入浴雑学

暑い夏のお風呂上がりは汗で出べたつく!入浴後に快適に過ごせる服装・方法を紹介

こんにちは!管理人のクラゲです

夏のお風呂上りは汗が全然止まらないからもう一度シャワーを浴びたくなっちゃうんだよね・・・汗が出てもがサラサラ快適でいられる服・ひんやりするアイテムってないのかな?

そんな疑問・お悩み解消のために
夏場でもすっきりと快適なお風呂上りになる
服装やクール系アイテムをご紹介していきます。

この記事でわかること
  • 夏のお風呂上り、いつまでも汗が止まらない理由
  • お風呂上りに体を冷やしすぎるのもよくない理由
  • お風呂上りの汗のべたつき・不快感を抑える方法
  • ハッカ油などの清涼系(クール系)アイテムの注意点

お風呂上りの快適アイテムだけを知りたい方は
目次より該当見出しへ飛んでご覧ください。

汗が止まらない夏場のお風呂上りは「吸収速乾のバスローブ」がオススメ

結論から言ってしまうと

夏のお風呂上りは汗が止まらず不快
と感じるなら

オールシーズン使える(もしくは夏用の)吸収速乾のバスローブ

がオススメです。

お風呂上りの汗対策ができる
快適アイテム・方法はいろいろありますが、
使い切りだったり、やり方を理解している必要があります。

それに対し、吸収速乾のバスローブなら使い方は簡単。

お風呂上りに体が濡れたまま羽織って
汗が引くまで着ていればいいだけ。

体を隠してくれるので
汗が止まるまで服や下着をつける必要はなく
汗のべたつきや不快感を感じませんし

その間にドライヤーで髪を乾かせて
少扇風機や冷房にあたっても
体を冷やしすぎることもありません。

また、

オールシーズン使えるバスローブなら
冬場の湯冷め防止にも役立ちますし

入浴中に地震が起きたとしても
バスローブを羽織って着替えを持てば
すぐに避難することもできますよ。

>>>「入浴中の地震避難マニュアル

クラゲさん
クラゲさん
僕はマンバンヘアーができるくらい髪の長い男で悠々自適な一人暮らし。バスローブとヘアターバンをつけてお風呂上りを過ごしているんだけど、汗でべたべたにならないし髪もタオルドライできるから便利なんだ。
フード付きのバスローブならヘアターバン代わりになるのでオススメ。

管理人イチオシのバスローブは
お風呂上りの汗のべたつきを抑える7つの方法
で紹介しています。

スポンサーリンク



暑い夏のお風呂上りは汗が出やすい

ひと夏でも経験したことある人なら
体で理解しているでしょうが、

夏場のお風呂上りは汗が止まりません
それはもうなかなか止まりません。

ここで夏のお風呂上りに
汗が止まらない理由とメカニズムを簡単に解説しますね。

入浴によって交感神経が優位になるほど汗が出る

知っている方も多いと思いますが、

お風呂に入る(湯船に浸かる)と
自律神経が刺激され

お風呂温度で
刺激される自律神経が変わります。

  • 38℃~40℃以下のぬるま湯なら「副交感神経」が優位
  • 42℃以上の熱いお湯なら「交感神経経」が優位

体温調節のための発汗に関わるのが交感神経

お風呂の熱を受け取り体温が上がると
以下の反応が体の中で起こります。

温熱性発汗のメカニズム
  1. 環境温度や深部体温の上昇を知覚神経を通じて、大脳の正中底部にある体温調節中枢「視床下部」が感知
  2. 発汗中枢でもある「視床下部」から交感神経を通じて汗腺へ興奮を伝える
  3. 交感神経の末端から神経伝達物質「アセチルコリン」が分泌される
  4. アセチルコリンが汗腺の受容体に届くと、血管から血漿をくみ取って汗をつくる
  5. 全身の汗腺(エクリン腺)から汗が出る
  6. 水分の蒸発(汗の気化熱)によって熱を奪い、体温を下げる

