入浴剤

入浴剤・バスソルト・エプソムソルトの違いは?混ぜて使うことも可能?効果はどうなる?

こんにちは!管理人のクラゲです。

毎日のバスタイムに、いろんな色・香り・効能の入浴剤を使っているのですが、
ふと疑問に感じたことありませんか?

クラゲさん
クラゲさん
入浴剤にもいろいろあるけど、入浴剤・バスソルト・エプソムソルトってどんな違いがあるんだろう?

って。

いままで入浴剤の違いは気にしたことなかったけど
一度気になりだすと納得できるまで調べないと
気が済まないのは管理人だけじゃないはず・・・

そんな疑問に答えるために
入浴剤についての違いについて調べてみたのでこの記事で紹介していきます。

この記事があなたの疑問の解決に一役立てたのなら幸いです。

入浴剤・バスソルト・エプソムソルトの違いは?

一口に入浴剤といっても
含まれている成分や目的とする効果効能によって
大きく以下の7種類に分類されます

  1. 無機塩類系入浴剤
  2. 炭酸ガス系入浴剤
  3. 薬用植物系入浴剤
  4. 酵素系入浴剤
  5. 清涼系(クール系)入浴剤
  6. スキンケア系入浴剤
  7. 複合系入浴剤

では、バスソルトやエプソムソルトとはどんな違いがあるのでしょうか?

ここからは名称や効果効能、価格や使い方など
その違いを順番に紹介紹介していきます。

名称の違い

まず初めに名称の違いについてみていきましょう。

入浴剤・バスソルト・エプソムソルトがそれぞれどんなものか
簡単に説明すると、

  • 入浴剤:入浴の際、効果効能を期待してお風呂のお湯に入れるもの。天然の温泉による病気やけがの治療・健康保持増進といった効果を、温泉地に行かなくても自宅のお風呂場で気軽に体験できないかという考えから開発された。
  • バスソルト:入浴剤の1種。塩化ナトリウム(塩)などの水溶性鉱物などから作られており、「天然塩を成分とするもの」と「硫酸マグネシウムを成分とするもの」の2種類に分けられる。
  • エプソムソルト硫酸マグネシウムを主成分とするバスソルトの1種。イギリスのロンドン南西にあるサリー州にある「エプソム」という町で、塩のような白い結晶として見つかったことから「エプソムソルト」という名前が付けられた。

以上のことから、
以下の図のように「入浴剤 バスソルトエプソムソルト」の関係になります。

バスソルトもエプソムソルトも”入浴剤”ですし
エプソムソルトを”バスソルト”といっても間違いではありません。

もっと言うと、
バスソルトやエプソムソルトの成分は「無機塩類」と呼ばれる
金属イオンと無機陰イオンからできた塩(ミネラル)ですので

無機塩類系の入浴剤の1種に
バスソルトとエプソムソルトが含まれているということになります。

効果効能の違い

次に効果効能の違いについてみていきましょう

前述したとおり、入浴剤は大きく7種に分類され
その効果効能は含まれている成分によって異なり、

配合されている成分としては、以下の表にまとめてあるように
大きく8種類に分類されます。

分類配合目的主な成分
①無機塩類入浴による「温熱効果・清浄効果」を高めるほか、お湯を軟らかくするため。炭酸ナトリウム、炭酸カルシウム、炭酸水素ナトリウム(重曹)、セスキ炭酸ナトリウム、塩化ナトリウム(食塩)、塩化カリウム、硫酸ナトリウム(芒硝)、硫酸マグネシウム(エプソムソルト))、メタケイ酸ナトリウムなど
②生薬類入浴による「温熱効果」を高める。ウイキョウ、オウゴン、オウバク、カミツレ、コウボク、米発酵エキス、ジュウヤク、ショウブ、センキュウ、チンピ、トウキ、トウヒ、トウガラシ、ニンジン、ユズ、ヨモギ、ボウフウ、ハッカ葉、ショウキョウ、甘草、ケイヒなど
③酵素類皮膚を清浄にするため。パパイン、パンクレアチン、蛋白質分解酵素など
④有機酸類重曹等の炭酸塩と組み合せてお湯のpHを調整し、炭酸ガスを発生させるため。コハク酸、フマル酸、リンゴ酸、クエン酸、マレイン酸、酒石酸、乳酸など
⑤保湿剤(油成分を含む)肌をしっとりさせるため。液状ラノリン、ホホバ油、グリセリン、カゼイン、ステアリルアルコール、オリーブ油、大豆油、流動パラフィン、白色ワセリン、プロピレングリコール、脱脂粉乳、スクワラン、ハチミツ、ポリエチレングリコール、コメ胚芽油など
⑥着色剤お湯に色をつけるため。リボフラビン(ビタミンB2)、カロチン、クロロフィル、色素[黄色202号-(1)、黄色4号、青色1号、緑色201号、緑色204号]など
⑦香料香り付けのため。オレンジ油、レモン油、ジャスミン油、ゆず油、シトラスなどの天然精油や合成香料
⑧その他上記①~⑦以外の目的無水ケイ酸、カンフル、サリチル酸メチル、テレビン油、メントール、デキストリン、酸化チタン、など

