入浴剤

冷え性・低体温にオススメ入浴剤12選!血流を改善し体の冷えを解消しよう

こんにちは!管理人のクラゲです。

季節問わず起こる体の冷え。

様々な原因によって
血液の流れが悪くなったり、平熱が低くなることで
冷え性や低体温と言った状態になるのですが、

冷え性も低体温も、体を温め血行を良くする「入浴」が効果的。

さらに、入浴剤を使えば
冷え性・低体温解消効果が高まります。

とは言え、

入浴剤にも、体の冷えに適したもの適さないものがあります。

どんな入浴時剤が冷え性や低体温にいいのかしら?

そんな疑問にお答えするために

この記事では
冷え性や低体温の改善に効果的な入浴剤についてご紹介していきます。

この記事でわかること
  • 入浴剤が冷え性や低体温に効果的な理由
  • 冷え性や低体温の改善に効果的な入浴剤の種類
  • 管理人オススメ入浴剤

この記事が少しでもお役に立てたのなら幸いです。

入浴剤が冷え症や低体温に効く理由

入浴剤が冷え性や低体温に対して効果的な理由は、

  • 温熱作用
  • 発汗作用
  • 血管拡張作用

と言った作用を入浴剤で高めることができ、
冷えの原因となる血流の悪化を改善する効果があるためです。

ただし、入浴剤を使ったとしても

体の冷えに適さないものや
お風呂温度や入浴時間も関係してくるので
ただお湯に浸かればいいだけというわけではありません。

体の冷えに効果的な入浴方法については
以下の記事でまとめているので併せてご覧下さい。

冷え性・低体温改善入浴法まとめ!お風呂温度や入浴時間・効果的な入浴剤を解説こんにちは!管理人のクラゲです。 元々の平熱が低かったり 冷房の効いた部屋に長時間いるような人だと 体の冷え性や低体温にお悩み...

冷え性・低体温に効果的な入浴剤の種類

体の冷えは、血管が収縮し血液の流れが悪くなり
温かい血液が流れなくなったため、
季節関係なく体が冷えてしまっている状態です。

そのため、体の冷えに対して効果的な入浴剤というと、

入浴による温熱作用を強化し、血管拡張作用のある
以下の4タイプの入浴剤です。

  1. 炭酸ガス系入浴剤
  2. 薬用植物系入浴剤
  3. 発汗系入浴剤
  4. バスソルト(マグネシウムの含まれたもの)

上記4種の入浴剤の中でも、

医薬部外品(薬用入浴剤)の認可を受け、
その効能に「冷え性」と記載されたものが特にオススメ。

また、

入浴剤タイプで効果の仕組みは変わりますので
興味のある方は以下の記事をご覧下さい。

入浴剤は本当に効果ある?効果の仕組みやリスク・飲んでしまった時の対処法を紹介こんにちは!管理人のクラゲです。 一日の疲れを癒すバスタイム。 読書に音楽に動画視聴にと、 入浴時間を楽しむ人が増えていま...

厳選!冷え性・低体温改善にオススメ入浴剤12選

体を温める効果のある入浴剤であれば
体の冷えに対して効果が期待できるのですが、
数ある入浴剤をすべて紹介することはできません。

そのため、

ここでは冷え性や低体温改善効果が期待できる
温熱作用・血管拡張作用の高い以下の4タイプの入浴剤の中から

種類ごとに3製品。計12製品をご紹介していきます。

  1. 炭酸ガス系入浴剤
  2. 薬用植物系入浴剤
  3. バスソルト(マグネシウムを含むもの)
  4. 発汗系入浴剤

この中からご自身の好みに合わせお選びください。

ちなみに、今回は紹介していませんが、

温泉系入浴剤の場合、

  • 塩化物泉:海水の成分に似た食塩を含む温泉
  • 二酸化炭素泉:炭酸ガスが溶け込み小さな気泡のできる温泉
  • 硫化水素泉:硫化水素ガスの特有な臭いのする温泉

の3泉を真似たものであれば
温泉成分による血管拡張もあるので体の冷えに効果的。

温泉系入浴剤がお好みであれば
上記の3泉の成分を含んでいるものをお選び下さい。

炭酸ガス系入浴剤のオススメ3製品

発生する炭酸ガスの作用によって
温熱効果・血管拡張効果のでる炭酸ガス系入浴剤の中から

  1. BARTH(バース)
  2. フィスホワイト 炭酸入浴剤
  3. きき湯 食塩炭酸湯

の3製品をご紹介します。

①BARTH(バース)

普通の炭酸ガス系入浴剤と異なり、
炭酸が電離してできる重炭酸イオンの発生量を重視した入浴剤がBARTHです。

通常、炭酸ガスが発生するとお湯は酸性に傾くのですが、

BARTHはお湯を中性に保ったまま炭酸ガスを発生させるので
重炭酸イオンの量が多くなるそう。

そうして発生した炭酸ガスや重炭酸イオンが作用することで
温浴効果を高め、血管を拡張する効果が期待できます。

BARTHについて詳しく知りたい方は
以下の記事もご参考にしてください。

【体験レビュー】入浴剤BARTH(バース)がヤバい!口コミ・評判・効果・最安値を解説こんにちは!管理人のクラゲです。 2017年の販売開始から現在まで話題となっている入浴剤BARTH(バース)。 使ったとは泥...