なぜ42℃以上の熱いお湯だと
交感神経が刺激されるかというと、
脳細胞は42℃を超えると死滅してしまうから。

脳へのダメージは不可逆(回復)しないため
脳内温度が上がりすぎないように
交感神経を刺激して体温を下げようとするのです。

  1. 42℃のお湯は深部体温(37℃前後)よりも5℃ほど高いため血液が温まりやすい
  2. 熱放散のために交感神経を刺激して、心拍数を増加・皮膚血流量を増やす
  3. 熱放散だけで体温上昇が抑えられない⇒脳細胞は42℃を超えると死滅する脳細胞へのダメージ(たんぱく質の編成)を防ぐために、発汗で体温を下げようとする

42℃以上のお湯は汗腺へ興奮を伝える交感神経がより興奮しやすい

そういう理由で

暑いお風呂に入り、体温が上がるほどに
体が体温を下げようと汗が出やすくなるのです。

しかも、

外部温度に左右されにくい深部体温は
汗がでてもすぐに下がるわけではないため
入浴後はしばらく汗が出続けてしまうのです

室温が高いほど汗が出やすく、湿度が高いほど汗が蒸発しにくい

体温が上がれば体は汗をかいて
気化熱によって体温を下げようとします。

しかし、どの程度汗が気化するかは
大気中の気温と水分量(湿度)が関係してくるため、

気温の上昇で空気中に溶け込める水分量は増えるが
空気中に含むことのできる水分量には上限がある(飽和水蒸気量)

画像引用:KoKaNet

気温・室温ともに高く、じめじめした夏場は
汗の気化スピードが遅くなるため

お風呂上りはいつまでたっても
汗が肌に残って不快に感じてしまうのです。

体温調節の汗はすぐに拭きとらないほうがいい場合もある

上の見出しで解説した通り
入浴後に出る汗は体温を下げるために出ています。

なんで体温を下げる必要があるかというと
脳細胞へのダメージを減らし体の機能を低下させないため。

つまり、

入浴後に出る汗は上昇した体温を下げ
体の機能を正常に戻すために必要な汗なのです。

そんな汗は、
脳の「視床下部」にある発汗中枢は
深部体温(血液温度)を検知してコントロールされており、

深部体温は皮膚体温より下がりにくいので

汗をかいたから、汗が不快だからと
すぐに拭いてしまうと

汗を拭かないとべたべたして気持ち悪い

気化熱によって体温を奪うことができず
体温の低下スピードが遅くなってしまうため

入浴後の”ほてり”や”のぼせ”がなかなか取れず
体は体温が下がらないと警告を出して
余計に汗を出すようになってしまうのです。

お風呂上りは常温の飲料を飲んで、
積極的に汗をかいた方が体温を下げやすく、汗も止まりやすくなる

スポンサーリンク



お風呂上りに急激に体を冷やすのもNG

お風呂上りに汗が止まらない時は
冷たいビールやジュースがおいしく
冷房の効いた部屋にいると気持ちよく快適ですが、

お風呂上りに急激に体を冷やすのも注意。

温まった体を急激に冷やしてしまうと
以下のリスクが生まれてしまいます。

  • 入浴による温熱効果が中断され、手足や内臓の血流が悪くなる
  • 手足の血行が悪くなると寝つきが悪くなる
  • 内臓の血流が悪くなるとお腹の調子が悪くなる
  • 冷房で体表が冷えると毛穴が閉じて汗は止まるが、深部体温は高いままなので「のぼせ・熱中症」リスクは依然として残る
  • 外の暑さとの差で自律神経バランスが崩れる

全身のだるさ、頭痛、肩こり、腹痛、下痢、不眠、のぼせ、熱中症など

うちわや扇風機の風であれば

体の表面を空気が流れることで
汗の気化スピードを上げてくれるので
体を冷やしすぎることはありません。

夏場のお風呂上りは
冷たい飲み物や冷房で体を冷やしすぎないようにしましょう。

お風呂上りの汗のべたつき・不快感を抑える7つの方法

ここからは

夏のお風呂上りに汗が止まらずべたついたり
不快感を感じないようにする方法を紹介していきます。

お風呂上りの汗のべたつき・不快感を抑える7つの方法
  1. 38℃くらいぬるめのお湯に入浴
  2. 太く大きい血管ののある場所を冷やす
  3. ドライヤーを冷風にする
  4. 収れん作用のある化粧水・制汗剤を使う
  5. ベビーパウダーを使う
  6. 吸収速乾のバスローブを使う
  7. クール系バスアイテムを使う

