薬湯

【8月の季節湯】薄荷(ハッカ)湯のやり方は?効能や危険性・注意点を調査

こんにちは!管理人のクラゲです。

薄荷(ハッカ)ってご存じですか?

漢方や薬用として利用され
歴史上最も古い栽培植物のひとつに数えられ薄荷は
日本では5世紀頃に中国から伝わり、栽培され始められたそうです。

そんな歴史のある薄荷は
肌に付けるとスーッとした清涼感があるため

蒸し暑い夏を乗り切るアイテムとして
現代でもいろいろな場面で使われています。

今回はそんな薄荷を使った8月の季節湯
「薄荷(ハッカ)湯」についてご紹介していきます。

この記事でわかること
  • 薄荷湯(ハッカ風呂)について
  • ハッカ湯のやり方
  • 手軽にハッカ湯を楽しめる入浴剤やそのアイテム
  • ハッカ湯の効能や危険性
  • ハッカ湯の注意点

この記事が少しでもお役に立てたのなら幸いです。

薄荷(ハッカ)湯とは?

薄荷湯とはその名の通り、
お湯を張ったお風呂に生や乾燥させた「薄荷」を入れて入浴することです。

薄荷には清涼感を生むメントールや
カルボンなどの主成分をはじめ、
100種類以上の成分が含まれており、

品種によって成分の種類や量が異なるため、
それぞれの香りや風味に違いがあります。

代表的な品種で言えば以下の3種があり

品種特徴
クールミント(和種ハッカ)他の品種に比べメントールを多く含んでおり、
苦味と樟脳臭(しょうのうしゅう)があるため
料理には向かず、医薬品やお菓子などに利用される
ペパーミント(セイヨウハッカ)和種ハッカに比べて甘い香りを持ち、刺激的な清涼感があり、多くはガムや歯磨きに利用される
スペアミント(オランダハッカ)甘い香りを持ち、ペパーミントやクールミントに比べて青臭みがあり清涼感が弱いが、料理に多く利用される

薄荷湯にはメントールによって清涼感を出すため
主にクールミントが使用されます。

体を冷やすイメージの強い薄荷ですが、

体の中に入ると、末梢血管を広げ、体を温める保温効果があるため
冷え性(冷房病)にも効果的。

体を温めながらもサッパリ爽快な湯上がりは
夏を乗り切るのにピッタリです。

スポンサーリンク



ハッカ湯のやり方とポイントを解説

ここでは清涼感のある薄荷を使った季節湯
「薄荷(ハッカ)湯」のやり方についてご紹介していきます。

薄荷湯のやり方は以下の3つの方法があり

  1. 生の薄荷を使う方法
  2. 乾燥させた薄荷を使う方法
  3. ハッカ油を使う方法

主にクールミント(和種ハッカ)を使いますが、
手に入らない場合はペパーミントやスペアミントでも代用可能です。

それぞれの薄荷湯のやり方を解説しますね。

※手作りの薄荷湯については、ご自身の責任において行ってください。

スポンサーリンク



生の薄荷(ハッカ)を使う方法

薄荷を栽培しているなど
生の薄荷が手に入る場合は以下の方法で薄荷湯をお試し下さい。

生の薄荷を使った薄荷湯のやり方
  1. 生の薄荷の葉を地上部分から摘み取って水で洗う
  2. 両手いっぱい程度の生の薄荷を布袋やティーバッグに詰める
  3. 薄荷を詰めた袋をボウルなどに入れ、
    2リットル程度の熱湯をかけて15~20分ほど蒸らし抽出液を作る
  4. 袋ごと抽出液をお風呂に入れて、よくかき混ぜる
ポイント

