入浴雑学

半身浴でニキビが増えた!?体をキレイ洗って入浴しても肌が荒れた理由とは?

こんにちは!管理人のクラゲです。

半身浴って
美容に気を遣う女性が良くするイメージの入浴方法ですが

人によっては半身浴をして
顔や体にニキビが増えてしまったなんて人もいるでしょう。

美容のために半身浴をしたのに、背中や顔にニキビが増えちゃった・・・なんでだろ?

肌が荒れてしまったというとは
半身浴のやり方が間違っているのかもしれません。

ニキビが増えてしまった理由を知るために
この記事で「半身浴でニキビができる仕組みと理由・対処法」をご紹介しますね。

この記事でわかること
  • 半身浴でニキビが増えた理由と原因
  • ニキビや肌荒れの起きない半身浴のやり方

この記事が少しでもお役に立てたのなら幸いです。

半身浴でニキビが増えたのは「乾燥肌になってしまったから」

まず半身浴をしてニキビが増えてしまった原因として
考えられるのは以下の3つ。

  1. 水道水が肌に合わない
  2. 入浴剤が肌に合わない
  3. 半身浴をして乾燥肌になってしまった

ニキビができる原因自体は他にもいろいろありますが
半身浴が要因となると、上記3つが主な原因です。

とはいっても、

水道水や入浴剤が原因となる可能性は低く、
原因となっても気づきやすいため、

半身浴でニキビが増えたとき、一番に考えるべきは「肌の乾燥」。

乾燥肌になってしまうと、
ニキビだけでなく、皮膚のつっぱり感、かさつき、粉吹き、かゆみなど
色々な症状が肌に表れてしまうので特に注意しなければいけません。

半身浴をして肌が乾燥してしまう理由と原因、その対処法について
順番にご紹介していきますね。

スポンサーリンク



半身浴で肌が乾燥した理由とその原因

半身浴をしてニキビが増えてしまった時、
その原因として一番に考えられるのが「肌の乾燥」です。

ではなぜ半身浴をしていて
肌が乾燥してしまったのでしょうか?

その理由を考えていきましょう。

さら湯に入っている

さら湯は、入浴剤も入れていない、
事前に誰も入っていない「一番風呂」を指す言葉で

さら湯に入ることでも肌の乾燥が進んでしまいます。

というのも、さら湯はただのお湯であるため

浸透圧の関係で肌を刺激したり、
人の体に必要なミネラルや脂分まで奪ってしまい

肌が敏感だったり
お年寄りやお子さんのように肌が弱い方だと
負担となってしまいます。

特に、入浴後の水分量を
さら湯”と”スキンケア入浴剤”で測定、比較すると
さら湯の方が肌の水分量の減少スピードが速いことが分かっています。

画像引用:バスクリン

上の比較実験の表はバスクリンで行われた入浴実験結果で、

入浴後の肌の乾燥具合を比較検討するものであるため
肌の保湿は行っていないものと思われます。

スキンケア入浴剤を使った方は
入浴後30分経つと入浴前の水分量以下になりますが、

さら湯の場合は
入浴後15分以内に入浴前の水分量以下になることがわかります。

半身浴中に体が乾燥してしまっている

半身浴は全身浴と違い
鳩尾(みぞおち)から上を湯面から出して入浴しているため

季節や浴室温度、浴室湿度によっては
入浴中であっても肌が乾燥してしまうことも考えられます。

特に、半身浴中に汗もかかず
首~肩が肌寒く感じているのなら
半身浴のやり方が間違っているので、やり方を見直す必要があります。

高温のお湯に入浴している

お湯の温度も肌の乾燥に関係してきます。

特に、お風呂温度が42℃を超えてくると

  • 角層内部で水分を保つ働きをする天然保湿成分細胞間脂質の流出
  • 皮膚表面からの水分蒸発を防ぐ皮脂の流出

などの水分保持に関わる皮膚バリアー機能の低下をもたらすため
肌の乾燥が進んでしまいます。

高温のお風呂が好きという方もおられるでしょうが、

42℃以上のお風呂に入る場合は
5分以内の入浴にとどめ
入浴後はすぐに肌を保湿する必要があります。

体を洗い過ぎている

お風呂温度や浴室環境が整い
半身浴のやり方が正しくても

ボディーソープで体を洗いすぎていると
肌の乾燥を招いてしまいます。

ナイロンタオルなど固めのタオルを使ったり
洗浄力の強いボディーソープ・洗顔料であるほど

肌の水分保持に必要となる皮脂を落としすぎ
肌にダメージを与えてしまうため
乾燥肌の原因となりかねません。

特にニキビの原因を勘違いした結果
肌の乾燥と肌荒れの悪循環を起こす人も多いので注意が必要です。

肌荒れと乾燥の悪循環
  1. ニキビができた時、皮脂のせいと勘違い
  2. 洗浄力のつよい洗顔料・ボディーソープを高頻度で使う
  3. 皮脂が落ちすぎてしまい、肌の乾燥が進む
  4. 肌の乾燥を感じ、水分を保持しようと大量の皮脂を分泌するようになる
  5. 肌が油っぽく感じ、毛穴が詰まるようになりニキビが増える
  6. ①に戻る悪循環