※冷房機器については省略。体を冷やしすぎるデメリットもあるので注意。

クラゲさん
クラゲさん
記事冒頭で紹介したけど、僕のオススメは「吸収速乾のバスローブ」を使う方法だよ。ただお風呂上りにバスローブを着て、汗が落ち着くまで過ごすだけでいいから簡単なんだ。

①38℃くらいのぬるいお湯で20分の入浴

お風呂上りに汗をかきたくないなら
38℃くらいのぬるめのお湯につかり
副交感神経が優位になるようにしましょう。

深部体温は37℃前後であるため

38℃くらいのお風呂なら
体温が上がりすぎることはなく

「お風呂上りに汗が止まらない」
ということはなくなりますよ。

体が熱いなら冷やせばいい」と考える人もいるでしょうが、

お風呂で体が温まった後に冷水を浴びてしまうと

体は体温を逃がさないように
皮膚表面の血管が収縮してしまい
逆に体に熱がこもってしまいます。

⇒汗が止まりにくくなる。

かといって、冷水を長く浴びていると
今度は体の冷やしすぎの問題が出てくる

クラゲさん
クラゲさん
熱いお風呂が好きっていう人は次で紹介する方法で汗を止めるといいかも。

②大きく太い血管のある場所を集中的に冷やす

冷水を全身に浴びてしまうと
体は体温を保持しようと皮膚表面の血管が収縮。

逆に体温を閉じ込めてしまい

いつまでたっても血液温度が下がらないので
お風呂から出ても汗は止まらなくなります。

しかし、冷やす場所を太い血管が通る場所に限定すれば

短時間で血液を冷やして
皮膚温度・深部体温を下げて
汗を素早く止めることができますよ

冷やすのに適した太い血管が通る場所

【上半身】

  • こめかみ付近、首元、脇の下、ひじの内側、手首

【下半身】

  • 太ももの付け根、膝裏、足首

※熱中症になったときに冷やす部位と同じ

お風呂上りに冷やすなら
「首元、手首、わきの下」あたりが効果的です。

熱中症対策にもなるので
夏場は保冷剤を冷蔵庫・冷凍庫に冷やして
お風呂上りの汗対策をしましょう。

クラゲさん
クラゲさん
風邪を引いた時に冷却シートを額に張るけど、額には大きな血管は通ってないから、冷やしたとしても体温は下げることはできないから注意してね

③髪を乾かすときドライヤーを冷風にする

髪を乾かすときのドライヤーの熱風・温風も
汗を止まりにくくする原因です。

髪が長く、短時間で髪を乾かせないなら
ドライヤーの冷風を活用しましょう。

ただしこの方法は「髪の短い人向け」

髪が長い人の場合は
冷風では髪の乾燥が遅くなってしまうため

事前によくタオルドライをした後に
髪の根本は「温風」を使って短時間で乾かし
髪の中心~髪の先は「冷風」で乾かすといいでしょう。

クラゲさん
クラゲさん
髪を乾かすのに時間がかかっちゃうけど、温風が頭皮にあたると余計に汗が出てくるからね。

スポンサーリンク



④収れん作用のある化粧水・制汗剤を使う

お風呂から上がった後に出る汗を止めたいなら

毛穴を一時的に引き締めて、
汗や皮脂の分泌を抑制する「収れん作用」のある
化粧品や制汗剤を使うのも一つの手段です。

収れん作用は大きく2つに分類され

  1. 冷水やアルコールで皮膚の温度を一時的に低下させて毛穴を引き締める
  2. アルミニウム、ミョウバンなどの物質と汗のタンパク質が反応してできる凝固物が汗腺をふさいで汗を一時的に止める

