入浴剤

手作り入浴剤におすすめの着色料まとめ!天然・合成のメリット・デメリットは?

こんにちは!管理人のクラゲです。

今回は、手作り入浴剤や無色の入浴剤に色を付ける「着色料」についてご紹介していきます。

手作り入浴剤の色付けには「食用色素」

入浴剤を作りたい!

色のない入浴剤はつまらないから色を付けたい!

とお考えなら、色付けには「食用色素(食紅)」という
口に入っても安全な着色料を使いましょう。

女性
女性
お湯に色を付けるなら絵具とかペンキとかじゃダメなの?

という疑問を持つ方(特にお子さん)もおられるでしょうが
基本的に油が含まれているものがほとんど。

お湯に溶かしてお風呂に入ろうものなら体に色がつくし
お風呂上りもさっぱりしません。

それどころか、

絵具やペンキは口にすることを前提に作られていない上
鉛やカドミウムなどの人体に有害な成分も含まれているので
少量でも口に入れないのが鉄則。

肌につくだけで肌荒れを起こす可能性だってあります。

近年では、子供の健康への配慮から口に入れても安全な絵具やペンキ等も出ていますが、総じて食紅よりも高価なので、わざわざそれを使ってお湯や入浴剤に色を付ける必要はありません。

また、入浴剤は湯船のお湯に溶かして使用するものですが
絶対に口に入らないとは言えず
また、皮膚の毛穴などを通して吸収されないとも言えません。

そのため、

  • 入浴剤を手作りする
  • 無色の入浴剤に色を付ける

ような場合は、
口に入れても安全な
食用色素(食紅)として販売されているモノを使うといいでしょう。

「天然色素」と「合成色素」の違いは?

食用色素、つまり着色料と一口に言っても
様々な色の種類がありますが
その原材料から

  • 天然色素
  • 合成色素

の2つに分類することができます。

この2つの違いはなんなのでしょうか?

入浴剤の色付けに関してどちらがいいのか見ていきましょう。

天然色素の特徴と種類

食用色素の内、食品や生物からとれる色素が天然色素」と呼ばれます。

食事をする時、

  • 日本人は目で食べる
  • 西洋人は鼻で食べる
  • 中国人は舌で食べる
  • アメリカ人は胃で食べる

と言われるくらい日本人は食品の色へのこだわりが強く
日本の天然着色料の種類は104種類と、
世界的に類をみない多さなのが特徴。

一般的に天然色素は、淡くて渋い色合い
昔から赤シソを用いた梅干しの着色や
クチナシを用いた栗きんとんへの着色、
和菓子の淡い色合いを出すために使われています。

代表的な天然色素は以下の通り。

天然色素種類原材料と抽出法
アナトー色素アナトー、カロチノイド、カロチノイド色素、カロテノイド、カロテノイド色素ベニノキ科ベニノキの種子の被覆物から、油脂又は有機溶媒で抽出するか、あるいは加水分解して得られる「黄色~赤色」の色素。
ウコン色素クルクミン、ターメリック色素ショウガ科ウコンの根茎よりエタノール、油脂または有機溶媒で抽出して得られる「黄色」の色素。主成分はクルクミンで、カレー粉の色はこの色素によるもの。
③カラメル色素カラメルI、カラメルII、カラメルIII、カラメルIVブドウ糖や砂糖などの糖類やデンプンの加水分解物、糖蜜などを加熱処理して得られます。製法の違いで4種類に分かれますが、いずれも同じような「褐色」を示します。
カロチン色素イモカロテン、ディナリエラカロテン、ニンジンカロテンなど主成分はカロテン。
サツマイモ、ディナリエラ藻、ニンジン、トマトなどから抽出される「黄色~橙色~赤褐色」の色素。
⑤クチナシ色素クチナシ青色素、クチナシ赤色素、クチナシ黄色素アカネ科クシナシの果実を水やアルコールで抽出したり、加水分解して得られるものが「クチナシ黄色素」。クチナシの果実の抽出液に酵素を加え得られるものが「クチナシ青色素」や「クチナシ赤色素」。
コチニール色素カルミン酸色素、カルミン酸、コチニールスペイン南部や中南米のサボテンに寄生するエンジムシという昆虫の乾燥体から水やアルコールで抽出して得られる「橙~赤紫色」の色素
⑦クロロフィルクロロフィルクロロフィルは別名、葉緑素と言われ、植物の「緑色」を示します。
一般的に、クロロフィル量や栽培を管理しやすいアルファルファやホウレンソウ、クロレラなどが用いて作られます。
ベニコウジ色素モナスカス色素、紅麹、モナスカスカビの一種であるベニコウジ菌の培養物を乾燥・粉砕した後、アルコールや有機溶媒で抽出して得られる「赤色」の色素。
抽出時に酸性アルコールを用いると「黄色」の色素となる。
ベニバナ色素ベニバナ赤色素(カーサマス赤色素)、ベニバナ黄色素(カーサマス黄色素)(フラボノイド色素、紅花色素)キク科ベニバナの花から水で抽出すると、サフロミン(カーサマスイエロー)というフラボノイド系の物質を主成分とする「黄色」色素が得られる。
黄色素を除去した後、弱アルカリで抽出すると、同じくフラボノイド系のカルタミンという物質を主成分とする「赤色」色素が得られる。

