方法の変更に否定的な声が多数

ここまででセブンカフェの販売方式の変更理由について考えてきました。

その理由が

  1. コスト削減
  2. 店舗スペースの問題
  3. 紙コップへの移行
  4. 氷のみのを買いたいもターゲットに

の4つです。

どの理由もありえるとは思いますが、
従来の販売方法を変更してまで変える必要があるのかはわかりません。

現にネット上やSNS上では

男性
男性
全然コンビニエンス(便利)じゃない!別のコンビニを利用するようにします

と言った声も少なくありません。

ここで、ネット上でのセブンカフェの販売方法の変更についての意見を見ていきましょう。

SNSでの反応

ビニール袋を有料化したのに、
ビニールを使った製品を増やすのは矛盾しているのではといった意見でしょうか

マイタンブラーも利用できればごみの削減が可能ですし、割引もあればマイタンブラーの利用する方も増えるのではないでしょうか

アイスディスペンサー・・・コップを充てるとクラッシュアイスが出てくるやつ出るかね? 確かに店員さんの手間を考えたらいいのではと思いますが、氷と言ってもブランドがあります。従来通りの透明度の高く水にこだわった氷を提供することはできなくなるのではないでしょうか?

確かに、新しい方法だと「袋を切る→カップに氷を移す」を言った手間が増えるため忙しい方なら敬遠してしまうのは仕方ないですよね。

現職のセブンの店員さんも戸惑っておられますね。

従来のものでも入れ方のわからない方は少なくないようで、店員さんの手間が増えてしまうというのも問題ですね。

【セブンイレブン】アイスコーヒーの氷の販売方法が変更した理由まとめ

ご覧いただきありがとうございます。
話題となっているセブンカフェの販売方法の変更理由について考察した記事でした。

今はまだテスト段階とのことですが、
袋入りの氷とカップという方法に変わったら顧客の数は一定数減りそうですが、
それでもやる意味とは何なのでしょうか?

この記事では、

  1. コスト削減
  2. 店舗スペースの問題
  3. 紙コップへの移行
  4. 氷のみのを買いたいもターゲットに

の4つを理由にあげましたが、
どれか1つというわけでなく
いろいろな理由が合わさった結果

セブンカフェの販売方法の変更という形になったのではないでしょうか?