どちらも汗を止める効果が期待できますが、

汗を止めてしまうため
スキンケア前につけてしまうと
肌が乾燥してしまうこともあるのでご注意ください。

全身ひんやり!収れん化粧水スプレータイプ
お風呂上りに使いやすいスプレータイプの制汗剤

⑤ベビーパウダーを使う

汗のべたつきやあせも対策などに使われる
ベビーパウダー」もお風呂上りの汗対策に有効です。

ベビーと名が付いていますが

成分がシンプルで肌への負担が少なく
大人用と比べて値段が安いため
大人のスキンケア用品としても人気があります。

商品によって
形状・成分の違い・使い心地は異なりますが、

お風呂上りの汗を止めるために使うのでしたら
以下の基準で選ぶのがおすすめ。

  • 一度に全身に使える「パウダータイプ
  • 乾燥肌なら、吸水性があり肌水分を適度に保つ「コーンスターチ」を主成分とするもの
  • 汗っかきなら、吸水性がなく余分な水分を吸い上げて肌をサラサラに保ってくれる「タルク」を主成分とするもの
  • あせも予防もできる「有効成分入り

成分量が増えるほど価格は高くなる

ベビーパウダーの主成分には
浴物由来のコーンスターチ
鉱物由来のタルクの2種類があり

そのどちらもベビーパウダーに使える安全性と機能性があります。

主成分による違いは「吸水性の有無」。

コーンスターチには吸水性があるので
肌水分を適度に保ってくれますが、

水分を吸収するので
汗量が多いとだまになったり
ぺたぺたすることがあります。

一方、タルクには吸水性はありません

毛細管現象で余分な水分を吸い上げてくれるため
長時間、肌をサラサラの状態に保ってくれます。

タルクとコーンスターチ両方を配合した
薬用ベビーパウダーもありますが、

人によっては肌が乾燥しすぎてしまうので
乾燥肌ならコーンスターチのみのベビーパウダーの方がいいでしょう。

また、

ベビーパウダーには固形タイプもありますが、

お風呂上りの汗対策に全身に使うと考えるなら
パウダータイプの方が便利です。
※持ち運ぶなら固形タイプの方が便利

汗っかきなら「タルク」のベビーパウダー
肌が乾燥気味なら「コーンスターチ」のベビーパウダー
タルクとコーンスターチ配合のベビーパウダー

クラゲさん
クラゲさん
ベビーパウダーの粉が気になるって人には次のバスローブがオススメだよ。

⑥オールシーズン使える「吸収速乾のバスローブ」

お風呂上りの汗対策で管理人イチオシの方法が
汗が落ち着くまで「バスローブ」を着て過ごすやり方。

バスタオルの代わりにバスローブを羽織って
体についた水分を取るだけなので
ほかの汗対策よりも手間がかからず

夏場なら汗対策冬場なら湯冷め防止ができて

しかも、ベビーパウダーや収れんアイテムなどの
消耗品より長く使えるので経済的。

地震などの災害が起きたときにも
着替える必要なくとっさに避難することもできるので大変便利。

>>>「入浴中の地震避難マニュアル

バスローブは一挙両得どころか
一挙四得くらいになる便利アイテムです。

そんなバスローブは以下の基準で選びましょう。

  • 夏も冬も使えるオールシーズン対応のもの
  • 髪の水分も吸い取れるフード付きのもの
    (ヘアタオル・ターバンで代用可能)
  • 肌触りのいいもの
  • 吸収性がよく速乾のもの
  • 家族や他人に見られても大丈夫なデザインのいいもの
  • 汗量が多いなら、乾きが早い「ポリエステル素材」
  • 肌触りを重視するなら、静電気が起きにくい「綿素材」