ただし、体の表面で皮脂腺の多い
以下の部位は毎日洗っても問題ありません。

  • 頭皮
  • 額・鼻などの「Tゾーン」
  • 体の全面なら「首、ワキ、胸、腹、下腹部、陰部」
  • 体の背面なら「首、ワキ、背骨の周辺」

画像引用:ヘルスUP健康づくり

長い時間お湯につかりすぎている

お風呂温度が適正でも
30分を超える長湯をしてしまえば

  • 角層内部で水分を保つ働きをする天然保湿成分細胞間脂質の流出
  • 皮膚表面からの水分蒸発を防ぐ皮脂の流出

といった肌の水分保持に必要な成分が落ちてしまい

肌がふやけて一時的に刺激に敏感になったり
肌の乾燥を招いてしまうため

長湯した場合も
入浴後すぐに保湿をする必要があります。

髪や体を乾かすのに時間をかけすぎている

入浴後、体や髪を乾燥に時間をかけすぎている場合も
肌にニキビができる原因となります。

特に髪の長い人だと

髪を乾かすのに時間がかかり
生乾きのまま過ごすことも多くなるため
頭皮にニキビができやすいです。

また、

体を乾かさない。自然乾燥に任せているということは
その間、肌の保湿もできていないので肌の乾燥も招いてしまいます。

湯上り後の保湿が不十分

入浴後、化粧水や乳液、ボディークリームなどで
保湿をしたとしても、
それが不十分であれば、ニキビなどの肌荒れを起こしてしまいます。

入浴後は水分保持に必要となる皮脂も落ちてしまっているので
基本的に2度塗りするといいでしょう。

スポンサーリンク



肌の乾燥によってニキビができる仕組み

間違った半身浴によって
肌が乾燥しニキビができるとお伝えしてきましたが、

ニキビができる仕組みについても知っていきましょう。

ニキビとはどんな状態?

まずはニキビとはどんな状態か説明すると、

いわゆる思春期に顔にできるニキビと
年齢関係なく体にできる身体ニキビ(以下、背中ニキビ)は
原因が異なり、

思春期にできやすいニキビは

毛穴に皮脂がたまり
アクネ菌が過剰に増殖し炎症を起こした結果、

出口がふさがり小さく隆起したもので、

「すぐに治ってしまう軽いもの」から
「ニキビ痕として跡を残してしまう重症のもの」まで様々です。

また、大人になると
「吹き出物」と呼び方は変わりますがニキビと違いはありません。

一方、背中ニキビは

背中や首、肩、デコルテ、胸など、身体にできる赤いブツブツで
黄色ブドウ球菌やマラセチア菌が毛穴に入り込み
繁殖することで炎症を起こすことで背中ニキビとなり、

一般的なニキビの治療をしても治らない場合や症状が悪化する場合もあります。

画像引用:くすりと健康の情報局

肌の乾燥とニキビの関係

ニキビと背中ニキビで
原因となる細菌は違いますが、

どちらも「皮脂の過剰分泌」が要因にあります。

画像引用
くすりと健康の情報局(ニキビができる要因)
くすりと健康の情報局(背中ニキビの要因)