使用する薄荷の種類によって
清涼感を生むメントールの量が変わります。

ペパーミントやスペアミントの場合
メントールの量が少ないので
お好みに合わせて量を増やしてください。

メントールによる冷感は
お風呂温度が関係しており、

お湯の温度が低いほど冷感を感じ
温度が高いほど冷感を感じにくくなります。

ひんやり感を出したいなら38℃ほどのぬるま湯を。
ポカポカとした湯上りにしたいなら40℃ほどの熱めのお湯
にするといいでしょう。

乾燥させた薄荷(ハッカ)を使う方法

栽培した薄荷を乾燥させたものや
薄荷茶を使って代用する場合は以下の方法をお試し下さい。

乾燥薄荷を使った薄荷湯のやり方
  1. 採取した薄荷を水洗いして、風通りのいい所で陰干しする
  2. 乾燥させた薄荷を2つかみ(30g)程度を布袋やティーバッグに詰める
  3. 薄荷を詰めた袋をボウルなどに入れ、
    2リットル程度の熱湯をかけて15~20分ほど蒸らし抽出液を作る
  4. 袋ごと抽出液をお風呂に入れて、よくかき混ぜる
ポイント

一度乾燥させているため、
40℃前後のお風呂のお湯でも成分が溶け出やすいと思いますが
熱湯で抽出することで薄荷の成分がさらにお湯に溶け出ます。

乾燥薄荷を使う場合も
薄荷の種類によってメントールの量が変わりますので
お好みに合わせて使用する量を増減して下さい。

干すのが手間であれば「薄荷茶」で代用することもできます。
その際は、上記と同じ方法でお試し下さい。

メントールによる冷感は
お風呂温度が関係しており、

お湯の温度が低いほど冷感を感じ
温度が高いほど冷感を感じにくくなります。

ひんやり感を出したいなら38℃ほどのぬるま湯を。
ポカポカとした湯上りにしたいなら40℃ほどの熱めのお湯
にするといいでしょう。

薄荷(ハッカ)油を使う方法

一番手っ取り早く薄荷湯をするなら
市販されているハッカ油を使うといいでしょう。

ハッカ油とは、水蒸気蒸留などの方法で
薄荷の成分を高濃度に抽出したもので

お湯に垂らすだけで簡単に薄荷湯を体験することができます。

ただ、入れる量にもよりますが

ハッカ油は揮発しやすいため
お風呂に入れて1~2時間もすると
清涼感のある香りや冷感を感じなくなります。

その時は追加でハッカ油を入れるといいでしょう。

そんなハッカ油を使った薄荷湯の方法は以下の通り。

ハッカ油を使った薄荷湯のやり方

【お風呂のお湯に垂らす場合】

  1. 浴槽に張ったお湯にハッカ油を数滴たらす(5滴程度)
  2. 良くかき混ぜて入浴する

【湯上り時にハッカ油を垂らしたお湯をかける場合】

  1. 湯上り時に、洗面器一杯にお湯を入れる
  2. ハッカ油を1~2滴たらしてかき混ぜる
  3. ハッカ油の入ったお湯を体にかける
ポイント

一回の入浴で使うハッカ油は5滴ほどが適切と言われていますが
お好みに合わせて増減して下さい。

ハッカ油は文字通り、薄荷の成分が詰まった「油」であるため、
そのままお湯に垂らしても油は浮かんでしまいます。

よくかき混ぜず入浴してしまうと
ハッカ油の塊が体の一部についてしまい
その部分だけが強い刺激を受けてしまうので、

ハッカ油を垂らした後は
入浴する前によくかき混ぜるようにして下さい。

メントールによる冷感は
お風呂温度が関係しており、

お湯の温度が低いほど冷感を感じ
温度が高いほど冷感を感じにくくなります。

ひんやり感を出したいなら38℃ほどのぬるま湯を。
ポカポカとした湯上りにしたいなら40℃ほどの熱めのお湯
にするといいでしょう。

以下の記事でハッカ油の適量を調査しているので
興味のある方はご覧下さい。

https://suguruafi.com/appropriate-amount-of-mint-oil-bath/

スポンサーリンク



手軽にハッカ湯を楽しみたいなら入浴剤がオススメ

薄荷を使った薄荷湯が面倒と思うのでしたら