合成色素の特徴と種類

食用色素の内、化学的に合成して作られる人工色素を「合成色素」と呼ばれます。

合成色素の大半はタール色素と言い。
昔はコールタール(石炭の副産物)を原料としていたため
原料にちなんだ「タール」という言葉が使われています。

現在は、石炭からではなく
石油精製の際に得られる副産物(ナフサ)を原料に
芳香族炭化水素を生み出し合成色素を作っている。

現在、日本で食品に使用が認められている合成色素は12種類。

さらに、水溶性の色素を水に溶けにくくするために
アルミニウムの塩にしたもの(アルミニウムレーキ「Alレーキ」)を含めると
計20種類の合成色素が今日の日本で使用されています。
※市販されてる入浴剤には

商用に認可されているタール色素の種類は少ないですが、

  • 少量で発色がいいこと。
  • 色素同士を混ぜ合わせてさまざまな色を作ることが容易なこと。

が利点で、様々な色合いに調整されて使われています。

合成色素アルミニウムレーキ
①食用赤色2号(アマランス)食用赤色2号アルミニウムレーキ
②食用赤色3号(エリスロシン)食用赤色3号アルミニウムレーキ
③食用赤色40号(アルラレッドAC)食用赤色40号アルミニウムレーキ
④食用赤色102号(ニューコクシン)なし
⑤食用赤色104号(フロキシン)なし
⑥食用赤色105号(ローズベンガル)なし
⑦食用赤色106号(アシッドレッド)なし
⑧食用黄色4号(タートラジン)食用黄色4号アルミニウムレーキ
⑨食用黄色5号(サンセットイエローFCF)食用黄色5号アルミニウムレーキ
⑩食用緑色3号(ファストグリーンFCF)食用緑色3号アルミニウムレーキ
⑪食用青色1号(ブリリアントブルーFCF)食用青色1号アルミニウムレーキ
⑫食用青色2号(インジゴカルミン)食用青色2号アルミニウムレーキ

また、合成色素には
化粧品への使用が認められた「法定色素」というものがあります。
※法定色素という大きいグループの中に、食用合成色素が含まれている

法定色素は、類似した構造の物質の安全性上の懸念がもたれていたことから、
高い安全性があると確認された
有機合成色素(タール色素)のみ
化粧品や医薬品に配合可能として
「医薬品等に使用することができるタール色素を定める省令」により1966年(昭和41年)に定められたものです。

この法定色素は2014年で83種類が認められておりますが
配合する製品が粘膜に使用するかどうかによって
使えるタール色素が異なっています。

  • グループⅠ:すべての医薬品、医薬部外品、化粧品に使用できるもの(11種類)
  • グループⅡ:外用医薬品、外用医薬部外品、化粧品に使用できるもの(47種類)
  • グループⅢ:粘膜に使用されることがない外用医薬品、外用医薬部外品、化粧品に使用できるもの(25種類)