ストレスなどにより男性ホルモンの分泌が活発化や、
ステロイド薬の使用、内科系の疾患などにより

皮脂の過剰分泌が起こると
細菌の増殖しやすい環境になるため
ニキビができやすくなるのですが、

入浴による肌の乾燥でも皮脂の過剰分泌は起こってしまいます。

というのも、

長湯や高温のお風呂など間違った入浴をしていくと
身体の水分を保持するのに必要となる
セラミドなどの保湿成分が流出するほか、

皮膚表面からの水分の蒸発を防いでいる
角質層が乱れ、皮脂が不足した状態となります。

角質層や保湿成分が元に戻るまでは時間がかかるため、
その間、身体は水分の流出を何とかしようと
皮脂を過剰に分泌して皮膚表面を覆い、水分の蒸発を防ごうとします。

その結果、

普段は無害なまま皮膚に常在する
マラセチアや黄色ブドウ球菌、アクネ菌などが

過剰な皮脂をエサに毛穴の中で繁殖するため
ニキビができるようになってしまうのです。

【重要】ニキビは好転反応ではない

半身浴をした結果、ニキビが増えたことを
汗から老廃物が排泄されたことによる好転反応」という人もいますが、

医学的に好転反応という言葉は存在せず
科学的根拠もありません。

「治療により一時的に病状が悪化した後、速やかに病気が治ること」
という「瞑眩(めんげん)」という
好転反応に似た意味の漢方用語はありますが、

東洋医学でも西洋医学でも普通使われる言葉ではありません

そのため、

現代医学の中で好転反応という言葉が出てきたら

「症状が悪化した原理がわからない、説明できない」
        ⇓
「間違った治療をしたと思われたくない」
        ⇓
「その場しのぎでごまかすために好転反応という言葉を使う」

というイメージを持った方がいいでしょう。

ですので、

半身浴をしてニキビなど肌荒れが起きたのなら
入浴中や入浴後の行動に
肌の乾燥や肌荒れを起こす原因があったと考えるべきです。

スポンサーリンク



半身浴でニキビができないようにする方法

半身浴をしてニキビができのは
間違った半身浴による「肌の乾燥」が主な原因です。

その肌の乾燥を抑える方法についてみていきましょう。

半身浴のやり方を見直す

まずはお風呂温度や入浴時間など
半身浴のやり方を見直しましょう。

  • 高温のお湯
  • 長湯
  • 入浴中の乾燥

は肌の乾燥を招いてしまうので要注意!

また、半身浴中の上半身の乾燥を防ぐためには

  • お風呂の蓋
  • サウナポンチョ
  • タオル
  • アルミシート

等が効果的です。

詳しくは「半身浴の正しいやり方」の記事で
紹介しているので、そちらをご参考ください。

寒くない半身浴の正しいやり方!適切な入浴時間や温度・消費カロリーを紹介こんにちは!管理人のクラゲです。 日本人には欠かせないお風呂。 一般的にお湯に浸かる入浴は 肩までつかる「全身浴」と み...

全身を洗わない日をつくる

身体は毎日洗うものというイメージがありますが、

きちんとお湯に浸かって入浴するのであれば
汚れは落ちるので毎日体を洗う必要はありません。

そのため、

極端に汗をかいたり、汚れた日は全身を洗い、

それ以外の日は、頭や脇、胸の上、陰部など
皮脂腺の多い部位だけを洗うようにすると
皮膚への負担が減り、肌の乾燥を防ぐことができます。

スキンケア系入浴剤も使う

スキンケア系入浴剤も肌の乾燥を防いでくれるので
ニキビ予防に効果的です。

とは言え、

スキンケア系入浴剤は
入浴後の身体の乾燥を遅らせるだけでなので

入浴中・入浴後の保湿は必ず行ってください。

どんな入浴剤がいいかは以下の記事をご参考下さい。

保湿・スキンケア系入浴剤オススメ10選!潤いを与えて乾燥・かゆみ知らずの肌に こんにちは!管理人のクラゲです。 やっぱり冬に近づくにつれ 空気もお肌も乾燥していきますよね。 お風呂上りは特にお...

入浴後はすぐに体を拭いて保湿をする

半身浴でニキビを増やさないためには
入浴後の保湿が特に重要です。

入浴後の肌の水分量は、
5~15分後にかけて急激に下がり、
15分以降は入浴前より乾燥状態になっていることがわかっているので

最低でもお風呂から上がって15分以内に体の水分をふき取り
化粧水・乳液・ボディークリームなどで、体を保湿するようにしてください。

半身浴とニキビまとめ

ご覧いただきありがとうございます。

この記事のポイントは以下の通り。

  • 半身浴をして体にニキビが増える主な原因は「肌の乾燥による皮脂の過剰分泌」
  • 総合的に肌の乾燥を防ぐことで半身浴をしてもニキビは増えない。
  • 半身浴でニキビを増やさないためには、肌の乾燥を防ぐために「半身浴のやり方」、「入浴後の保湿」、「体を洗わない日を作る」などが有効。
  • 好転反応という言葉は悪化した時の言い訳。

半身浴自体は、体に負担のかからない入浴方法ですが
身体が温まるまで時間がかかるため
ついつい長湯してしまいがちです。

長湯する際は、水分補給のための飲料水を持ち込み
入浴後の保湿は15分以内に行うようにしましょう。

 

最後までありがとうございました

ブログランキングに参加していますので
良ければ応援よろしくお願いします。

くらげのぷかぷかお風呂漂流記 - にほんブログ村