バスソルトやエプソムソルトの主成分である無機塩類は
塩類が皮膚の表面の蛋白質と結合して膜を形成し、
この膜が身体の熱の放散を防ぐため
主に「温熱効果」を高める無機塩類系入浴剤として使用されます。

一方、入浴剤はというと

  • 無機塩類以外の成分(生薬)を使用して温熱効果を高める「薬用植物系入浴剤」
  • 肌の乾燥などのトラブル防止を目的とした「スキンケア入浴剤」
  • たんぱく分解酵素による皮膚の清浄効果を目的とした「酵素系入浴剤」
  • メントールやハッカ油を入れることで清涼感を得る「クール系入浴剤」
  • 炭酸ガスの血管拡張作用を利用した「炭酸ガス系入浴剤」
  • 複数の効果効能を期待していろいろ成分を配合した「複合系入浴剤」

といった、目的や効果に合わせた様々な入浴剤が存在します。

価格の違い

ここでは価格.comさんを参考に違いを見ていきます。

入浴剤の種類価格(目安)
無機塩類系入浴剤
  1. バスソルト:クナイプ(850g/17~21回分)
  2. エプソムソルト:アースコンシャス(10kg/100回分)
  1. 1867円~
  2. 3850円
炭酸ガス系入浴剤
  1. バブ(9錠/9回分)
  2. Barth(9錠/3回分)
  1. 800円
  2. 950円
薬用植物系入浴剤
  1. 百薬湯(300g/10回分)
  2. マツダ浴精(300g/15回分)
  1. 3850円
  2. 1609円
酵素系入浴剤
  1. ガールセン 碧の雫(960g/48回分)
  2. ビコーゲン(400g/20回分)
  1. 5280円
  2. 1540円
清涼系(クール系)入浴剤
  1. きき湯 ミントの香り(360g/12回分)
  2. バスクリン クール(600g/20~30回分)
  1. 1110円
  2. 1610円
スキンケア系入浴剤
  1. エモリカ(450ml/15回分)
  2. ソフレ(720ml/12回分)
  1. 610円~
  2. 899円~
複合系入浴剤
  1. バブ クール(12錠/12回分)
  1. 399円~