引用:化粧品成分オンライン

市販の入浴剤の中には、
食用色素だけでなく、この法定色素を使用している製品もあります。

例)

バスクリン ゆずの香り」に含まれている2種類の色素「黄202(1)、青1」は

  • 青1は法定色素のグループⅠで食用合成色素に含まれる
  • 黄色202(1)は法定色素のグループⅡで食用合成色素に含まれない

色素の危険性

色素(着色料)には大きく天然色素と合成色素の2種類があります。

日本で食用に認可されているものは
天然色素で104種類
合成色素で20種類(Alレーキ含む)と
欧米と比べてもその数は段違いに多い。
※米国では約20種類、EUでは約15種類

中でも合成色素は、発がん性が危険視され
禁止されたものも過去にはある(赤色1号・4号・5号等)他、
現在日本で認可されていてもアメリカやドイツでは
使用禁止されている着色料(赤色2号・3号・黄色4号等)もあるのも実情。

これは動物実験の結果、
人体に有害である(発癌性やアレルギー誘発の恐れがゼロではない)というのが
使用禁止の理由です。

しかし、

この動物実験では、対象物質を通常ありえない量を
短期間に強制的に経口摂取させて得たデータであったり、
露出させた皮膚に大量に長時間塗布して得たデータであるため
人体への有害性を語るのに有効な実験結果とは言えないという声もある。

そのため、

日本では数十年間にわたり繰り返し行われた各種安全性試験により、
いずれも高い安全性が保証された合成色素だけを食用として認可

いずれもADI(Acceptable Daily Intake):一日摂取許容量)が定められており
生涯にわたり許容量を毎日摂取し続けても影響が出ないと考えられています。

<ADI例>

食用黄色4号 ADI : 7.5 mg/kg
(比重を全て1として)1Lのジュースに推奨添加量0.002%の食用黄色4号が入っている量は0.02g=20mg
kgあたり20mg含有になりますので、体重50kgの人であれば、一日上限7.5mg×50=375mgまでOK
375mg÷20=18.75本 つまり、この1Lのジュースを毎日18.75本飲み続けても体に害は無いことになります。

また、天然色素に関しても
その文字や言葉だけを見るなら
安全性が高いのではと考えるかもしれません。

しかし、

原材料が天然素材でも
色を抽出する過程で薬品や溶剤を使用しているほか、

しっかり発色させるには大量に色素を使う必要があるため
合成色素よりも、薬品や溶剤などの不純物を摂取してしまう可能性もあります。

そのため、

合成だから危険、天然だから安全と安直に考えるのではなく
定められた用法・容量を守らなければ
人体に対して有害な影響が出る可能性は十分にあると考えておきましょう。

多くの食品メーカーも用法・容量をきちんと守っているからこそ
今もなお多くの食用色素を使った食品が供給され
問題は起きていません。

このことが、現在認可されている食用色素の安全性を裏付けしていると
考えてもいいのではないでしょうか

食用色素のメリット・デメリット

ここからは、いままで紹介しきた食用色素のメリット・デメリットについてご紹介していきます。

まず食用色素のメリットは

料理等に”彩り”を与える効果があり
食欲増進や目で見る楽しさを加えることができる。

次に食用色素のデメリットだが、

食用色素は天然・合成にかかわらず、
基本的に、使う分だけ費用が掛かることくらい
用法・容量を守っているなら大きなデメリットないと考えられます。

入浴剤の色付けに適した食用色素の選び方

食用色素にもいろいろな種類がありますが、
使う量も少なく限られているので、
1回2回使った程度で体に何かしらの影響が出るとは考えにくいです。

そのため、

入浴剤の色付けに使う着色料は「食用色素」であるなら
粉末タイプでも液体タイプでもどんな製品を使用してもいいでしょう。

ただし、

  1. 製造コストの面から天然色素の方が価格が高い
  2. 天然色素は原材料が植物などであるため消費期限が合成色素よりも短い
  3. 天然色素は「原料の香り」がついている可能性がある
  4. 食用色素は使う機会が限られるので余ってしまう可能性がある