②フィス ホワイト 炭酸入浴剤

AmazonビューティーランキングNo,1を獲得し
シリーズ累計70万個を売り上げた化粧品ブランド
フィス ホワイト」が手がける炭酸ガス系入浴剤です。

お湯に溶かせば乳白色に染まり、
花束をイメージした
エレガントフローラルの香りが浴室に広がります。

③きき湯 食塩炭酸湯

株式会社バスクリンが長年の温泉研究の知見を活かし
症状別に効果的な温泉ミネラルを配合した入浴剤が「きき湯」

  1. 疲労・肩こりに「カルシウム炭酸湯」
  2. 腰痛・肩こりに「マグネシウム炭酸湯」
  3. 肩こり・疲労回復に「カリウム芒硝炭酸湯」
  4. 冷え性・疲労に「食塩炭酸湯」
  5. 肌荒れ・しっしんに「クレイ重曹炭酸湯」
  6. にきび・しっしんに「ミョウバン炭酸湯」
  7. 夏のつらい疲労感に「清涼炭酸湯 ミント&ライムの香り」
  8. 夏のつらい疲労感に「清涼炭酸湯 シトラスの香り」

全8種のきき湯はいずれも温浴効果が高い入浴剤ですが、
特に、きき湯 食塩炭酸湯は体の冷えに対して効果的です。

薬用植物系入浴剤のオススメ3製品

体を温め血管を拡張する作用のある
漢方を配合した薬用植物系入浴剤のうち、

  1. バスクリン薬湯入浴剤 カラダめぐり浴
  2. オリヂナル薬湯 ゆずこしょう
  3. 養生薬湯

の3製品をご紹介します。

①バスクリン薬湯入浴剤 カラダめぐり浴

“生薬と温泉ミネラル”2種類の有効成分により
温浴効果を高め症状を緩和を目的とした入浴剤が「バスクリン薬湯」です。

このシリーズには

  • たまった疲れ、肌荒れに「カラダめぐり浴」
  • 冷え症、肩こりに「じんわり保温感」(旧:じっくり保温浴)
  • 肩こり、疲労、冷え、腰痛に「温感EX」(旧」すっきり発汗浴)

の3種類があり、

バスクリン薬湯入浴剤 カラダめぐり浴は
有効成分である「硫酸ナトリウム」・センキュウ」・「トウキ」に
13種の植物成分を配合することで

温浴効果を高め、湯上り後も湯冷めしないため
冷え性や血の巡りの悪化からくる症状に対して効果的です。

②オリヂナル薬湯 ゆずこしょう

手荒れや美容のお悩みをサポートする
オリヂナル株式会社が手掛ける入浴剤が「オリヂナル薬湯」です。

全5種ある入浴剤の内、
体の冷えに効果的なのが以下の2製品。

  • オリヂナル薬湯 ゆずこしょう
  • オリヂナル薬湯 しょうが

個人的に、入浴剤としては珍しい柚子胡椒の香りのする
「オリヂナル薬湯 ゆずこしょう」がイチ押しです。

③養生薬湯 

養生薬湯 漢方の製薬会社が独自に開発した薬用入浴剤です。

  • トウキ
  • センキュウ
  • チンピ
  • ボウイ
  • ガイヨウ
  • サンシシ

という、厳選した生薬6種のみで作られ
全てが有効成分となりるので、体の芯からポカポカと温まります。

バスソルトのオススメ3製品

バスソルトの場合、温熱効果は高いのですが、
血管拡張作用が高いもの低いものに分かれます。

ここでは、血管を弛緩させ広げる作用のある
マグネシウムを多く含むバスソルトの内、

  1. DAY TWO EpsomSalt
  2. 死海の塩
  3. ミネラルバスパウダー

の3製品をご紹介します。

①DAY TWO EpsomSalt

エプソムソルト自体はいろいろなメーカーで販売されているのですが、

このDAY TWO EpsomSalt をオススメする理由は、

様々な香りがあり、
公式サイトで「生活習慣に関する10の質問」に答えると、
その人に合わせたパーソナライズ入浴剤を教えてくれる点にあります。

公式サイトで診断をしなくても
Amazonや楽天市場と言った通販サイトで「既定の香り」のものが購入できますが、

ご自分のストレス状態を把握するためにも、
一度、DAY TWO EpsomSaltの公式サイトで診断をしてみてはいかがですか?