※価格は2021年4月現在のもの
※あくまで目安です。配合成分やブランド等によって同じ入浴剤の種類でも価格は変動します。

上記の表でわかる価格の違いはというと、
商品によりますが、一回100円前後と価格にそこまで大きな差はありません。

ただし、薬用植物系入浴剤など、
配合成分が多かったり製造の手間やコストがかかる場合は
価格が高くなり、一回量が20~30gと全体量も少なめです

一方、バスソルトやエプソムソルトといった
無機塩類系の入浴剤はというと、

一回の使用量が多いが大容量で価格が安い」という特徴があり、
大容量で購入するほどランニングコスト安くなる傾向にあります。

これは、主成分である無機塩類の製造コストが安く
光量や着色料、保湿成分といった他の成分が含まれていないことで
価格が安く抑えられているのでしょう。

使い方の違い

使い方による違いも見ていきましょう。

とはいっても、
基本的な使い方は入浴剤もバスソルトもエプソムソルトも変わらず

浴槽のお湯200Lを目安に一回量を溶かす

だけです。

ただし、含まれている成分によっては
風呂釜を痛めたり
浴槽に汚れが付着しやすいといった傾向があり
掃除や機器のメンテナンスの手間がかかります

特に温泉成分の一つの「硫黄」や
バスソルトの「塩化ナトリウム(塩)」は

24時間風呂やエコキュートといった
風呂釜や追い炊き機の配管を劣化(腐食)させてしまうので
使用する際に注意が必要。

ただ、バスソルトの1種ですがエプソムソルト(硫酸マグネシウム)は
機器の配管を腐食するような成分ではないので
問題なく追い炊き等を行うことができます。

また、使い方として

バスソルトやエプソムソルトは
香料や着色料が含まれていないことが多いため

自身でエッセンシャルオイルやほかの入浴剤と混ぜるて
好みの香りや色、効果をプラスしたバスカクテル(カクテルバス)を作ることができます。

法律による違い

バスソルトもエプソムソルトも入浴剤の一つなので
法律上は「入浴剤」として扱われます。

そして入浴剤は『医薬品医療機器等法』(旧薬事法)により規制されており、
その使用目的や成分等により

  1. 化粧品(浴用化粧類)
  2. 医薬部外品

2つに分類されます。

このうち化粧品に分類される入浴剤は
医薬品医療機器等法(第2条第3項)によって

  • (よごれをおとすことにより)皮膚を清浄にする
  • 皮膚をすこやかに保つ
  • 皮膚にうるおいを与える

等の化粧品の効能の範囲に限定された効能しか表示することができません。

一方、医薬部外品に分類される入浴剤は
医薬品医療機器等法(第2条第2項)によって

あせも・荒れ性・うちみ(打ち身)・肩のこり(肩の凝り)・くじき・神経痛・しっしん(湿しん)・しもやけ・痔・冷え症・腰痛・リウマチ・疲労回復・ひび・あかぎれ・産前産後の冷え症・にきび

の範囲と効能が決まっており、

さらに配合成分によっては

いんきん・たむし・水虫・ひぜん・かいせん

の効能も認められています。

ただし、こういった効果効能を表示するには
商品ごとに製造前に事前に届け出や申請が必要で

化粧品としてなら「化粧品製造販売業許可」が、
医薬部外品なら「医薬部外品製造販売業許可」が必要となります。

入浴剤・バスソルト・エプソムソルトは混ぜても大丈夫?メリットやデメリットは?

女性
女性
肌にいいと評判の入浴剤だけど、香りが好きじゃないからほかの入浴剤を混ぜているの。
男性
男性
発汗目的だけど無色透明だから入浴剤を入れた気がしないから、色を付けるためにほかの入浴剤を混ぜてる。

と、自分の好みの効果・香り・色とするために
「入浴剤を混ぜる」という方法をとっている方もおられるでしょう。

こういった複数種類の入浴剤やバスソルト、エプソムソルトを
混ぜて使用しても大丈夫かというと、

例えば、「クール系の入浴剤×発汗系の入浴剤」
といった目的が反対の入浴剤のように
入浴剤の種類と配合されている成分によっては混ぜるのを避けたほうがいいですが、

メリット・デメリットを把握の上でなら入浴剤を混ぜても大丈夫だと考えます。

ここで、入浴剤を混ぜることによるメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット①「効果をプラスできる」

入浴剤を混ぜることのメリットその①は「効果をプラスできる」です。

例えば、無機塩類系入浴剤×スキンケア系入浴剤なら
スキンケア系入浴剤単体よりも体が温まり
さらに肌の乾燥を防ぐことが可能なので混ぜて使用する価値があるでしょう。

後述するデメリットもありますが

配合成分の少ないエプソムソルトのような
無機塩類系入浴剤をベースにほかの入浴剤を混ぜるなら
デメリットも少ないためオススメです。

メリット②「香りをプラスできる」

入浴剤を混ぜることのメリットその②は「香りをプラスできる」です。

バスソルトやエプソムソルトの中には
香り付きのものもありますが、その多くは無香料

香りがことで「入浴剤を使っている気分になれない
といった声も少なくないため
余っている入浴剤を混ぜることで好みの香りに調節することができます。

ただし、複数の香り付きの入浴剤を混ぜてしまうと
”香りの爆弾”になってしまうので
無香料の入浴剤をベースに混ぜるとしても1つ、
多くても2つにしておくのがいいでしょう。

ほかにもエッセンシャルオイルを数滴たらすことでも
香りをプラスすることも可能です。

メリット③「お湯に色を付けられる」

入浴剤を混ぜることのメリットその③は「お湯に色を付けられる」です。

こちらも、香りと同じく
入浴剤を溶かしてもお湯が無色透明のままだと
「入浴剤を使っている気分になれない」という声があるため
ほかの入浴剤を混ぜて色を付けられるというメリットがあります。