の4点に注意の上、選ぶことをおすすめします。

入浴剤の色付けにおすすめの着色料

「入浴剤の色付けに適した食用色素の選び方」で説明した通り、
入浴剤の色付けには食用色素であればどれを使っても大丈夫だと管理人は考えています。

そのうえで管理人オススメの食用色素が以下の4つ。

  1. 「ホームメイド」の合成色素
  2. 「私の台所」の天然色素
  3. 「彩香」の天然色素
  4. 「マコーミック」の合成色素

「ホームメイド」と「私の台所」の2つの食用色素をつかって
合成色素と天然色素の発色の違いを比較した記事もあるので
参考にしてみて下さい。

入浴剤へ使う着色料の色の変化!合成色素と天然色素でこれだけ色が違う!?こんにちは!管理人のクラゲです。 お子さんの夏休みの自由研究や 個人的に使用するために 入浴剤を手作りしようと思っていませんか...

「ホームメイド」 食用色素 5色セット(黒、赤、緑、黄、青)

こちらは、一般的な合成色素(黒色が2g、あとの4色はそれぞれ5.5g)です。

ばら売りもしているので、お好みの色だけ購入し
混ぜ合わせることで色々な色を出すこともできるほか、

合成色素は少量でも十分に発色するので量も問題ないでしょう。

「私の台所」 食用色素 色粉 8色セット(黒、ピンク、黄色、茶色、紫、青、緑、赤)

 

こちらの製品は、天然素材から作られた天然色素のキット(一色当たり2g)です。
こちらも、ばら売りされているためお好きな色のみを購入することもできます。

ただ、天然色素は淡い色合いのため
色を強く出したい場合は2gでは足りない可能性もあります。

「彩香」 ナチュラルカラーパウダー 粉末食用色素 6色セット( 赤、紫、黄、橙、青、緑) 

↑こちらも天然素材から作られている天然色素です。
残念ながら、ばら売りされていない商品の様ですが
1色あたり10g入っているので十分に色が付けられます。

「マコーミック」ユウキ MC フードカラーボックス 

 

こちらはアメリカ製の食用色素のキットです。
上記3つとは異なり液体タイプの合成色素(全4色)で
少量でもアメリカのお菓子のようにきれいに染まります。

今回紹介した4つの食用色素の中で一番安いため
初めて入浴剤の色付けをする場合にオススメです。

食用色素以外で入用剤を着色する方法

ここまで手作り入浴剤に色を付ける方法として
「食用色素」をご紹介してきました。

しかし、食用色素を使うまでもなく
入浴剤に色を付ける方法もあります。

それが、
市販されている「色のついた入浴剤を混ぜる」という方法。

複数の入浴剤をストックしているという場合や
好みの色が分かっている場合などであれば

入浴剤を混ぜることで

簡単に色を付けられるほか
香りもつけることができます。

簡単な方法なので
難しく考えて量を調節する必要はありませんが注意点があります。

以下の注意点を読んだうえで
問題ないと思われたのでしたら実践されてみてください。

  1. 入浴剤を混ぜることで、各々の入浴剤の特性を損ねたり、効果効能が低下する可能性がある
  2. 余分な成分が入ることで、浴槽や追い炊き機の汚れ、肌への刺激が増す可能性がある。
  3. 手作り入浴剤の着色に使う場合、液体入浴剤は不向き。タブレットや粉末タイプであれば、混ぜてバスボムのような形をつけることが可能。

入浴剤におすすめの着色料まとめ

ご覧いただきありがとうございました。

今回の記事のポイントは以下の通り

  • 入浴剤に色付けする場合は「食用色素」を使う
  • 食用色素には天然色素と合成色素の2種類がある。
  • 天然色素は現在104種類あり、昔から梅干しや栗きんとん等の色付けに使われてきた。淡い色合いで、強く色を出したい場合は大量に使う必要がある
  • 合成色素は少量でも強く発色するが安全性を確認され認可されているものは計20種(Alレーキ含む)しかない。
  • 天然色素も合成色素も用法・容量を守って使用する場合は危険性はほぼないと考えられる。

入浴剤を手作りしたい場合や
無色の入浴剤に色を付けて楽しみたいという場合に
食用色素を使ってみてください。

RELATED POST