②死海の塩

死海の塩は
中東にある塩湖「死海」で採取されるミネラルの結晶です。

海水から生成される塩よりも
マグネシウム、カルシウム、ナトリウムなどの天然ミネラルが豊富で
海水の約30倍ほど含まれているそう。

豊富に含まれるミネラルをお湯に溶かせば
熱の放散を防ぐ保護膜を作り、
血管を拡張するため、体の冷えに効果が期待できます。

③ミネラルバスパウダー

シーボディが展開するボディケアブランド
「イルコルポシリーズ」の入浴剤がミネラルバスパウダーです。

ギネスで認定されるほど、
ミネラル含有量の多い雪塩を配合することで
サウナ級の発汗効果を実現。

一度の入浴で1kg以上の汗をかくことも可能です。

通常、ミネラルバスパウダーは海をイメージした「タラソの香り」ですが、
さらに5種類の香りのアロマコレクションがあります。

  • 世界バラ会議で殿堂入りを果たした「ローズドゥフトボルゲの香り
  • 花の精油の王と呼ばれる「ジャスミンの香り
  • 懐かしく和らかな「ゆずの香り
  • 心落ち着く「ヒノキの香り
  • ハーブの女王と呼ばれる「ラベンダーの香り

効果自体に差はないので
ご自身の好みの香りを選ぶといいでしょう。

ミネラルバスパウダーについて
体験したことをまとめた記事もあるのでご参考にどうぞ。

発汗系入浴剤のオススメ3製品

効果の仕組みから7種類の入浴剤があり
その中で特に発汗効果を高めたものを「発汗系入浴剤」と呼びます。

発汗系入浴剤は汗をかくために、

温熱作用を高めるだけでなく血液から汗が作り出せるよう
血管を拡張する作用もあるので、体の冷えに効果的です。

そんな発汗系入浴剤の中から

  1. きき湯ファインヒート ホットシトラス
  2. バスクリン薬湯入浴剤 温感EX
  3. アユーラ (AYURA) 薬用ハーバルホットスパ

の3製品をご紹介します。

①きき湯ファインヒート スマートモデル ホットシトラス

現代人が抱える症状や悩みに着目し、
健康増進をサポートする目的で作られる入浴剤が
「きき湯ファインヒート」シリーズ。

通常のきき湯に

  • 高濃度炭酸ガス
  • 温泉ミネラル
  • ジンジャー末

を加えることで、
温浴効果の高い入浴剤となっています。

きき湯ファインヒートシリーズは

  1. スマートモデル ホットシトラス
  2. リセットナイト リラックス&樹木の香り
  3. グレープフルーツの香り
  4. レモングラスの香り

の全4種があり、どれも体を温める効果は高いのですが、

その中でも「きき湯ファインヒート スマートモデル ホットシトラス」は
炭酸ガスや温泉ミネラルの他に
ジンジャー末やトウガラシエキスを配合しているため
冷え性やだるい疲れに効果的です。

②バスクリン薬湯入浴剤 温感EX

バスクリン薬湯は“生薬と温泉ミネラル”の2種類の有効成分により
温浴効果を高め、症状を緩和する目的で開発された入浴剤です。

このバスクリン薬湯シリーズは全3種あり、

  • たまった疲れ、肌荒れに「カラダめぐり浴」
  • 冷え症、肩こりに「じんわり保温感」(旧:じっくり保温浴)
  • 肩こり、疲労、冷え、腰痛に「温感EX」(旧」すっきり発汗浴)

シリーズをとおして

  • センキュウ末
  • トウキ末
  • 乾燥硫酸ナトリウム

の3つの成分が有効成分となっているのですが、

温感EXは、さらに硫酸マグネシウムをプラスすることで、
温浴効果・発汗効果を高め、
体の冷えや血の巡りからくる症状に対して効果が期待できます。

アユーラ (AYURA) 薬用ハーバルホットスパ

肌・からだ・心のつながりに目を向け、
全身を美しく整える化粧品ブランド「アユーラ」が手掛ける入浴剤の一つが
アユーラ (AYURA) 薬用ハーバルホットスパです。

ショウキョウ、カンゾウ、トウガラシ末、ガイヨウと言った
生薬を配合することで、

お湯に溶けだした生薬成分が
一日の疲労やコリ、体の冷えを改善してくれます。

冷え性・低体温解消入浴剤まとめ

ご覧いただきありがとうございました。

この記事のポイントは以下の通りです。

  • 体の冷えを解消するには、体を温め血行を良くする入浴が効果的。
  • 入浴効果を高める入浴剤は、冷え性や低体温改善に効果的。
  • 体の冷えには、血管拡張作用のある炭酸ガス系、薬用植物系、マグネシウムの含まれたバスソルト、発汗系入浴剤がオススメ。

体の冷えは、原因を取り除かないと再発する可能性が高いですが

入浴剤をつかってお風呂に入れば
体を効率よく温め、血行を改善してくれるので
体の冷えからくる症状の改善に期待できます。

と言っても、

一度や二度で改善できるわけではないので
好みの香りで長く使い続けられる入浴剤をお求めください。

 

最後までありがとうございました

ブログランキングに参加していますので
良ければ応援よろしくお願いします。

くらげのぷかぷかお風呂漂流記 - にほんブログ村