ハッカ油の他に、薄荷を配合した入浴剤もオススメ。

お湯の温度を変えることで、
冷感だけでなく体を温めることもできるので
夏でも冬でも問題なくお使いいただけます。

合成したメントールを使ったクール系入浴剤であれば、お値段も手ごろ。

ちなみに、

お風呂温度やハッカ油量次第で
冬場であってもハッカ油風呂を楽しむことができます。

ハッカ油風呂の適量は何滴?寒くなく涼しい量はどれくらいか体験調査こんにちは!管理人のクラゲです。 うだるような暑さの夏は、 冷やっとした冷感とサッパリとした清涼感のある 「ハッカ油風呂」をす...

ハッカ湯を体験できる温泉施設はある?

自宅でするのもいいけど、薄荷湯を体験できる温泉施設や銭湯はないのかな?

自宅で薄荷湯をするのは簡単。

でも、自宅の狭いお風呂ではなく
銭湯のように広く一味違った薄荷湯を体験してみたいという方もおられると思います。

管理人が少し調べただけでも

  • 【長野県】星野温泉 トンボの湯
  • 【北海道】共栄湯
  • 【東京都】梅の湯 UMENO-YU | あらかわ銭湯
  • 【東京都】大黒湯
  • 【東京都】燕湯
  • 【東京都】豊宏湯
  • 【東京都】松の湯
  • 【東京都】松本湯
  • 【大阪府】桜宮温泉(閉業)

などの多くの温泉施設で薄荷湯をやっていることがわかりました。

中には閉業してしまわれたところもありましたが
お近くの銭湯や温泉施設でもやっている可能性は高いと思われます。

薄荷湯は主に熱くなる8月~9月ごろに
開催されると予想されるので、確認してみてください。

スポンサーリンク



ハッカ湯の効能や危険性

入浴している女性

化粧品や医薬品でも使われる薄荷ですが

薄荷湯として使った時の
効果や副作用等があるのかについても見ていきましょう。

【メリット】成分と効能

まずは、薄荷自体の成分と効能について見ていきしょう。

薄荷はその種類によって成分の量や種類は変わるそうですが
主な成分は以下の通りです。

薄荷の成分・栄養素特徴
脂質人の三大栄養素のひとつ。重要なエネルギー源である他、
ホルモンや細胞膜、核膜を構成したり、皮下脂肪として、
臓器を保護したり、体を寒冷から守ったりする働きがある
炭水化物人の三大栄養素のひとつ。エネルギー源になる「糖質」と、
消化吸収されずエネルギーにならない「食物繊維」とに分かれる。
ミネラル主にナトリウム、カリウム、カルシウム、鉄、マグネシウムを含有。
体内で合成できないため食物として摂る必要があり、
不足した場合は欠乏症、
摂りすぎた場合にも過剰症や中毒を起こし、
さまざまな不調が発生する。
ビタミンビタミンA、ビタミンC、ビタミンB6を含有。
ビタミンのほとんどは体内で合成できないため食物として
摂る必要があり、人が健全に成長し、健康を維持するのに不可欠。
メントール薄荷の主成分の一つ。
TRPM8と呼ばれる受容体活性化チャネルを
メントールが刺激することで冷感が起こる。
カルボンスペアミントやキャラウェイに含む物質で、
精油または化学合成によって得られる。香料として使われる
メントンメントールの次に多い成分。
メントールに似た匂いで清涼感は少ない。
粘液分解作用や抗ウイルス作用を持つ
メントフランペパーミントに含まれる成分。去痰作用を持つ
リモネン主に柑橘類に含まれる香り成分。リラックス効果をもつ
サビネンコショウの辛味の成分の1つ。強壮作用を持つ
ピネン多くの針葉樹に含まれ特有の香り成分。
質のいい睡眠を促すと考えられている。
3‐オクタノール油臭み成分
l-イソメントンメントンが異性化したのも
ピペリトン苦味・青臭みと、葉の老化と共に増加する「含酸素成分」
d-プレゴンペニーロイヤル・コルシカミントなどの主成分で、
ハッカの香りに加え苦味のある風味を持つ。
メンチルアセテートミントの香り成分となる環式モノテルペン
シネオール樟脳に似たさわやかな匂いとすっきりした味を持つ成分で、
炎症や痛みを和らげる作用があるとされる