ただし後述するデメリット「特性や効果が低下する可能性がある」もあるので

色を追加するだけなら
食用色素をお湯に溶かすほうがいいかもしれません。

デメリット①「特性や効果が低下する可能性がある」

入浴剤を混ぜることのデメリットその①は「特性や効果が低下する可能性がある」です。

これは入浴剤メーカーであるバスクリンさんのQ&Aでも伝えられている内容で
複数の入浴剤を混ぜると、特性や効果が低下する可能性が出てきます。

入浴剤を2種類混ぜても大丈夫ですか?

異なった入浴剤を混ぜることはお避けください。
身体に害を及ぼすようなことはありませんが、各々の入浴剤の特性を損ねたり、また効能効果が低下するなどのおそれがあります。混ぜてご使用されることはお避けください。

引用:バスクリン

基本的に入浴剤はメーカーごとに単体で使用することを想定して作られているため
ほかの入浴剤と混ぜてどんな効果が起こるのか把握しているわけではありません。

人体に対して強い害が起こるとは考えにくいですが、
アレルギー持ちの方や肌が弱い方には刺激となることも考えられるので
心配な方は入浴剤の複数使用はやめたほうがいいでしょう。

特に薬用系の入浴剤同士は避けたほうが無難です。

もし入浴剤を混ぜて使用するとしても
エプソムソルトやバスソルトといった
配合成分が極力少ないものをベースに

プラスしたい特性(効果・色・香り)のある入浴剤を1つだけ。
多くても2つにしておきましょう。

デメリット②「追い炊き等の使用条件が変わる」

入浴剤を混ぜることのデメリットその②は「追い炊き等の使用条件が変わる」です。

例えば、エプソムソルトの場合

硫酸マグネシウムという成分ですので
配管等の劣化の原因にも汚れの原因にもならないため
問題なく追い炊きを行うことができます。

しかし、塩化ナトリウム(塩)を主成分とするバスソルトの場合

塩は金属製の配管を劣化させてしまうため
基本的に追い炊きはNG

濁り湯などの着色料や香料、保湿成分等が多く含まれている入浴剤
配管に入ってしまうと成分が沈着し
機器の劣化を招いてしまうため追い炊きや沸かしなおしはNGです。

さらに、温泉成分を含む入浴剤には
金属を腐食させてしまう「硫黄」が含まれていることもあるので
こちらも追い炊きや沸かしなおしはNG。

そのため商品に書かれている使用上の注意で
追い炊きを避けるように書かれているのなら従ったほうがいいでしょう。

もし、間違えて追い炊きや沸かしなおしをしてしまったのなら
できるだけ速やかに排水をして浴槽内や配管の洗浄をしてください。

こういった理由で
入浴剤を混ぜる場合は使用条件が変わることを念頭に置いておきましょう。

デメリット③「掃除の手間が増える」

入浴剤を混ぜることのデメリットその③は「掃除の手間が増える」です。

例えば、エプソムソルトの場合

香料も着色料も保湿成分も含まれていないため
浴槽につく汚れは皮脂や水垢、湯垢なので
一般的なお風呂掃除用の洗剤だけで落とすことができます。

しかし、着色料や香料、保湿成分などが含まれる入浴剤を混ぜてしまうと

そういった成分がこびりついて
浴槽に汚れや色移りを起こすため
お風呂掃除用洗剤だけでは汚れが落としきれなくなることがあります。

汚れは浴槽にお湯が張ったままの時間が長いほどついてしまうため

次に入浴する人がいないのなら
なるべく早く排水をして、軽くシャワーで浴槽を流すと
汚れとなる成分も一緒に落ちるため掃除の手間が少なくなります。

デメリット④「ランニングコストが増える」

入浴剤を混ぜることのデメリットその④は「ランニングコストが増える」です。

人からもらったり、懸賞等が当たったりで
家に入浴剤が余っている場合を除くと、

入浴剤を混ぜてつかうことで
単純に倍以上の入浴剤を使うことになるので
ランニングコストが増えてしまいます。

もし混ぜて使用するとしても
毎日ではなく週に一回など回数を制限するといいでしょう。

入浴剤・バスソルト・エプソムソルトの違いまとめ

ご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもあなたの疑問の解決に役立てられたのなら幸いです。