少なくとも
吸収性がよく速乾で肌触りのいいものがオススメです。

管理人イチオシ!男性向けバスローブ
管理人イチオシ!女性向けバスローブ
髪の長い人にはヘアタオル・ターバン

⑦「入浴剤・ハッカ油など」のクール系バスアイテムもオススメ

お風呂上りの汗の不快感が気になる人には
ハッカ油やクール系入浴剤などのバスアイテムがオススメ。

ハッカ油に含まれるメントールが
冷感を刺激したり、収れん作用があるので
さっぱりとした湯上りにしてくれます。

メントールで感じる冷感は、
実際に体温を下げているわけではないため

熱中症やのぼせを予防することはできないのでご注意ください。

>>>「メントールで冷感を感じる仕組み

クラゲさん
クラゲさん
お風呂上りの汗対策をするなら、ハッカ油やクール系入浴剤でもいいけど、僕がイチオシするのは花王さんの「バブ爽快シャワー」だよ。メントールでひんやり感を出して、サラサラパウダーで汗も乾きやすくしてくれるから、お風呂上りもすっきり爽快。
シャワーで流すボディローションタイプ
シャワーで流すボディジェルタイプ

水分補給もしっかりと!お風呂上りは体を冷やさず上手に汗の不快感を抑えよう

夏のお風呂上りはなかなか汗が止まらず
逆に不快感が増してしまった

せっかくお風呂に入って汗を流したのに汗でべたべたして気持ち悪くなっちゃったよ

そんな経験をしたことがある人もいるでしょう。

そんな時、汗が出るからと体を冷やしすぎるのも
体に悪影響があるので注意

夏のお風呂上りで汗対策をしたいなら
体を冷やしすぎず、上手に汗の不快感を抑えましょう

  1. 汗が出ないようにする:ぬるめのお風呂、収れんアイテム
  2. 汗が出てもすぐに乾くようにする:バスローブ、ベビーパウダー、扇風機

また、

1回のお風呂で800ℓもの水分が
失われるともいわれているので

汗が出る分、水分補給はしっかりとりましょう。

>>>「お風呂での水分補給タイミングと適切な飲み物

暑い夏のお風呂上り対策まとめ

ご覧いただきありがとうございました

この記事のポイントは以下の通りです

  • お風呂上りに出る汗は「体温上昇」「交感神経の興奮」「気温(室温)と湿度」によって出る
  • 温熱性の発汗は血液温度を脳の視床下部が感知することで起こる
  • 出た汗をすぐに拭いてしまうと体温が下がらず、汗は出続ける
  • お風呂上りの汗を止めたいなら「汗が出ないようする」「汗が出てもすぐに蒸発するようにする」
  • 暑いから・汗が出るからと冷房にあたりすぎるものよくない
  • 管理人オススメのお風呂上りの汗対策は「バスローブを着る」こと

これから暑くなるので
今のうちから汗対策アイテムを一つ用意しておき
快適なお風呂上りにしましょう。

関連記事

【8月の季節湯】薄荷(ハッカ)湯のやり方は?効能や危険性・注意点を調査8月の季節湯「薄荷(ハッカ)湯」のやり方や効能、副作用等の危険性・注意点をご紹介しています。...
ハッカ油風呂の適量は何滴?寒くなく涼しい量はどれくらいか体験調査こんにちは!管理人のクラゲです。 うだるような暑さの夏は、 冷やっとした冷感とサッパリとした清涼感のある 「ハッカ油風呂」をす...
お風呂でのぼせるのはなぜ?原因や症状・対処法を解説こんにちは!管理人のクラゲです。 お風呂で”のぼせた”ことってありますか? 自宅の浴槽とは違い、温泉や銭湯は ...
お風呂温度の適温はどのくらい?42℃以上のお湯でどんな影響があるか調査こんにちは!管理人のクラゲです。 お風呂の適温ってご存知ですか? 人それぞれお風呂にも好みがあり 江戸っ子が好...
ABOUT ME
クラゲさん
お風呂・温泉・入浴剤が大好きなクラゲ│ 過去100種を超える入浴剤を体験。│2022年1月「温泉ソムリエ」取得│ ブログ収益を使って温泉巡りの旅を発信するのが目標│Twitterでもお風呂情報を発信しています。興味のある方は→https://twitter.com/kurage_diaryもしくはTwitterアイコンからフォローよろしくお願いします!!