薄荷湯の効能は、主に清涼感のあるメントールにあります。

メントールには冷感を引き起こす以外に

発汗作用血管拡張作用
のどや鼻にある「線毛」と呼ばれる
毛状の細胞組織の運動を活発にする作用などの効果があり

それによってさまざまな効能が期待できます。

期待できる薄荷湯の効能
  • 冷感の増強
  • 湯冷め防止
  • 発汗効果
  • 夏バテ解消
  • 冷房による冷え性改善
  • 疲労回復
  • リラックス効果によるストレス解消
  • 覚醒効果
  • 冷感による炎症鎮静効果
  • 香りによる線毛の運動を活発にする効果

また、メントールは体に作用すると冷感を感じるようになりますが
実際に体温が下がっているわけではありません。

詳しくは以下の記事で解説していますが、

ハッカ油風呂で寒く感じないのはなぜ?冷感を感じる仕組みから理由と対処法を解説こんにちは!管理人のクラゲです。 ハッカ油を垂らしたお風呂って清涼感のあって 夏場はすごく心地いいですよね。 ですが、使い...

メントールには冷感だけでなく、温感も刺激する作用があり
お風呂環境次第で冷感を感じることなく
発汗入浴剤に負けないくらいの汗をかくことも可能です。

【デメリット】副作用や危険性は?

薄荷湯に使う薄荷に副作用や危険性はあるのでしょうか?

結論を言ってしまえば、

用法容量を守っている間は、
副作用や危険性は「健康な人」にはありません。

※妊婦さんや赤ちゃん、小さいお子さんは注意(理由は後述)

ハッカ油を使いすぎた場合でも
メントールによる冷感は時間が経てば収まるため
基本的には副作用や危険性は無視して大丈夫でしょう。

しかし、

薄荷に含まれる植物成分を代謝できない
完全肉食動物(猫)には少しの量で毒となり
最悪の場合、死亡してしまいます。

犬は雑食であるため少量なら大丈夫かもしれませんが
それでも下痢や嘔吐をしてしまうため

薄荷の成分を高濃度に含む
ハッカ油は特に注意しなければいけません。

ハッカ油を使って薄荷湯として入浴した際、

人の体から普段嗅ぎ慣れない薄荷の香りがしてしまうと
動物はその匂いの元を探しに臭いをかぎに来てしまい
誤って薄荷の成分が付いた人の体をなめてしまうかもしれません。

