スナネズミ

スナネズミってどんな生き物?寿命やお迎え方法について知ろう!

皆さんはスナネズミという生き物を知っていますか?

最近ではペットショップの小動物コーナーで見かける機会も増えてきましたが、どんな生き物か詳しく知らない方も多いと思います。

そこで今回は、スナネズミの生態や寿命、お迎え方法についてご紹介していきます。

スナネズミとは?

スナネズミはその名前の通り、ネズミ科スナネズミ属に分類されているネズミの仲間です。別名”カラージャービル“や”モンゴリアンジャービル“などとも呼ばれています。

雑食で野生下では虫や木の実などを食べていますが、飼育下ではハムスター用ペレットで代用できます。

野生下では、主にモンゴル人民共和国の砂漠~ステップ気候の乾燥した地帯に生息し、

砂漠に近い環境で生活しているため、暑さをしのぐために巣穴を掘って生活しています。そのため飼育の環境下でも敷材を掘ったり集めたりする姿をよく見かけますよ。

また、群れで暮らす習性があるため、相性が良ければ複数匹で飼育することが可能で、そこがまたスナネズミ飼育の大きな魅力です。

スナネズミの大きさ

スナネズミの大きさは以下の通りです。

体長:10cm~18cm(尾を含む)

体重:60g~100g

個体によって多少のばらつきがありますが、基本的にはシリアン(ゴールデン)ハムスターより少し小さいか同じくらいの大きさで、オス・メスによる大きさの違いはほとんどありません。

スナネズミの平均寿命

スナネズミの平均寿命は35で、マウスやハムスターなどの同じネズミ科の動物と比べれば長生きです。

また、飼育下のスナネズミの20%程度にてんかんを起こす個体がいるといわれており、興奮した時や普段と違う環境になった場合などに発作が起こることがあります。

数秒~数分間でおさまる場合がほとんどで、その場合治療は必要ありませんが、てんかん発作が起こった場合はおさまるまでは触らずに静かな環境でそっとしておきましょう。







スナネズミの性格│ペットとして飼いやすい?

スナネズミはとても飼いやすく、犬や猫よりも手間がかかりません。

そのため生き物を飼ってみたいけれど仕事などで日中は家を留守にしがちな方でもオススメです。

以下は、スナネズミをペットとしておすすめする4つの理由です。

①比較的おとなしい

スナネズミは比較的おとなしいので、嫌なことをしない限り噛みません。

しかし、犬や猫のように自分から触ってほしくて近寄ってくることはなく、触れ合いとしては手からエサやおやつを渡したり、手に乗せたりする程度で、ベタベタしてほしい人には残念ながらオススメできません。

②群れで飼育が可能

スナネズミは群れで飼育することが可能で、相性が良ければ生涯一緒に飼育することが可能です。

性別による相性はなく、同性同士(オスとオス同士)でも同居は可能ですが、相性が悪い場合は殺し合いのケンカをしてしまうため初対面で合わせる場合には注意が必要です。

また、メスとオスで同居してしまうと繁殖してしまうため、繁殖予定がない場合は同性同士での同居をおすすめします。

③カラーバリエーションが豊富

スナネズミはたくさんの毛色があり、10種類以上は毛色が存在します。

野生色であるアグーチから、目が赤くて体が白いアルビノまで、本当にたくさんの毛色があるため見ているだけで楽しめます。

スナネズミをお迎えする手段は?

スナネズミのお迎えを考えている場合、いくつか方法があります。

  1. ペットショップで購入する
  2. イベント(即売会)で購入する
  3. 里親募集で譲り受ける

①ペットショップで購入する場合

一番身近な存在でペットショップで購入する方がほとんどだと思います。

最近ではペットショップでの取り扱いも多く、小動物コーナーが充実しているペットショップでは比較的取り扱っている確率が高いです。

価格は1500円~3000円ほどで売られている場合が多いです。

②イベント(即売会)で購入する場合

スナネズミはエキゾチックアニマルとして扱われることも多く、爬虫類やエキゾチックアニマルのイベント即売会で取り扱われていることも多いです。

しかし、定期的に開催されているもののペットショップのようにいつでも購入できるというわけではないため、すぐにお迎えしたい場合や参加するブリーダーも毎回変わるため、日によっては出会えない場合もあるため注意が必要です。

価格はペットショップよりも安く購入できる場合が多く、珍しい毛色などでなければ1匹あたり1000円~2000円程で購入が可能です。

③里親募集で譲り受ける

最近ではスナネズミを飼育している人も増えてきたため、インターネットなどで里親募集をしていることも多いです。

生体代がかからないのが魅力ですが、自宅近くで募集がない場合は譲渡先まで赴く交通費などがかかってしまいます。

その時の状況などによってお迎え方法のどれがベストか考えて、運命のスナネズミに出会えるといいですね!

まとめ:スナネズミってどんな生き物?

スナネズミの生態やお迎え方法について知ってもらえましたか?

今回の記事のポイントは、

  • スナネズミはモンゴルの乾燥した地域に住むネズミの仲間
  • 雑食でシリアン(ゴールデン)ハムスターくらいの大きさ
  • 寿命は3年~5年
  • ペットとしても飼いやすく、カラーバリエーションが豊富
  • お迎えはペットショップ、イベント(即売会)、里親募集から

でした。

スナネズミは小さな生き物ですが、飼育する場合は1つの命に変わりはありませんので最後まで大切に可愛がってあげてくださいね。