人以外の家族がいるのでしたら、
薄荷湯やハッカ油の取り扱いには特にご注意ください。

スポンサーリンク



ハッカ湯の注意点

最後に、薄荷湯の入り方、残り湯の使い方の注意点をまとめます。

基本的には、柚子湯のように
食品を使ったお風呂での注意点と同じですが、

人によっては健康リスクもあるので注意してください。

薄荷の入れすぎに注意

薄荷湯に使う薄荷やハッカ油の量が多いと
少しの風(例刺激)で寒い思いをしてしまう他、

肌に直接刺激を生んでしまう可能性があります。

初めて薄荷湯を体験する際は、
使う薄荷の量を少なめにしてお試し下さい。

追い炊きの使用に注意

薄荷湯をした際、
薄荷を入れた袋から何かの拍子で中身が漏れ出てしまうと

薄荷の繊維などが追い炊き機に吸い込まれてしまい
お風呂設備の劣化や汚れを招いてしまうため
追い炊きをする際はご注意ください。

ハッカ油風呂であれば追い炊きをしても問題ありません。

ハッカ油風呂の残り湯で洗濯した時は乾燥機の使用に注意

薄荷湯に含まれるメントールには虫よけ効果もあるため

残り湯で洗濯すれば
爽快な香りと蚊やブヨ、アブなどの虫よけ効果も期待できます。

しかし、ハッカ油を使ったときは少し注意して下さい。

というのも、

ハッカ油は「油」であるため、洗濯物に付着した場合
乾燥器の熱によって火災が起きる可能性があるのです。

↑の動画では、60ccほどのアロマオイルをタオルに付け
洗濯した後に乾燥機にかけています。

油の塊が衣類についた場合、
洗濯用洗剤では取れきれないため
乾燥機の熱で発火してしまうのです。

とは言え、

ハッカ油自体、揮発性の液体ですし
ハッカ油風呂に使うハッカ油の量は少ないため

発火する可能性としては低いと思いますが
万が一に備え、ハッカ油風呂をしたときは乾燥機の使用を避けてください。

妊婦さんはハッカ湯NG

妊婦さんにハッカ油は良くないといわれているため
薄荷湯にも入らない方がいいでしょう。

というのも、

ハッカ油が妊婦さんにNGな理由として
以下の作用によって「流産」を起こす可能性があるためです。

  1. ハッカ油の成分の一つ「メントン」に血圧上昇や神経毒性作用、さらに流産を引き起こすリスクを起こす可能性がある
  2. ハッカ油に月経を促す「通経作用」があり、妊娠中だと流産を起こす可能性がある

他のサイトを見ると、上記の理由のほかに、
「ハッカ油に冷却作用があり妊娠中の体の冷えは良くない」
と書かれていますが、

常識的な使い方をしている分には
ハッカ油に体温を下げる作用はないので
これは無視してもいいでしょう。

また、上記2つの理由についても
どの程度の量の薄荷で妊婦さんリスクとなるか正確なことはわかりません。

無用なリスクを避けるために
妊娠中のハッカ油の利用や薄荷湯への入浴は避けた方がいいでしょう。

赤ちゃんや小さいお子さんもハッカ湯の入浴に注意

植物の薄荷から作る薄荷湯であれば
そこまで作用は強くないと思いますが、

ハッカ油を使用した場合は注意が必要です。

ハッカ油は大人でも肌がかぶれることがある
刺激の強い油ですので

肌がまだ十分に発達していない赤ちゃんやお子さんだと
刺激が強く、肌にダメージとなる可能性が高いため

念のため、薄荷湯には入れない方がいいでしょう。

飼い猫ちゃんがいる場合は要注意

「副作用や危険性は?」の所でも紹介しましたが、

薄荷湯をする際、人以外の家族がいる場合は要注意。

特に猫ちゃんの場合は
少しの薄荷成分が体に入ると、
肝臓で処理できず体の中に蓄積。

ある日突然、具合が悪くなり
最悪の場合、死亡してしまいます。

特に薄荷の成分を高濃度に含んだハッカ油は危険です。

猫ちゃんへのリスクを減らすために

少なくとも薄荷湯をした後はすぐに排水し
メントールの清涼感がなくなるまで
猫ちゃんと触れ合わないようにすることをオススメします。

ちなみに、

アロマオイルも同じ理由で毒となるため
猫ちゃんを含む
人以外の家族はいる方はご注意下さい。

ハッカ湯のやり方まとめ

ご覧いただきありがとうございました。

この記事のポイントは以下の通りです。

  • 8月の季節湯は清涼感のある「薄荷湯」
  • 薄荷湯は、生の薄荷・乾燥薄荷・ハッカ油を使うことで入浴できる
  • 手軽に薄荷湯を楽しみたいなら入浴剤がオススメ
  • 薄荷湯を体験できる銭湯や温泉施設は多い
  • 薄荷湯に入ると清涼感を感じるが、体温は下がらず、体は保温されているため冷え性や疲労回復などに効果的。
  • 薄荷自体に副作用や危険性は人にはないが、犬や猫などの動物には毒となりえる
  • ハッカ油を使って薄荷湯をした場合、残り湯で洗濯できるが、乾燥器の使用には注意

夏のうだるような暑さを乗り切るために
薄荷で清涼感を感じてみませんか?